ホーム > イベント案内, イベント案内<トップ> > 「野鳥観察会 in 動物公園」を開催します!
イベント案内
  • お知らせ

    イベント開催日はカレンダーの日付をクリックできます。
    天候等によっては、イベントが中止となる場合もありますのでご了承ください。
    【 お問い合わせ先 】
    099-261-2326
  • イベントカレンダー

「野鳥観察会 in 動物公園」を開催します!

2019年3月10日

平川動物公園では、この度37回目となる野鳥観察会を園内で開催いたします。

日本野鳥の会鹿児島と共催で、毎年園内で自然に見られる野鳥を探して観察するイベントです。自然豊かな園内では多くの野鳥が観察でき、専門家による解説も聞くことができます。

身近にいる野鳥について知りたい方にはオススメの内容です。ぜひこの機会にご参加ください。

【実施日】

平成31年3月10日(日)

【実施時間】

午前9時00分~11時(予定)

【集合場所】

入園口・アフリカ園前

【内 容】

園内にいる野鳥の観察を行います

【対 象】

どなたでもご参加いただけます ※事前申し込み不要

【その他】

参加費は無料ですが、入園料が必要となります

天候不良時は中止となります

営巣中のアオサギを観察できるかも

.

春の動物公園まつりを開催します!!(3/9~4/7)

2019年3月9日2019年4月7日

春の動物公園まつり

平成31年3月9日(土曜日)~4月7日(日曜日)

平川動物公園内及び周辺には、約800本の桜の木があり、3月下旬から4月上旬に見ごろを迎えます。
春の麗らかな陽気を感じながら、桜の花びらの舞う中、動物たちを眺めながら散策してみてください。

 

■4月1日(月曜日)~7日(日曜日)は小学校新一年生の入園料無料!

今春、晴れて小学校に入学される新一年生が対象となります。

 

■好きな動物にエサをあげよう

⑴日時:期間中の毎週土曜日 11時~(天候不良時は中止)

⑵内容:キリンやワオキツネザルなどから好きな動物を選んでエサをあげられます。

⑶定員:各日各動物につき10名程度(先着100名)

⑷場所:対象動物の動物舎

⑸参加方法:開園時からアフリカ園前で整理券配布

好きな動物にエサをあげよう

■動物のお食事ライブ

⑴日時:期間中の毎週日曜日(時間は入園口で案内)

⑵内容:動物の食事風景を飼育員の解説付きでご覧になれます。

⑶場所:対象動物の動物舎

お食事ライブ

■野鳥観察会(日本野鳥の会鹿児島との共催)

⑴日時:3月10日(日曜日)  9時~(天候不良時は中止)

⑵内容:動物公園を訪れる野鳥たちの観察と専門家による解説

⑶対象:どなたでも

⑷場所:アフリカ園前に9時に集合

 

■ゾウのターゲットトレーニング

⑴日時:期間中の毎週月曜日 3時40分~

⑵内容:ゾウの飼育上必要なトレーニング風景を公開

⑶対象:どなたでも

⑷場所:ゾウ舎寝室 ※ゾウの体調不良時は中止

ゾウのトレーニング風景

 

■ゾウのお部屋を見てみよう

⑴日程:3月21日(木・祝)、3月23日(土)・3月30日(土)・4月6日(土)

⑵時間:14時20分~14時50分

⑶内容:ゾウ舎のバックヤードを飼育員の解説付きで観覧できます。

⑷対象:どなたでも

⑸場所:ゾウ舎寝室 ※ゾウの体調不良時は中止

ゾウのお部屋はどうなっているかな?

■ヒツジの毛刈り、重さ当てクイズ大会

⑴日時:4月6日(土曜日)・7日(日曜日) 13時30分~

⑵内容:ヒツジの毛刈りの様子をご覧いただき、毛の重さを当ててもらいます。

⑶対象:どなたでも(クイズ大会は中学生以下)

⑷場所:ふれあいコーナー

羊の毛刈り

■着ぐるみ動物のお出迎え

⑴日時:期間中の毎週日曜日と祝日(天候不良時は中止)

⑵内容:平川動物公園のキャラクター「ホワイティ」がお出迎えします。

記念撮影もできます。

⑶対象:どなたでも

⑷場所:アフリカ園前

平川動物公園キャラクター「ホワイティ」

平川動物公園キャラクター「ホワイティ」

 

.

「平川動物公園で思い出づくり」を実施します

平川動物公園では、飼育体験や記念撮影などを通して家族や友人と思い出を作っていただくことを目的とした「思い出づくり」を実施します。

【実施日】

平成31年2月11日(月・祝)

【実施時間】

午前9時~12時

午前9時~9時20分

開会式・注意事項の説明

午前9時30分~12時

2班に分かれ、各所で思い出作り

【内容】

飼育体験等を含む思い出作り

【参加者】

6組22名のご家族

(事前に応募のあった19組62名の中から抽選にて決定)

登場する…かはお楽しみ!フタユビナマケモノ

.
.