ホーム > ニュース > コアラ(ナギサ)の死亡について
おしらせ・ニュース

コアラ(ナギサ)の死亡について

平成24年12月18日(火曜日)11時半頃、コアラのメス(名前:ナギサ 年齢:14歳6ケ月)が、老衰のため死亡しました。

同月12月7日(金曜日)朝、体力がなくなり、止まり木より落下、意識がもうろうとしていたため、補液等の治療を行なったところ、意識が回復したので、その後、個室に移して、ユーカリをペースト状にした流動食を与えたり、投薬や点滴などを行って、懸命に世話をしてきましたが、残念ながら死亡してしまいました。

ナギサの死亡により、平川動物公園のコアラはオス2頭、メス6頭となります。

生前のナギサ(2008年5月撮影)

生前のナギサ(2008年5月撮影)


【死亡したコアラ】
(1)名前・性別  ナギサ(メス)
(2)生年月日   平成10年6月28日(平川動物公園生まれ)
(3)死亡時年齢  14歳6ケ月(人間の年齢では90歳代)
(4)寿 命     10~12歳

.
.