ホーム > リニューアル情報 > 11/20(木)、「世界のツルゾーン」リニューアルオープン!
リニューアル情報

11/20(木)、「世界のツルゾーン」リニューアルオープン!

11月20日(木)、いよいよ、世界のツルゾーンがリニューアルオープンいたします。なお、「世界のツルゾーン」の整備により、第5期リニューアルの整備工事が完了します。

当日は、オープニングセレモニーを実施します。

ぜひ、皆さまお越しくださいませ。

オープニングセレモニー 
日 時:平成26年11月20日(木) 9:30~10:00 
場 所:休養広場 

リニューアルオープン関係イベント

平川ワールド・ツル・ツアー 
 11月24日(月・祝) 13:30~ 
 場 所:新ツル舎(雨天時は白鳥池前レストハウス)
 内 容:飼育員がくわしく解説します。なお、解説後にはオリジナル図鑑をプレゼント(50部限定) 
みんなでつくろう!記念看板

 11月24日(月・祝)~ 
 場 所:新ツル舎
 内 容: ツルのシルエットの上にみんなでシールを貼って記念看板を完成させましょう!

リニューアル&クリスマスZOOプレゼントクイズラリー 
 11月20日(木)~12月14日(日) 
 内 容:楽しいクイズやアンケートに答えて、平川動物公園オリジナルグッズをゲットしよう! 
 ※応募用紙は、メインゲートに設置してあります。 
 

世界のツルゾーンの概要

 ツルの舞う土地、鹿児島の動物園として、ツル・コレクションに力を入れています。ここには鹿児島県の出水平野に飛来する種を中心に、広くアジア・アフリカのツルも展示します。平川動物公園では、世界のツル全15種のうち、11種を飼育しており、飼育種数は日本一。様々なツルの生態を見比べることができます。

(1) 飼育種(11種)

11種のうちマナヅル、タンチョウ、ソデグロヅルなど10種を展示。

※ホオジロカンムリヅルのみ「アフリカの草原ゾーン」で展示。

(2) 整備内容  

世界各地のツル類を比較展示できるツル舎を整備

世界のツルゾーンのイメージ

世界のツルゾーンのイメージ

 

【参考1】

■その他の第5期リニューアルの概要(整備済)

(1)白鳥池前レストハウス

① 供用開始  平成26年3月15日

② 整備内容  バリアフリーに対応したトイレや授乳室を完備した屋外休憩施設(動物公園敷地内の中央部に位置する白鳥池前)

(2)南米館

① 供用開始  平成26年4月4日

② 飼育動物  フタユビナマケモノ、ボリビアリスザル、キンカジュー、ミツオビアルマジロ、ショウジョウトキ

③ 整備内容  南アメリカ地域に生息する動物たちを展示

(3)休養広場屋外トイレ

① 供用開始  平成26年6月13日

② 整備内容  バリアフリー対応の屋外トイレ(休養広場)

(4)既施設改修工事

① サル舎の改修… サル舎寝室の冷暖房設備等の改修

② コアラ館の改修… 外壁改修、屋内展示場のガラスを全面更新

【参考2】

■ 第6期リニューアルの概要(来春オープン予定)

① 世界のサルゾーン(チンパンジー舎)

  展示場の中に大きな遊具を設置し、ガラスビューポイントを設けることで、これまでよりも間近に動物の本来の動きを見ることができる

② オーストラリアの自然ゾーン

  来園者が放飼場内に入ることができる観覧方式を採用し、カンガルーやワラビーなどオーストラリアに生息する動物たちが、目の前で動き回る様子を観察できる

.
.