ホーム > スタッフから > 鹿児島フィールドレポート ~今年も参加!田植え体験に行ってきました!~
平川動物園ズーブログ

鹿児島フィールドレポート ~今年も参加!田植え体験に行ってきました!~

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、梅雨の時期に各地で行う「田植え」についてレポートします。

先日、当園の指定管理者である公益財団法人鹿児島市公園公社が実施する「八重山公園こどもコメ作り体験」へ参加し、田んぼが育む生き物についてお話もしてきました。

 

 

鹿児島市郡山町八重の棚田で行いました!

鹿児島市郡山町八重の棚田で行いました!

 

田植えをした場所ですが、鹿児島市北部の八重山のふもとにある棚田で、非常に景観がきれいな場所でした。斜面につくられた田んぼは、水を蓄えるダムの役割をしており、複雑な用水路や畔が生き物たちの格好のすみ場所となっています。

 

歩けば、ぴょこぴょことカエルが飛び出し、鳴き声もとてもにぎやか!

そして今年の大発見は、イモリを発見したことです。鹿児島市ではなかなか見ることが出来なくなっているので私も興奮してしまいました。

 

オタマジャクシからカエルに変わる一歩手前のツチガエルがたくさん!

オタマジャクシからカエルに変わる一歩手前のツチガエルがたくさん!

 

鹿児島市では希少となったイモリがいました!ちょっと興奮しました。

鹿児島市では希少となったイモリがいました!ちょっと興奮しました。

 

 

どこにでもある田んぼですが、田んぼを中心にいろいろな生き物が生活の場としています。

 

アメンボなどの小さな虫はカエルやイモリのエサとなり、カエルなどの小動物はヘビやアオサギなどのエサになります。また、ヘビや小型の鳥は大型の猛禽類や哺乳類のエサともなるのです。

どの生き物も食物連鎖の中で複雑に絡み合い、いなくなるとバランスが崩れてしまうということです。

 

 

雨の中の田植え体験でしたが、みなさん頑張りました~

雨の中の田植え体験でしたが、みなさん頑張りました~

 

 

田植えの最中にもカエルを発見!生き物に触れる貴重な体験です。

田植えの最中にもカエルを発見!生き物に触れる貴重な体験です。

 

みなさんのまわりにも、田んぼはあるはずです。たまにはじっくりと小さな生き物から大きな生き物まで、探してみませんか?きっと新しい発見や驚きがあるはずですよ!

 

イベント終了後にはアオダイショウも登場!ヘビの感触も初体験できました。

イベント終了後にはアオダイショウも登場!ヘビの感触も初体験できました。

 

 

夏には草刈り、そして秋には収穫体験が待っています。ちなみに収穫後の稲わらは、インドゾウのエサになるのですよ~!!

 

 

.
.