ホーム > スタッフから > 鹿児島フィールドレポート  噴火に!雪… 厳しい環境でも生きる霧島のキュウシュウジカ
平川動物園ズーブログ

鹿児島フィールドレポート  噴火に!雪… 厳しい環境でも生きる霧島のキュウシュウジカ

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、霧島の厳しい環境においてもたくましく暮らすキュウシュウジカを紹介したいと思います。

 

春から秋までは下草もあり、シカにとっては過ごしやす環境です

 

霧島は、鹿児島県と宮崎県の境に位置する山々の総称で、最高峰の韓国岳(1700m)や高千穂峰(1574m)などの火山で構成されています。火山帯なので温泉が豊富に湧き出し、湯けむりも様々な場所で見ることができます。この霧島の活火山で代表的なのは新燃岳で、昨年の10月にも10月11日に6年ぶりの噴火が確認されました。10月14日には噴煙が2300mにも達し、周囲には大量の降灰がありました。生き物たちがどのように暮らしているか、状況を確認すべく現地に向かいました。降灰が酷い場所は、まるで白黒写真のようで、辺り一面灰色の世界でした。草木には灰が降り積もり、エサとして利用している生き物には、大変厳しい状況でした。この辺りに生息しているキュウシュウジカの気配はないものの、火山灰の影響が少ない場所では数頭が休息しているのを確認でき、場所を移動しながら懸命に生きていることが伺えました。幸いにも、火山活動は安定しており、数週間後には普段通りの山の姿に戻っていました。

 

雲がかかっていて見えませんが新燃岳の方向を撮影しました。手前の木々は火山灰で覆われています。

 

地面も灰で覆われ、泥あそびでもしたようなぬかるみがありました。

 

下流の川は、降灰後の雨で川に灰が流入し、清流だった川が泥水であふれていました。

 

 

しかし厳しい環境は、冬の訪れとともに再来します。標高が高い霧島では、冬季に南国鹿児島でも降雪が見られます。1月の寒波には積雪が40㎝近くまであり、一面が銀世界となりました。雪の中、シカたちはどうのように暮らしているのでしょうか?普段から彼らをよく観察できる場所を、雪をかき分け探しに行きました。2時間近く歩いた後、枯れたススキの近くで、岩のような物体が動くのを目にしました。近づくと首を上げてこちらの様子をうかがってきます。5~6頭のメスの群れが、乏しいエサを食べている最中でした。枯れた葉以外にも、木の新芽や樹皮などを食べていた形跡があります。寒い冬でも懸命に生きている様子を伺うことができ、生き物が持つ生きるためのエネルギーや貪欲さを感じることができました。

 

冬の時期は、一面雪景色になることも珍しくありません。後方にあるのが韓国岳です。

 

シカの姿は見えなくても、あちこちで足跡や糞を見つけることができます。

 

遠くのススキ林で、動く物体を確認!

 

雪の中でも乏しいエサを探して懸命に暮らしていました!

 

親子と思われるメスのシカが、こちらを見つめていました。最近では希少な植物も食べてしまう厄介者として扱われていますが、冬を乗り切るのは至難の業です。力尽きた個体を見ることもあります…

 

まだまだ春は遠いですが、霧島の生き物たちは、日々の暮らしを懸命に生きています。南国鹿児島の穏やかな雰囲気とは正反対ですが、鹿児島にお越しの際には冬ならではの自然をご覧いただければと思います。

.

キュウシュウノウサギはいずこ?

こんにちは!
新年になり、干支が酉から戌へ変わりましたね。
担当動物の中にはイヌ科の動物がおらず、干支が変わっても特にネタになることが見つかりませんでした。
そこで、とりあえず最近のリスの森、干支をいくつも飛ばしてキュウシュウノウサギ状況について書きたいと思います。

リスの森には隠れ上手な動物たちがいて、キュウシュウノウサギもその一つです。

 

キュウシュウノウサギ
警戒心が強くてかくれんぼ上手

 

普段隠れている場所は茂みの中だったり、壁の隅だったりします。
体色も、冬になると雪景色に合わせて白になるトウホクノウサギとは違い、大地に溶け込む茶色のままなので、よほど勘と目の良い方でないとなかなか気づくことができません。

つい最近、リスの森内の樹木の一部を伐採したので驚いたのか、毎日いたお気に入りの場所からもいなくなってしまいました。またかくれんぼの再開です。

 

壁の隅は…

 

いないですね…

 

茂みの中は…

 

形跡はありますがいません…

 

石垣の隙間は…

 

覗き込みましたがいません!

 

お客様からは見えない滝の上!

 

ここにもいませんでした~…

 

 

少し焦り始めた時に。

 

ん?

 

拡大!

 

見つけました!

 

大体こんな感じでかくれんぼは繰り広げられます。
お客様も、もし時間があれば探してみてください。
リスの森内には今、キュウシュウノウサギ、キュウシュウムササビ、コジュケイ、アヒルを放し飼いしています。

ちなみにコジュケイは春の繁殖期に向けてオスが闘争を始めたので、茂みから急に飛び出してくることがあります。

 

少し繁殖期には早いですが、バレンタインデーに向けて気合を入れているのかも?

 

平川動物公園では来月の10日から14日までの4日間、バレンタインのイベントとして夫婦やカップル限定でエミューのお守りプレゼント(各日先着5名)があります。
なぜバレンタインデーのお守りにエミューなのかが気になる方は、ぜひ来園してオーストラリア園担当者に質問してみてくださいね!

 

 

動物園の飼育員だけど一番好きな動物はキリンでもライオンでもなくイヌであるリスの森担当:海道(担当動物は別枠で大好き)

.

コシジロヤマドリが順調に成育しています!

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、2017年の5月にふ化したコシジロヤマドリについて紹介したいと思います。

 

コシジロヤマドリは熊本、宮崎、鹿児島の南九州にのみ生息するヤマドリの亜種になります。ヤマドリは生息場所により体色などが異なり、国内では5亜種に分けられています。名前は有名ですが、森林に生息し警戒心も強いため、簡単に出会うことができない鳥です。昔はキジなどと同様に、狩猟対象種でしたが、生息数の減少により現在は捕獲が禁止されています。減少要因としては、捕獲圧の増加や生息場所の森林が開発により減少したことなどが考えられています。鹿児島県では準絶滅危惧種に指定されており、宮崎県では放鳥事業により生息数の回復を目指しています。

 

霧島山麓で見かけた野生のコシジロヤマドリ (オス)

 

このような状況に置かれているコシジロヤマドリを保全するため、平川動物公園でも繁殖事業に取り組んでいます。特に力を入れているのが、人工授精技術の確立です。これは、オスから精液を採取し、メスの総排泄腔へ注入、授精させる技術です。ここ数年は、ニワトリの採精技術の習得、ヤマドリ研究家の方からのレクチャーなどで知識と技術の向上を努めてきましたが、昨シーズンは、採精が少量のみで人工授精には至りませんでした。しかし、ヤマドリ研究家の伊達氏と遠藤氏より、有精卵をいただき人工育雛には取り組むことができました。5月にふ化した3羽は順調に成長し、9か月後の1月には成鳥と全く変わらない姿になりました。春には採精できるまでに成長していますので、今後の繁殖に期待したいと思います。

 

ふ化したばかりのヒナ。体重は20gほどでした!

 

ふ化して約1カ月後のヒナの様子。だいぶしっかりしてきました!

 

約3カ月後の様子です。腰の辺りに白い羽もあり、顔つきも大人びてきました!

 

今では成鳥と見分けがつかなくなりました。長く伸びた尾羽が非常に美しいです!

 

ちなみに、ヤマドリは縄張り意識が強く気性も荒いため、単独飼育が基本となります。自然繁殖で数を増やしにくいのは、このような理由からなのです。

来シーズンの繁殖期には、人工授精が成功するように努力していきたいと思います!山の神を彷彿とさせるコシジロヤマドリの雄姿をぜひご覧ください。

.

鹿児島フィールドレポート  越冬場所に大人気!?クロツラヘラサギが来鹿中

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、越冬のため鹿児島にやってくるクロツラヘラサギについて紹介したいと思います。

 

読んでの字のごとく、「黒い顔をしたへら状の口ばしをもつ鳥」です。同じサギと名前がつく鳥でも、アオサギやコサギなど、水辺であればどこでも出会える鳥とは異なり、クロツラヘラサギは世界中で約3000羽程しか生息していない超希少種であります!そんなVIP?が毎年、日本各地に越冬のため朝鮮半島や中国から飛来し、特に鹿児島県は国内有数の観察場所にもなっています。

 

 

口にしゃもじがついているように見えますよ~

 

しかも希少種なのに、越冬場所にさえいけば簡単に出会うことができます。運が良ければほんの10m先でエサを探している様子も観察できるのです。越冬地の条件としては、エサが豊富な干潟があることがあげられます。しかしながら埋め立てや汚水の影響で、良好な干潟が維持できない地域もあり、彼らにとっては厳しい環境もあるようです。

 

 

口ばしを左右に振って、カニなどのエサを探します

 

鹿児島県では、錦江湾奥の干潟や調整池、南さつま市や北薩の河川干潟で観察することができます。

 

遠目で見ると、綿あめが並んでいるように見えます

 

大きなしゃもじのような口ばしを左右に振ってエサを探す様子や、首を曲げて綿あめのような姿で休む姿は、とても愛らしいです。いつまでもクロツラヘラサギがゆっくりと越冬できる環境を維持していきたいと感じる瞬間です。

 

いろいろな仕草を見せてくれるので、見ていても飽きませんよ~

 

観察される方は、おどかさずに静かに見守ってあげてくださいね。

.

『羊毛で雪だるまを作ろう!』を行いました!

みなさん、こんにちは!

12月9日(土)、10日(日)にボランティアスタッフの「ヒツジ隊」の方と一緒に『羊毛で雪だるまを作ろう!』のイベントを行いました!

 

*「ヒツジ隊」については以前のブログでご確認ください♪

 

30分間のイベントでしたが、内容は盛りだくさん!

最初にヒツジのお話。

ふれあいコーナーからルウちゃんも来てくれました!

 

本物のヒツジを見ながら、ヒツジについて学びます。

 

ヒツジについて知ったところで、羊毛が雪だるまになるまでのお話しをしました。

 

パネルを使ってのお話。

 

青い服を着ている方が、ヒツジ隊です。

そして早速、雪だるま作りに入ります!

 

まずは雪玉選び!

 

ひもがついているのが頭、何もないのが体になります。

好きな雪玉を一つずつ選び、接着剤でくっつけます。

この雪玉が、ヒツジの毛から作られています!

 

どれにしようかな~?

 

雪だるまの形ができたら、自分の好きなパーツをくっつけて、世界に一つだけのオリジナルの雪だるまを作ります!

 

細かい作業にみんな真剣です!

 

そして…

完成!!

 

じゃん!

 

じゃんじゃん!

 

みんなそれぞれ違った、素敵な雪だるまが完成しました♪

 

最後にルウちゃんとも記念撮影!

 

お顔が見えるかなー?

 

今回で、今年から新たに活動を始めた「ヒツジ隊」の1年目の活動は終わりです!

2年目もさらに「ヒツジ隊」を盛り上げていきたいと思います!

 

タッチングコーナー担当:角田

 

.
.