ホーム > スタッフから > ハナシカの角の話 3
平川動物園ズーブログ

ハナシカの角の話 3

 みなさん、こんにちは!! ハナジカ担当の野元です。

 

6月19日の(ハナジカの角の話2)ブログで、片方しかない

 

角の写真をアップしましたが・・

 

あっさり、次の日には、もう1本も落ちていました。

 DSC_1509

 

 DSC_1517

 

約3週間、経過後の角・・・どうなっているでしょうか???

 

こちらです!!!

 DSC_2250

 

少しだけ、周りの皮膚が盛り上がってきて、袋角(ふくろづの)が

 

出来つつあります。 10月くらいには、立派な袋角になっていると

 

思いますので、このブログで経過をご一緒にみるのも良いですが、

 

生の角も良いので、ぜひ、平川動物公園に遊びにいらしてくださいね。

 

 

ところで、野元が担当する動物が1種類ふえましたので、紹介させて

 

ください。

 DSC_2268

 

 DSC_2269

 

 DSC_2270

 

アフリカハゲコウです。 以前までは、アフリカ園にいたのですが、

 

他の動物とうまくいかず、展示が出来ない状況でした。

 

しかし、魅力あふれるこのアフリカハゲコウを、どうにか展示

 

出来ないかと考えた結果、「トビ」を「ハヤブサ」と同居して、

 

「トビ」がいた部屋に、お引越ししました。

 

展示は、5月末からしていたのですが、動物は環境が変わると、

 

体調を崩しやすいのです。 体調も安定したので、ブログで

 

改めて紹介させていただきます。

 

アフリカハゲコウの♂「ティンガ」です。

 DSC_2272

 

「ティンガ」の名前の由来は、アフリカの有名な画家さんから、

 

いただきました。雨が降った後などは、翼を大きく広げて日光浴も

 

します。見た目のインパクトが抜群なアフリカハゲコウの「ティンガ」

 

は不思議な動物ゾーンにいます。ぜひ、いらしてくださいね。

 

では、また次のブログで。

 

 

.
.