ホーム > スタッフから > インドゾウの歯が抜けた!!
平川動物園ズーブログ

インドゾウの歯が抜けた!!

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。先日、インドゾウのメス「アンリー」の歯が抜けました。巨大なゾウの歯はいったいどれくらいの大きさで、どのような形なのでしょうか?今回のズーブログでは、インドゾウの歯について紹介します。

 

アンリーの口の中!  今回抜けたのは、向かって左側の歯です!

アンリーの口の中!                        今回抜けたのは、向かって左側の歯です!

 

10月3日の朝、アンリーの寝室に何やら見かけないものが落ちていました。近付いて確認してみると、歯が落ちているではありませんか!毎朝、トレーニング時に口の中を確認し、歯のぐらつきも注意していたのですが、今回は気がつきませんでした。

 

抜けた歯とアンリー 「それ、私の歯なんですけど…」と言いたげそう!

抜けた歯とアンリー
「それ、私の歯なんですけど…」と言いたげそう!

 

抜けた歯を観察してみると、表面がギザギザしており、まるで洗濯板のようです。ゾウが食べているエサは草や木が主体です。草や葉、枝をすりつぶして食べるためにこのような形状をしています。歯の重さを量ってみると、なんと1.4㎏もありました!さすがゾウです。抜け落ちた後の数日間は、違和感があったのでしょうか、食べ方が普段より慎重になっていましたが、今では普段と変わらなくなりました。

 

表面はギザギザ、洗濯板の様です。使い込まれるほど、ツルツルになっていきます。

表面はギザギザ、洗濯板の様です。使い込まれるほど、ツルツルになっていきます。

 

ところで、ゾウの歯はいったい何本あって、何回生えるでしょうか?

答えは、歯の本数は4本(上あごに2本、下あごに2本)、なんと6回生えます。

4本といっても、ゾウの歯は水平交換といって、後ろから前に向けて新しい歯が押し出してきます。ですから、使える部分の歯が4本ということになります。ちなみに人間のような、歯の抜け替わりは、垂直交換といいます。

 

ゾウ展示場で、飼育員に声をかけていただくと、本物の歯が触れますよ!

ゾウ展示場で、飼育員に声をかけていただくと、本物の歯が触れますよ!

 

アンリーの歯は、年齢的にはあと一度生えてくると思います。人間もそうですが、歯が健康であることが長寿の秘訣です。硬い木や、たくさんの草を効率良く食べるには、丈夫な歯が必要です。ゾウ展示場には歯のレプリカも展示していますので、ぜひ触ってみて、巨大なゾウの歯の大きさも体験してみてくださいね!

.
.