ホーム > スタッフから > アカカンガルーのマーコが死亡しました
平川動物園ズーブログ

アカカンガルーのマーコが死亡しました

以前のズーブログで紹介しましたアカカンガルーの人工保育個体「マーコ」ですが、残念ながら死亡してしまいました。母親のマルコの死亡に伴い、飼育員や獣医師が母親代わりとなりミルクの給餌やお散歩をしていました。順調に体重も増加し、日に日にカンガルーらしく成長する姿に喜びを感じていた矢先でした。当園では久々のカンガルーの人工保育だったため、他園のデータを収集し出来る限りベストな状態で取り組んでいましたが、赤ちゃんで体力もあまりなく、急性肺炎で死亡してしまいました。小さく短い命でしたが、多くの教訓を残してくれました。マーコの死を無駄にしないように今後も飼育や治療に取り組んでいきたいと思います。応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

お手製の袋が大好きなマーコでした

お手製の袋が大好きなマーコでした

アカカンガルー担当:落合

.
.