ホーム > 飼育員の日記 > ブラジルバクの採血
平川動物園ズーブログ

ブラジルバクの採血

 

ブラジルバクのルーシーは1ヶ月に1回程度採血を行っています。

目的は2つあり、健康診断とホルモンの測定です。

メスのルーシーは、現在、オスのキョンと同居させています。定期的に交尾をおこなっていましたが、最近は確認できなくなったため、ルーシーが妊娠しているのではないかと思うようになりました。そのため、血中のホルモン(プロジェステロン)の値を測定し、妊娠しているか検査をしています。

 

採血を行うために、まずはルーシーを1頭で寝室に隔離します。

後ろ肢の付け根から採血をするためにルーシーを寝かせます。寝かせるためにデッキブラシ等を使用してブラッシングし、気持ち良くさせてあげます。

ぶれる程強くブラッシングします。

強くブラッシングします。

採血中は気が付かないようにブラッシングを続けます。

ブラッシング中に採血をおこないます。

ブラッシング中に採血をおこないます。

肢の付け根を圧迫し採血をしやすくします。

肢の付け根を圧迫し採血をしやすくします。

終わった後もブラッシング

終わった後もブラッシング

終了したら大好きなリンゴをご褒美にあげています。

 

リラックスしているルーシー

リラックスしているルーシー

毎回妊娠しているかドキドキです。

バク担当 鈴木

.
.