ホーム > スタッフから > 開運招福!
平川動物園ズーブログ

開運招福!

あけましておめでとうございます!

本年も鹿児島市平川動物公園をよろしくお願い致します。

 

平川動物公園は12日から開園しているのですが、開園早々、こちらのお方が張り切っております。

 

 

シロクジャクです!

シロクジャクです!

 

 

どうでしょうか、この「今年の主役(干支)はこの俺だ!」と言わんばかりの目立ちぶり。

  

隣のインドクジャクの羽は開く気配がありません。

 

日向でまったり中

日向でまったり中

 

 

これは圧倒的な白組(?)の優勢!

 

 

皆の注目を独り占め!

皆の注目を独り占め!

 

 

 

…と、煽ってみましたが、そもそもインドクジャク(シロクジャク)が羽を広げるのは、求愛行動の一環といわれています。

クジャクの繁殖期は春から夏にかけてなので、冬の時期に開くことはあまりありません。

ですから、常に羽を開いているクジャクが見られるわけではありません。

 

このシロクジャクのオスも、暖かい日の気が向いたときにしか開いてくれません。

開いたところが見られるかはお客様の運しだいです!

来園ついでの運試しに、ぜひクジャク舎にお立ち寄りください。

 

 

羽と一緒に運も開いてくれるかも?

羽と一緒に運も開いてくれるかも?

 

 

 

新年早々クジャク舎の掃除中にウンがついたクジャク担当:海道

.

今年は酉年!鹿児島の美しいニワトリ

みなさんこんにちは!そしてあけましておめでとうございます。平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、酉年にちなんでニワトリのお話。鹿児島県は鶏肉の生産羽数が全国2位(平成26年)、そしてみなさんよく食べます。いわゆる食用や採卵のためのニワトリは、肉がおいしくたくさんとれるように、大きな卵をたくさん産むようにと人の手によって品種改良が進められました。

ニワトリの原種は東南アジアや中国南部に生息するセキショクヤケイ(赤色野鶏)という、野生のニワトリです。形も鳴き声もそっくりですが、ある程度飛ぶこともできるワイルドな?ニワトリです!紀元前2000年頃からインドでは家禽として飼育され、幾度となく改良されて人類の繁栄に貢献してくれました。

 

動物公園のフライングケージで飼育されているセキショクヤケイ。「なーんだニワトリだ」と思わずじっくり観察してみてください

動物公園のフライングケージで飼育されているセキショクヤケイ。「なーんだニワトリだ」と思わずじっくり観察してみてください

 

こちらはスリランカで出会ったセイロンヤケイ。スリランカの国鳥に指定されています。美しいです!!

こちらはスリランカで出会ったセイロンヤケイ。スリランカの国鳥に指定されています。美しいです!!

 

 

食べるために飼育しているニワトリ以外にも、見て楽しむためのニワトリが鹿児島にはいます。それが薩摩鶏です。天然記念物にも指定されている薩摩鶏は、江戸時代に闘いをさせる闘鶏として作られました。オスの蹴爪(けづめ)にカミソリをつけて、勝敗を競ったといわれ、当時の殿様にも大変人気があったそうです。今では美しい羽根とたたずまいを鑑賞するために愛好家の方が飼育されています。しかしながら飼育される方の高齢化や鳴き声が大きいため都市部での飼育が困難であることから、飼育羽数は必ずしも多いわけではありません。

 

威風堂々の佇まい。オスの薩摩鶏

威風堂々のたたずまい。オスの薩摩鶏。闘いの際に出血しにくいようにトサカが小さくなっています。。

 

品評会では体重測定も審査の項目です

品評会では体重測定も審査の項目です

 

肉付きや羽根の色もしっかり確認されます

肉付きや羽根の色もしっかり確認されます

 

オスだけと思いきや、メスも一緒に審査されます。血統を残すために大事なことなのでしょう。

オス(左)だけと思いきや、メス(右)も一緒に審査されます。血統を残すために大事なことなのでしょう。

 

 

年に数回、保存会の方による品評会が開催されており、美しい姿を見ることができます。鹿児島に来られた際には、おいしいニワトリはもちろんのこと、美しいニワトリにも興味を持っていただければと思います。

.

メリークリスマス!

鹿児島は12月中旬を過ぎても20度を超える日があり、着る服に悩む毎日です。

日中は暖かいですが、夕方は寒くなるため、動物園に遊びにくるときは暖かい服もご用意されることをオススメします♪

 

さて!

12月25日はクリスマスでしたね!

11月26日から12月25日まで、どうぶつ学習館でこんなイベントを行っていました!

 

どうぶつ学習館を入って右側に、こんなコーナーが!

どうぶつ学習館を入って右側に、こんなコーナーが!

 

『松ぼっくり&ヒツジの毛を使ったクリスマスツリー作り』

松ぼっくりをクリスマスツリーに見立て、羊毛や木の実などを装飾し、オリジナルのクリスマスツリーを作ることができました。

 

こんな感じ!

こんな感じ!

 

装飾の羊毛がヒツジの形に!

装飾の羊毛がヒツジの形に!

 

また、園内に飾られているクリスマスツリーをよく見てみると…

 

どうぶつ学習館の中にあるクリスマスツリー

どうぶつ学習館の中にあるクリスマスツリー   影原保育園の園児さんたちがかざりつけしてくれました

 

 

ツリーに巻いてある白いふわふわした飾り。

これもヒツジの毛です!

 

コアラ館の中にあるクリスマスツリー

コアラ館の中にあるクリスマスツリー

 

こちらのツリーも、よく見てみると…

 

コアラ!

コアラ!

 

松ぼっくりとヒツジの毛で作られたコアラが!

今年はいろんなところにヒツジの毛で作られた飾りが飾ってありました♪

 

クリスマスも終わると、お正月ムードになってきます。

12月27日(火)、28日(水)に、サルからトリへ、干支の交代式があります。

(12月29日から1月1日は休園日となりますのでご注意ください)

年が明けると、1月2日(月)から5日(木)まで、お正月まつりが始まります。

イベントも盛りだくさん!皆さん遊びに来てください♪

 

柵から顔を出して、さわって~!なタイヨウくん

柵から顔を出して、さわって~!なタイヨウくん

 

ヒツジ担当:角田

 

.

ちびウソ、展示場に出る

こんにちは!朝晩がすっかり寒くなりましたね。日中、ぽかぽかと暖かい日にはコツメカワウソ一家はプールで泳いだり、日向ぼっこしたり、思い思いに過ごして気持ちよさそうです。

 

おや?

おや?

 

おやおや?

おやおや?

 

 

ちょろちょろとくっついているのがいます。2頭のコツメカワウソの赤ちゃんです!

92日に生まれました!

 

生まれたときはこんなでした!

生まれたときはこんなでした!

 

体重が約500gとなったので、12月から展示場デビューしました。

 

ドキドキわくわく

ドキドキわくわく

 

 

名前はオスの仔が「リュック」、メスの仔が「トート」です。

バッグの中にいれば癒されるかわいさですよ~。

 

遊んで~!

遊んで~!

 

もっとも本当に入れたら、やんちゃ盛りなのでバッグも手もボロボロになることでしょう。すでにしっかりとした歯が生え、魚をがっついて食べています。小さくてもちゃんとカワウソです。

 

魚、うまうま、骨までペロリ

魚、うまうま、骨までペロリ

 

 

2頭は午前中~午後130分頃まで展示しています。以降は大人のみの展示となります。

その日の天候や体調によって展示終了時間が前後し、場合によっては仔のみ非展示の事もありますのでご了承ください。

 

 

早く来ないと大きくなっちゃうよ!

早く来ないと大きくなっちゃうよ!

 

 

 

ちびウソたちの歯の威力を既に身をもって知っているコツメカワウソ担当:海道

.

私たちの寒さ対策

みなさんこんにちは!12月に入り、寒い季節がやってきました!

動物園では、動物たちの寒さ対策を紹介するパネルが園内に張り出されています。寒い冬が得意な動物たちもいますが、苦手な動物たちがどのように過ごしているのか、パネルを探しながら、動物を観察してみてください♪

 

さて!

皆さんの寒さ対策は、何をしていますか?

セーターを着たり、マフラーや手袋、帽子を被ったり…

セーターなど、毛糸でできている製品の中には、ヒツジの毛(羊毛・ウール)を使っているものも多くあります。

冬に活躍するヒツジの毛を、おうちの中で探してみましょう!

セーターやコートなど、洋服についているタグに注目してみてください!

 

セーターのタグ。毛100%の表記。

セーターのタグ。毛100%の表記。

 

これは毛100%、と書いてあります。

これではヒツジの毛が100%か、はっきりとはわかりませんが、ヒツジの毛100%のセーターにはこんなマークがあります。

 

ヒツジの毛100%のセーターのタグ

ヒツジの毛100%のセーターのタグ

 

このマークは、ウールマークといいます。

このマークのついているセーターは、ヒツジの毛から作られています。

他の服も見てみると…

 

毛50%のセーターのタグ

毛50%のセーターのタグ

 

このセーターには毛のほかに、ナイロンが含まれています。(ナイロンは合成繊維)

 

また、

 

アルパカ15%のセーターのタグ

アルパカ15%のセーターのタグ

 

このセーターはヒツジではなく、アルパカの毛が含まれていました。

コートも同じように見てみると、

 

ウール18%のコートのタグ

ウール18%のコートのタグ

 

ヒツジの毛を含んでいました!

 

ヒツジの毛を多く含むほど、暖かいと言われています。

ヒツジの毛はこのように、私たちの冬の寒さの中で暖かさを提供してくれています。

 

そんなヒツジたちはというと…

 

寒くて天気のいい日の一コマ。

寒くて天気のいい日の一コマ。

 

寒いにも関わらず、日陰で休んでいます。

 

春に生まれた子ヒツジたち

春に生まれた子ヒツジたち

大人の手でも、第二関節まですっぽり埋まります!

大人の手でも、第二関節まですっぽり埋まります!

 

春から伸び続けてきたもこもこの毛に包まれて、寒さもへっちゃらのようです。

日が照ると暑くなるようで、日陰にいることが多いです。

気温は低いのに…

 

おうちの中でも身近にできるヒツジの毛探し、ぜひ探してみてください♪

そして、ヒツジの暖かさに包まれながら、寒い冬を乗り越えましょう!

ふれあいコーナーでは、夏とはまた違ったふわふわもこもこのヒツジたちが待っています!

 

ヤギたちはひなたぼっこ

ヤギたちはひなたぼっこ

 

ヒツジ担当:角田

 

 

 

.
.