ホーム > スタッフから > 飼育員が母親に!~アカカンガルーの人工保育を行っています~
平川動物園ズーブログ

飼育員が母親に!~アカカンガルーの人工保育を行っています~

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。オーストラリアの自然ゾーンで展示していたアカカンガルーのマルコですが、4月22日に永眠しました。12年という長い期間、ほんわかした雰囲気でお客様や飼育員も癒してくれたおばあちゃんカンガルーでした。多くの子どもを残してくれましたが、死亡する時点でもお腹の袋(育児のう)に赤ちゃんが入っていました。袋から出るにはまだまだ早く、母乳で育てる必要がある大きさです。マルコの意思を引き継ぎ飼育員や獣医師がお母さん代わりに子育てすることになりました。

 

 

3月に初めて顔を出した時の様子です

3月に初めて顔を出した時の様子です

 

入院中のマルコと赤ちゃんの様子… 最後の瞬間まで母親のそばにいました

入院中のマルコと赤ちゃんの様子… 最後の瞬間まで母親のそばにいました

 

 

生息地のオーストラリアでは専用のカンガルー用粉ミルクが販売されているのですが、日本では簡単には手に入りません。そこで過去の情報から、犬用のミルクにいくつかの添加物を加えて使用することにしました。人工保育でポイントになるのは、①ミルクを与える器具に慣れるか(今回は注射器と小さな哺乳瓶を使用)、②ミルクの濃度や量が適正で、下痢にならないようにすること、この二つは絶対に気をつけないといけません。幸いにも赤ちゃんは注射器から少しずつミルクを飲み、下痢にもならずに過ごしてくれました。

 

順調にミルクを飲みだしました!

順調にミルクを飲みだしました!

 

しかしながら、体重はどんどん落ちていきます…ミルクの濃度を見直し、与える回数も一日5回から7回程度まで増やし、離乳食も併用しました。結果、今のところ順調に成育しています!

 

まだまだ小さく気は抜けないですが、マルコに代わって一人前のカンガルーに成長させたいと思います。運が良ければ園内で飼育員が連れて回っていることがあります。見かけた際には愛くるしい姿をご覧ください。

 

マルコから一文字もらって「マーコ」と名付けました!女の子です。元気に育ってね~

マルコから一文字もらって「マーコ」と名付けました!女の子です。元気に育ってね~

.
.