ホーム > スタッフから > 日本の在来馬について~トカラ馬・御崎馬~
平川動物園ズーブログ

日本の在来馬について~トカラ馬・御崎馬~

みなさん、こんにちは!

いきなりですが、日本在来馬をご存知ですか?

今回は、当園でも飼育している鹿児島県トカラ列島のトカラ馬、そして先日宮崎県都井岬で見てきた御崎馬を紹介します。

 

日本在来馬とは、海外のウマとの交雑がほとんどされずに残ってきた日本固有のウマです。

競馬などで目にするサラブレッド種などのように大型ではなく、大きさが小型から中型なのも特徴の一つです。神経質なサラブレッドに比べると、おとなしく、穏やかな性格のものが多いです。

 

日本在来馬は北海道から沖縄にかけて全8品種います。

北海道和種(道産子)、木曽馬、御崎馬、対州馬、野間馬、トカラ馬、宮古馬、与那国馬、です。

 

トカラ馬は、当園では2頭飼育しています。

 

カケル(左)と、コタロウ(右)

カケル(左)と、コタロウ(右)

 

P7162295

 

トカラ馬は在来馬の中でも小型です。

毛の色も濃い黒っぽい色が多いです。

鹿児島県の天然記念物に指定されています。

 

トカラ馬は、トカラ馬のふるさとトカラ列島中之島や、開聞山麓自然公園、鹿児島大学農学部付属入来牧場でも飼育され、保護・繁殖を行っています。

 

中之島のトカラ馬

中之島のトカラ馬

 

開聞山麓自然公園のトカラ馬

開聞山麓自然公園のトカラ馬

 

宮崎県都井岬にいる御崎馬は、日本在来馬の中では中型に分類されます。

人の手がほとんど加わっていない環境で、放牧されています。

国の天然記念物に指定されています。

 

御崎馬の群れ

御崎馬の群れ

 

トカラ馬よりも少し明るい毛色をしています

トカラ馬よりも少し明るい毛色をしています

 

日本在来馬は、かつては農耕や運搬など、人間の生活に関わってきましたが、今では活躍の場がなくなり、数が減少しています。そのため、保護・繁殖が重要な課題になっています。

 

暑かった夏も終わり、過ごしやすい季節になってきました。

動物公園では、9月17日から秋の動物公園まつりが始まります。

その期間の毎週日曜日、14時から小学生以下の子ども先着20名、『トカラウマと一緒にハイポーズ』という、トカラウマと一緒に写真撮影のできるイベントもあります。

遊びにきてください♪

 

トカラウマ担当:角田

.

ご長寿コアラの紹介!

こんにちは!コアラ担当の永榮と菊村です。

 

気が付けばもう9月。でも、まだ暑い日が続きますので身体に気を付けてくださいね。さて、9月の祝日では敬老の日があります。日頃お世話になっているおじいちゃんおばあちゃんに感謝を伝え、ご長寿であることを祝う日です。

実はコアラ館にも大大大ご長寿なコアラさんがいるのでご紹介します。

 

じゃーん。

メスのココです。

お外は気持ちいな~

ココというメスのコアラです。ベイビーフェイスがチャーミング。

 

コアラの平均寿命はおよそ12~13歳ですが、ココは誕生日が1999年7月25日なのでなんと17歳。どれだけ長生きかよくわかります。さらに平川動物公園では31年間コアラを飼育してきましたが、その中でも一番長生きです。現在はお客様への公開はしていません。手足が不自由で木から落ちてしまうことがあるのでコアラ館の裏に作ったお部屋で過ごしてもらっています。

 

そんなココですが、

安心してください!元気ですよ!

 

前足に力が入らず、自力では餌を食べることが出来ないココにはハンドフィーディングという特別な飼育を行っています。その方法とは飼育員が口元までユーカリを運ぶというものですが、その様子がこちら。

 

首をのばしてー

首をのばしてー

 

ぱくん!

ぱくん!

 

むっしゃむっしゃ

むっしゃむっしゃ

 

うまー

うまー

 

まんぞく♪

まんぞく♪

 

毎日2時間くらい、もりもりとユーカリを食べています。

 

まだまだ長生きして平川動物公園のご長寿記録を伸ばしててくれることを願っています。

ココさん、これからもよろしくね!

.

緑から透明に

こんにちは!タイトルが何のことかといいますと、プールの水のことです。

フンボルトペンギンやコツメカワウソの展示場には大きなプールがあり、動物たちが泳いでいるところが観察できます。

 

 

ガラスビューから水中の様子を観察できます

ガラスビューから水中の様子を観察できます

 

 

ですが、夏場になると藻や微生物が活発になり、あっという間に緑色に…。

 

 

3日で残念なことに…

3日で残念なことに…

 

 

美しいプールへ戻すべく、いざ!掃除!

 

コツメカワウソの展示場には土の個所があるので、雨などでプールの中に泥が落ちてしまいます。

 

水を抜いて洗い流します

水を抜いて洗い流します

 

 

次に、消毒を兼ねて薄めた塩素をかけていきます。これで大体の藻や苔は落ちます。

 

 

効果はバツグンだ!

効果はバツグンだ!

 

 

ブラシでこすって、水圧や塩素では落としきれなかった汚れを落とします。

 

 

ガラスは特に丁寧に磨きます

ガラスは特に丁寧に磨きます

 

 

 

最後に塩素が残らないようにしっかりホースで洗い流して掃除終了!

水を使っているとはいえ、終わるころには汗だくです。

 

きれいになった展示場に水を溜めつつ、コツメカワウソたちを外へ出します。

 

 

きれいになったね!

きれいになったね!

 

 

8月も終わりですが、まだまだ暑い季節です。熱中症に気を付けながら、動物園をお楽しみください。

 

私たちを見て涼んでね~

私たちを見て涼んでね~

 

 

売店の前を通るたびにかき氷に目を奪われているコツメカワウソ担当:海道

.

鹿児島フィールドレポート ~ボマのふるさと!徳之島の生き物たち~

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、8月に徳之島で行われた環境省徳之島自然保護官事務所主催の出張セミナーについてと、出会うことができた徳之島の生き物について紹介したいと思います。

 

鹿児島市から南へ約400㎞。亜熱帯の島「徳之島」は自然豊かで国の特別天然記念物アマミノクロウサギが生息する島としても知られています。当園で今年の2月より保護収容しているアマミノクロウサギのメス「ボマ」は、この徳之島出身です。島の大切な宝である「ボマ」の近況報告と、夏休みということもあり、少しでも動物園の役割について知っていただくための講演を行ってきました。ボマについては、交通事故の影響で上下の顎がずれてしまい、定期的な歯のトリミングが必要なことや、それでも順調に成長し現在1970g程まで体重も増えていること(保護当時は約800g)を紹介しました。詳しくはこちら→ http://hirakawazoo.jp/zooblog/staff/6066

 

先日の体重測定で2000gを超えました。まずまずな感じです~

先日の体重測定で2000gを超えました。まずまずな感じです~

 

 

併せて行われた環境省徳之島自然保護官事務所からの講演では、世界自然遺産登録に向けた動きや問題点、そしてごく当たり前のように接している島の自然が、素晴らしく価値のあるものということが紹介されました。最近ではクロウサギやその他の希少種を取り巻く環境が、少しずつですが改善されており生息数の増加が期待されています。それでもノネコによる捕殺や交通事故などまだまだ安心して暮らせる環境とは言えないのが現状です。まだまだいろいろな取り組みが必要なのかもしれません。

 

講演会後には、環境省の方と一緒に林道での調査に行ってきました。希少な生き物も見れました! が… ノネコもいました。これが現状なのだと改めて感じることができました。ネコ=悪者ではなく、ネコをこのように野生化させた我々が悪者かもしれません。歴史は後戻りできません。最善最良の策を模索しながら徳之島の人たちは前に進んでいると感じました。

昼間はいたるところでリュウキュウアカショウビンの鳴き声を聞くことができます。観察は夜の方がオススメ。じっとして休んでいます。

昼間はいたるところでリュウキュウアカショウビンの鳴き声を聞くことができます。観察は夜の方がオススメ。じっとして休んでいます。

 

奄美群島でのみ繁殖が確認されているアマミヤマシギ

奄美群島でのみ繁殖が確認されているアマミヤマシギ

 

森の妖精!?リュウキュウコノハズク 巣立ち直後の3羽が並んでいました。当園でも飼育展示しています。

森の妖精!?リュウキュウコノハズク 巣立ち直後の3羽が並んでいました。当園でも飼育展示しています。

 

徳之島のみに生息するオビトカゲモドキ。まるで恐竜です!

徳之島のみに生息するオビトカゲモドキ。まるで恐竜です!

 

ハブではなく、こちらはアカマタ。美しい模様が特徴です。

ハブではなく、こちらはアカマタ。美しい模様が特徴です。

 

鹿児島にある動物園として、奄美群島の環境や生き物について少しでも多くの方に知っていただき、興味を持っていただけるよう情報発信していくのも我々の使命だと感じました。南の島=沖縄!!もいいですが、南の島=奄美群島も神秘的で素晴らしい自然がお待ちしております。ぜひ一度は訪れてみてください。

 

島を訪れた際には、くれぐれも安全運転で!

島を訪れた際には、くれぐれも安全運転で!

.

夏の夜は楽しまナイト!

みなさん、こんばんは!教育普及係の落合祐子です。夏休みも後半、今回は只今開催中の「2016Night Zoo 夜の平川動物公園~夏の夜は楽しまナイト!~」をご紹介します。 夜の動物園では、

①昼と夜の動物たちの動きの違い

②動物たちの夜の過ごし方

などを知ることができます。夕方5時を過ぎると少しずつ暑さがやわらいできて、夏は暑いから動物園はちょっと…という方にもおススメです!

 

17:30 さっそくアフリカ園で「キリンの夜のお食事ライブ」がスタート!

キリンの長い舌をご覧あれ!

キリンの長い舌をご覧あれ!

 

18:00 夜行性の動物といえばフクロウとコウモリ!かごしまのどうぶつゾーンでは「フクロウ&コウモリトーク」で彼らのヒミツを飼育員から聞いちゃおう!(土曜日のみ)

 

薄暗くなってきました!懐中電灯をお持ちの方は、「赤いセロハン」の装着をお忘れなく!!ここで動物園からのお願いです。動物たちの「夜の過ごし方」を楽しむためにも、動物をビックリさせないよう、懐中電灯を動物に当てたり、カメラのフラッシュ撮影はご遠慮くださいね!(スマートホンのフラッシュを切るのもお忘れなく…)

 

19:00 「ナマケモノの気まぐれお食事ライブ」 南米館の動物たちのお食事ライブをリレー形式で見ることができます!

寝起きのあくび??

寝起きのあくび??

まだまだたくさん!!イベントタイムスケジュールはこちら

 

しばし動物たちの夜の過ごし方をじっくり観察。

動きまわったり…

穴を掘ったり追いかけあったり、とにかく動きが面白い!マタコミツオビアルマジロ

穴を掘ったり追いかけあったり、とにかく動きが面白い!マタコミツオビアルマジロ

 

眠る姿を見ることができます。

早々と寝るメスのミュウ(右)と、「おい、母さん!」と言わんばかりのオスのコウスケ

早々と寝るメスのミュウ(右)と、「おい、母さん!」と言わんばかりのオスのコウスケ

 

頭を体にうずめて、見事な寝姿!インドクジャク

頭を体にうずめて、見事な寝姿!インドクジャク

 

20:15 どうぶつ学習館では今年度からスタートした「飼育員や獣医師による『夜のお話』」。みなさんに動物のことを直接伝えたい!!というスタッフの思いから始めました。普段担当している動物のことや得意分野の話など、テーマは様々でその数なんと24個!(既に終了したお話もあります)一晩三本立ての夜替わり?トークイベント、スタッフに色々質問してくださいね。

キャベツや野草をたくさん持って登場したこちらのスタッフ。夜行性のモルモットのお話でした。

キャベツや野草をたくさん持って登場したスタッフ。   夜行性のモルモットのお話でした。

「夜のお話」スケジュールはこちら

 

20:45 大変!あと15分で閉園だ!!でもご心配なく。遊園地や売店は21時まで営業しています。急いで遊園地でチケットを買い、観覧車へGO!一晩歩き回ったので、ここで一息つきましょう。(チケットの販売は20時50分まで。事前購入がおススメです)

観覧車で一息。あー楽しかった。

観覧車で一息。あー楽しかった。

 

20:55 さて、帰路につきますか。帰り道のお供には、キンキンに冷えたラムネがおススメです!ご来園ありがとうございました。

 

夜の平川動物公園は8月中の土日、午後9時まで開園しています(最終入園は午後8時)。今年の夏の夜は、平川動物公園で楽しまナイトね!! ご紹介しきれなかった「楽しまナイト!ポイント」は、こちらのマップでチェックしてくださいね。

.
.