ホーム > スタッフから > 鹿児島フィールドレポート ~錦江湾の奇跡! カツオドリの乱舞に酔いしれる!!~
平川動物園ズーブログ

鹿児島フィールドレポート ~錦江湾の奇跡! カツオドリの乱舞に酔いしれる!!~

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、秋から冬にかけて、動物公園からほど近い谷山港で見ることができるカツオドリを紹介したいと思います。

 

大きな翼で飛翔する姿は、本当にかっこいい!!

 

 

動物公園から坂を下ること車で約5分、目の前に桜島を望む谷山港があります。ここでは秋から冬にかけて、カツオドリという海鳥を観察することができます。この時期は、錦江湾で比較的よく観察することができますが、とりわけ谷山港周辺では至近距離で乱舞する奇跡の光景を見ることができます。

 

こんな感じの港で観察できます。数メートル先で観察できるのは奇跡の光景です!

 

秋から冬に飛来数の調査を実施していますが、多い時では100羽近く集まっています。図鑑では外洋性の鳥と紹介されていますが、錦江湾での様子を観察しているとカモメなどと同じ「漁港の鳥」という錯覚を感じてしまいます。

 

ごくまれに、水面に浮いていることもあります

 

主な生息地は伊豆諸島や小笠原諸島、草垣諸島などの周辺海域で、魚を主食にしています。名前の由来は、カツオなどの回遊魚が小魚を追っている際に、付近に集まっていることから、漁師にカツオのいる場所を告げる鳥としてこの名前がついたといわれています。

 

谷山港ではカタボシイワシという魚を食べるために集まってきているようで、日が昇ると集まりはじめ、日没直前までひたすら海に飛び込み捕食を繰り返しています。上空30m以上ある場所から水中の獲物めがけて飛び込み、捕える能力は本当に素晴らしいです。休みの日は必ず訪れ、羽数や行動を観察していましたが、3月に入ると2~3羽しか見ることができませんでした。

 

獲物にめがけて急降下!

 

どぼんと飛び込みました。痛くないのでしょうか?

 

見事、お魚ゲット!

 

飲み込むのが結構たいへん

 

無事に飲み込めて、次の魚を探しに行きます!

 

 

その理由はなんでしょうか?

 

ずばり繁殖のためです。鹿児島県薩摩半島の南に草垣群島や宇治群島といった小さな島々があり、春にカツオドリは営巣のため移動していると思われます。冬にエサが豊富な錦江湾で過ごし、春からは人気のない安全な孤島での子育て生活がはじまります。しばらくはカツオドリとは錦江湾奥では会うことができなくなりますが、また秋に出会いたいと思います。

と書きましたが、実は全く出会えないというわけではなく、夏でも数羽が飛んでいることがあります。

 

水面から飛び立つときは、助走をしてから!

 

 

平川動物公園へお越しの際には、桜島と錦江湾を眺め、そこで暮らす海鳥も探してみてはいかがでしょうか?きっと西郷どんも酔いしれていた光景が広がっていますよ!!

.

ミーアキャットの赤ちゃんすくすく成長中!

みなさんこんにちは!春休みも終わり新生活が始まった方も多いかと思います。季節の変わり目ですので体調管理には十分に注意してください。

今回は313日のブログで紹介しましたミーアキャットの赤ちゃんの続報です。現在も元気にすくすくと成長しています。

以前は1日に5回あげていたミルクは今では12回になりました。その代わりに最近では食べ物を食べるようになってきました。現在はふやかしたドッグフードや半固形状の犬猫用フードをあげたりしています。

一生懸命食べています!

 

振る舞いもすっかりミーアキャットらしくなってきており、食べるときには前脚で食べ物を引っかきながら食べる様子が見られます。これは食べ物である昆虫などの獲物を捕まえるときに相手を弱らせるために行う仕草です。

また、以前は周りを気にせずウロウロと動き回るだけだったのですが、最近は明らかに周りをキョロキョロと警戒する様子も見られるようになってきました。前脚を持ち上げて後脚だけで立つミーアキャットおなじみの仕草も見られるようになってきました。ミーアキャットは天敵である猛禽類などに襲われないように周囲を警戒したり、立ち上がって周りを見渡す習性があります。大きくなるにつれてミーアキャット特有の行動が見られるようになってきています。

体重も140gを超え、生まれた時の4倍以上の大きさになりました。今後は元いた群れに戻れるように、徐々に他のミーアキャットとお見合いや同居の練習を行いながら成長を見守っていく予定です。

そんなミーアキャットの赤ちゃんですが、415日(日)までは毎日ミルクタイム(最近はミルクの代わりに固形物を食べるので、モグモグタイムになっていますが・・・)を行っています。(1400~動物学習館にて。)

それからは群れ入り準備のためにしばらく来園者の方は見る事が出来なくなりますので、ぜひこの機会にミーアキャットの赤ちゃんに会いに来てください。皆様のご来園をお待ちしております!

以前はまだこんなに小さかったですが・・・(3月14日/生後15日)

 

すっかりミーアキャットらしくなってきました!(4月1日/生後33日)

ミーアキャット担当:松元

 

.

春になりました!

みなさん、こんにちは!

園内の桜もきれいに咲き、お花見日和です♪

 

休養広場でご飯も気持ちよさそうです!

 

タッチングコーナーではこの春、モルモットの赤ちゃんが誕生しました!

 

出産前のお母さんモルモット。お腹がパンパンです!

 

出産中!生まれてきた赤ちゃんを必死に舐めています。

 

出産後。よくがんばりました!

 

小さな体から、4頭も生まれました!

 

みんな必死にミルクを飲んでいます。

 

生後1週間もしないで、お母さんと同じエサを食べ始めます。

 

我先に!と必死です。

 

モルモットの赤ちゃんは、4月に入ったらタッチングコーナーにデビューの予定です!

ふれあいに慣れるまで、暖かく見守ってください♪

 

平川動物公園では、春の動物公園まつりを開催中です!

過ごしやすい気候になってきたこの季節に、ぜひ遊びに来てください♪

 

タッチングコーナー担当:角田

 

 

 

.

春がきた!

こんにちは!
気温が高くなり、上着の厚さをどうすべきか悩むような日が続いています。

平川動物公園では、4月8日までの間、春の動物公園まつりを行っています。
サクラも開花し、いよいよ春がきた!という感じです。

 

3月22日の休養広場

ちなみに私は、担当のインドクジャクが盛んに上尾筒という飾り羽を広げ、鳴いている姿を見ると、「ああ、春だなぁ」と思います。
クジャクの繁殖期のピークは5月頃なので、まだまだ美しい姿を見るチャンスはありますよ!
クジャクの展示場のイヌビワも、冬に落葉してしまいましたが新芽がでてきました!

 

今年も広げますよ~!

新芽!
今後クジャクに食べられる

 

リスの森では、冬眠から覚めたツチガエルの鳴き声が聞こえてきています。甲羅干しのカメもいます。

寝ぼけて通路に出てきたアカガエル

久しぶり!と声をかけてしまいます

 

少し前までは寂しい風景だったカンガルーの放飼場も芝が芽生えて緑の風景になってきました。

皆さんもぜひ、動物園で春を感じる瞬間を探してみてくださいね!

 

この芝も今後食べられる

 

 

花より団子のインドクジャク担当:海道

.

ちょっと拝見  インドゾウのお部屋に潜入!!

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、インドゾウのお部屋(寝室)について紹介したいと思います。

当園では2頭のインドゾウを飼育しています。やんちゃなおじさんのラウナ、美人でのんびり屋のアンリーが暮らしています。ともに推定41歳で、32年前に平川動物公園に来園しました。日中は、展示場でのんびりエサを食べたり、砂浴びをしたりと、思い思いに過ごしています。夜中はどうかというと、基本的には16時頃にはお部屋に収容し、翌日の9時頃に放飼(展示場へ移動)しています。

 

ラウナ(右)とアンリー(左)二頭の仲は、距離感がある熟年夫婦といった感じでしょうか…

 

 

 

3600㎏の巨体が過ごすお部屋はどうなっているのか?少し紹介したいと思います。まず目につくのは太い柱。勢いよくぶつかってもビクともしないようにできています。よーく見ると柱の間隔が違っています。これは、人が通れる幅と、ゾウの鼻が出てこない幅で設計しており、ゾウの機嫌や作業内容によって、安全にゾウと柵越しに接するために2種類の幅を設定しています。

 

支柱の幅が左右で異なります

 

支柱の幅が狭いと、鼻が全て出てこないので、安全に接することができます!

 

 

毎朝、柵越しで健康チェックを行っているのですが、脚の確認は特に気を遣っています。巨体を支える脚に異常があれば、将来的に立つことができなくなる可能性もあり、生死に関わってくる重大な影響を及ぼすこともあります。そこで脚の確認をしやすいように脚用の台がついています。飼育員の指示で脚を台にのせます。

 

朝の日課のトレーニング。脚以外にも、体全体をチェックしていきます

 

 

毎日100リットル以上も水を飲むため、まるでお風呂のような水入れがあり、治療の際に使用する係留ポイント(チェーンで動きを制限する際に使用しますが、まだ使ったことはありません…)など、何もかも大きいものが室内には設置されています。

 

チェーンをつなぐ係留環。使ったことはないですが、つなぐ練習はしています。

 

そして万が一に立てなくなった時に使用するチェーンブロック(巻き上げる機械)が、天井に設置されています。

 

天井のレールには、ゾウも持ち上げることができるフックがついています

 

 

部屋と外を隔てるのは、馬栓棒と呼ばれる横棒が一本入っているだけです。ゾウがまたげず、くぐれない絶妙な高さで設置されています。この棒を上げ下げして、ゾウの出し入れをしています。部屋の外には、予備放飼場があり、ここを通過して展示場へ向かいます。

 

これが馬栓棒。手動で開閉させるのですが、結構重たいです…

 

寝室と展示場の間にある予備放飼場

 

文面でだけでは、大きさやイメージがつきにくいと思います。そこで特別に平成30年3月21日(水祝)、24日(土)、31日(土)の14時20分~14時50分まで、ゾウのお部屋を限定公開いたします。飼育員の解説付きで、いつもより間近でゾウを見ることもできます。ぜひ遊びに来てくださいね!

.
.