ホーム > スタッフから > 青少年のための科学の祭典2016に参加しました!
平川動物園ズーブログ

青少年のための科学の祭典2016に参加しました!

みなさん、こんにちは!教育普及係の落合祐子です。夏休み、みなさんいかがお過ごしですか??7月23日(土)、24日(日)に、鹿児島市立科学館で開催された「青少年のための科学の祭典2016」に参加してきましたので、今回はその内容を少しご紹介します。

科学の祭典は、青少年の科学技術離れを防ぐ事が目的で1992年に全国規模でスタートした体験型イベントで、毎年学校の先生や学生、各研究機関がブースを出展し、様々な実験を通して科学の面白さをお伝えしています。平川動物公園は2013年より出展しており、今回で4回目となります。昨年までは “鳥の羽のふしぎ”と題した実験を紹介しましたが、今年は動物の鳴き声に着目した「動物園の『この声だーれだ?』」を行いました。

現在平川動物公園では約140種類1,000頭の動物たちが生活していて、鳴き方や鳴き声も様々。そんな動物たちの声のヒミツを知ってもらうことが今回の目的です。

用意した鳴き声は全部で30種。飼育スタッフがビデオカメラやボイスレコーダーを構え、動物が鳴く瞬間を捉えた努力の結晶!?です。この鳴き声を参加者の皆さんに聞いてもらい、どの動物の鳴き声かを当てるゲームを行ったあと、鳴き声カードを作製する、という流れにしました。ズーブログでは音声が聞けないのがとても残念なのですが、2日間のイベントを終え、参加者の皆さんが衝撃を受けていた動物の鳴き声についていくつかご紹介します。

模型を使って発声の仕組みを説明

模型を使って発声の仕組みを説明

 

①コアラ(オス) 鳴き声レア度★★★★★

鳴き声:(野太く)グェェェェ~~~、ゲェェェェ~~~、オフッオフッオフッ…(続く…)

オスのコアラは縄張りを守るために野太く大きな声で激しく鳴きます。動物園で聞くことはかなり難しいですが、早朝だとたま~に聞くことができるとのこと…。

 

上を向いて、「ゲェェェ~!!」

上を向いて、「グェェェ~!!」

②ヤブイヌ 鳴き声レア度★☆☆☆☆

鳴き声:(高く、小さく)キュッキュッキュッキュッキュッキュッ…

ヤブイヌに会いに行くとまず聞くことができますが、外見とのギャップや名前に惑わされてか、なかなか結びつかなかったようです。ヤブイヌは草木が茂った藪の中で群れで生活します。頻繁にコミュニケーションをとっているのがわかりますよ!

「ワンワン!」とは鳴きません…

「ワンワン!」とは鳴きません…

 

③フクロテナガザル 鳴き声レア度★★★★★

鳴き声:(よく響く声で)ホーォウッ、ホーォウッ、フォフォフォフォフォフォフォ…

フクロテナガザルはマレー半島やスマトラ島の熱帯雨林で家族単位の群れで生活しています。縄張りを守るために「テリトリーコール」というよく通る声で鳴くのですが、その鳴き方が特徴的。のどにある「鳴のう(めいのう)」という袋に息をため、一気に出すことで大きな声になるのです。カエルの鳴き方と同じです。

空気をためて…

空気をためて…

 

一気に出す!!

一気に出す!!この袋が名前の由来

 

 

★「鳴き声レア度」とは、動物園でどのぐらい粘ったらその声を聞くことができるかを参考までに星5つで示しました。★5つは、運が良ければ聞くことができるかも!?

 

動物たちは、どのような場所で、どのような単位で生活しているか、オスかメスか、そしておとなか子どもか、などによって鳴き方や鳴き声が様々です。動物園では、普段の生活では聞くことができない動物たちの声をたくさん聞くことができますので、ぜひ耳を傾けてみてくださいね!

 

夏休み期間中、動物園で「この動物の声を聞いたよ!」という方に、「動物の鳴き声カード」をプレゼントします!①鳴き声を聞いた動物の名前②どのように聞こえたか(「ケオ~ン」や「ヒャヒャッ」など)を覚えて、どうぶつ学習館まで来てくださいね!

.
.