ホーム > スタッフから > 鹿児島フィールドレポート ~今シーズンも産卵確認!鹿児島県北部のカスミサンショウウオ~
平川動物園ズーブログ

鹿児島フィールドレポート ~今シーズンも産卵確認!鹿児島県北部のカスミサンショウウオ~

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、国内の生息地では南限である鹿児島県北部に生息するカスミサンショウウオの産卵確認について紹介したいと思います。

 

卵のそばに隠れていたカスミサンショウウオ

 

以前も紹介しました鹿児島県のカスミサンショウウオですが、人里に最も近くにくらす小型サンショウウオです。鹿児島県以外の生息地がある他県では、希少種ではありますが生息適地が保全されていれば見つけることができる種です。しかしながら生息地の南限である鹿児島県では、県北部に数カ所しか生息場所が確認されておらず、鹿児島県指定の平成26年に天然記念物に指定されています。(今は捕獲も触れることも当然禁止です)

過去の情報は下記を参考↓

http://hirakawazoo.jp/zooblog/staff/4987

 

http://hirakawazoo.jp/zooblog/staff/7039

 

繁殖期以外は湿地近くの里山の林床に隠れており、見つけるのはかなり困難で、カスミサンショウウオがいるかいないかは、卵の有無で判断するのが一番容易です。卵といってもゼリー状の塊で、バナナのような形をしているのでカエルの卵と比べても、一目瞭然です。今シーズンはいつも確認している水辺付近を中心に、産みそうな場所を探してみました。

特徴的なカスミサンショウウオの卵塊

 

こちらはヤマアカガエルの卵塊 タピオカのような感じです!

 

綺麗な水がたまる小川や湿地の大きな水たまり、イノシシが掘った穴などいろいろ探してみましたが、卵塊はありません。サンショウウオの気持ちになって地面に寝ころび、泥まみれになりながら目を凝らしましたが、毎年産んでいる場所以外には確認できませんでした。私的には(人間的には!)ここなら産めそうだという場所に産んでいないのは、なぜなのか?生まれた幼生が上陸しにくいのか、外敵がいるからなのか?サンショウウオに聞いてみたくなります。

 

新たな産卵場所が見つからず、移動しようとぬかるんだ田んぼをダメ元で見てみると、なんと卵塊が3つもあるではないですか!!森からはすこし離れていますが、産卵し卵も順調に発生していました。

 

いままで見たことがない田んぼの中で産んでいました!!

 

今年は暖冬のせいか、1月にしては産卵数が多い気がしています。誰にも知られずひっそりと暮らしているカスミサンショウウオですが、命の営みを着実にこなしていました。春までは産卵が見られると思うので、定期的に調査にでかけたいと思います。もし鹿児島県内でバナナの形をしたゼリー状の卵塊を見かけた方がおられましたら、動物公園までご一報いただければ幸いです。鹿児島県の希少なカスミサンショウウオを守っていきたいと思います。

.

鹿児島フィールドレポート  猪突猛進!?意外と慎重なイノシシの姿

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、2019年の干支「イノシシ」を紹介したいと思います。それも平川動物公園の敷地に現れる野生のイノシシについてです。

 

日本のイノシシは、本州や四国、九州に生息するニホンイノシシと、奄美大島以南の南西諸島に生息するリュウキュウイノシシの2種類がいます。鹿児島県本土にはニホンイノシシが生息しています。イノシシは基本的に夜行性で、昼間に活動していることはあまりなく、森や林で休んでいることが多いです。薄暗くなる夕方から活動を開始し、山間部の道路で走行中に見かけた方も多いのではないでしょうか?なかなか見る機会が少ないイノシシですが、痕跡は意外と簡単に見つかります。畑や道沿いの露出した地面が、掘り起こされた痕を見たことはないでしょうか?じつはこれはイノシシが掘った痕で、エサを探すために鼻先で器用に掘り起こしているのです。ただし小さな痕跡はアナグマの場合があります。

 

わかりにくいですが、管理事務所の裏山やユーカリ畑には、イノシシが掘り起こした窪みがあります…

 

自然豊かな環境に立地する平川動物公園では、園路以外の敷地でイノシシが掘り起こした痕跡を見ることができます。そんな彼らの夜の姿が見たくて、センサーカメラを設置し記録することにしました。

 

まずは落とし穴?のような窪みをつくっていたユーカリ畑にカメラをセットしました。翌日早速カメラを回収しデータを確認すると、ばっちり写っていました。しかも複数頭います。ユーカリの葉っぱは食べていないようですが、根を掘り起こしてかじっているようです。うーん困りますね~

 

夕方の薄暗い時間に早速登場!1頭だけかなと思いきや…

 

 

家族でしょうか?3頭以上いるようでした。ユーカリの根や土の中にいる生き物を食べているのでしょう

 

次は隣にある杉林に設置してみました。数日間カメラを設置したままにしましたが、ほぼ連日撮影されていました。猪突猛進のイメージがあるイノシシですが、意外とカメラの存在を少しは気にしているようで、ストロボの光に反応してカメラに接近することはないようでした。野生動物なのでやっぱり慎重ですね。

 

実はイノシシ以外にも、アナグマやタヌキ、テンなどが撮影されていました。今でも継続して園内に生息する野生動物の調査を行っていますが、警戒心が強い野生動物を撮影するには無人のセンサーカメラが威力を発揮してくれます。

 

タヌキがひょっこりはん!
数年前まではあまり見かけなったタヌキが居ついているようです!

 

こちらはテン
イタチの仲間です

 

テンが狙っているのは、このアカネズミかな?夜行性なので夜に巣穴から出てきて活動をします

 

また農家さんが困っている獣害も、動物園でも他人事ではなく、前述したユーカリ畑での被害が出ています。一部の畑では電気柵を利用し、イノシシが近づけないように工夫しています。生きるために仕方なくエサを探す彼らとなんとか共存しようと、考えさせられます。

鹿児島県ではイノシシ以外にも、サルやシカでこのような被害と対策がとられています。特に顕著なのが、人が住まなくなった場所や管理がされず放置された田畑がある場所で、彼らの生息場所が人の生活域に近づいてきていることも原因の一つといわれています。獣害問題の裏には人口減少や農業離れなど深刻な問題が関わっているのです。動物公園でも生き物を通じてこのような情報も発信していければと思います。

.

偶然の出会い

みなさんこんにちは!
今年も残りあとわずかになりましたね。
寒さも厳しくなってきました。

個人的な休日の報告ですが、そんな寒い中、平川動物公園の飼育員仲間とともに指宿にある開聞岳へ登ってきました。

 

雄大な姿

 

平日だったからか、朝早めだったからか、寒いからか、静かで鳥の声が良く聞こえました。
途中の展望台では一面が見下ろせ、良い景色でした。遠くでトビとカラスらしき鳥が争っているのが見えました。

 

良い天気!美しい!

登頂!

 

無事登頂して、さて後は温泉でも…と考えていたところ、山道脇の茂みからガサガサと…。

 

アナグマああああ!

 

突如現れた野生動物に大興奮の飼育職員。

 

アイドルの撮影会のよう 全員スマホしかもっていなかったことが悔やまれる…

 

こちらを時々気にしながらも、のんびりと散策しながら山奥へ消えていきました…。

偶然の出会いでしたが、これだから自然探索はやめられません。

 

 

最後に。

平川動物公園の開園は年内12月28日まで、新年は1月2日からです。

残り僅かな今年も、新しい1年も、平川動物公園をよろしくお願い致します。

キュートなおしりで締めくくり

 

 

毎回ながら筋肉痛で苦しむことを忘れていたい平川動物公園飼育員:海道

.

意外に身近なクロツラヘラサギ

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、越冬のため鹿児島湾にやってくるクロツラヘラサギについて紹介したいと思います。

口にしゃもじがついているように見えますよ~

 

すこし前までは、鹿児島でクロツラヘラサギといえば、南さつま市の干潟が越冬地として知られていました。最近では鹿児島湾(錦江湾)の奥にある干潟や調整池で越冬している個体が多くなり、30羽以上確認されています。人口が多い地域ですが、豊かな自然環境が彼らの冬の生活を支えているようです。

休息中のクロツラヘラサギ・わたあめのように見えます(^^♪

 

 

越冬地である姶良市や霧島市の海沿いでは、散歩やウォーキングを楽しんでいる方のそばで、休息や採食しており、人をあまり気にしていないのが非常に興味深いです。

 

しゃもじのような口ばしを器用に使ってエサをとります!

 

このクロツラヘラサギは、世界中で約3000羽しか生息していない超希少種で、毎年日本各地に越冬のため朝鮮半島や中国から飛来してきます。

 

鹿児島の環境が気に入ったのか、越冬数は徐々に増加傾向のようですが、彼らの生息数を考えると、もっと安心して過ごせる環境を整備してあげたい気もします。渡り鳥の保護は、繁殖地と越冬地の両方を守らないと意味がありません。以前は「知る人ぞ知る」の鳥でしたが、鹿児島では意外と簡単に観察できます。ぜひ実際に見ていただいて、へら状のくちばしやガングロな顔つきを観察していただきたいです。(そーっとお願いしますね)

 

飛んでいる姿は特に美しいです

 

生き物の保護は、まずは知ることが大事です。興味を持っていただき、過ごしやすい環境づくりに思いをはせていただければと思います。

 

おまけに他にもいろいろな水鳥が飛来してきていました。

 

あしながなセイタカシギもいました。冬の水辺はとても賑やかです。

 

こちらはガングロではない「ヘラサギ」です。種類が違います。同じ場所にいることがあります。

.

大きなゾウへジャンボスイカをプレゼント!!

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。八月も過ぎ、秋の気配を感じる今日この頃。もっと夏を満喫すればよかった…と思っている方も多いのではないでしょうか?ゾウ飼育員の私も、「ゾウにスイカ割りをさせてあげたかったな~」となんとなく思っていました。数日後、私の願いが届いたのか、農家さんからジャンボスイカを寄贈していただきました。

 

帽子と比べると大きさがよくわかります!

 

このスイカ、ジャンボというだけあって巨大!重さは30㎏近くもあり、一人で持ち上げるのは困難なほどでした。早速展示場へ運び込み、ゾウたちにスイカ割りを楽しんでもらいました。

 

早速近づいてきたアンリー

 

間髪入れずにスイカ割り!!踏まれたくない(*_*)

 

 

オスのラウナは豪快に食べ始めました~

 

スイカが大好物なゾウは、早速近づいてきて間髪入れず前脚で踏みつけ、鼻で器用に食べだしました。巨大なスイカもあっという間になくなってしまいました。ジャンボスイカの気になるお味ですが、意外と美味しかったです。ラウナもアンリーもご満悦な様子でした。次はジャンボカボチャをプレゼントしてあげたいと思います!

.
.