ホーム > スタッフから > ウサギのふしぎ発見!
平川動物園ズーブログ

ウサギのふしぎ発見!

皆さん、こんにちは!

今日はタッチングコーナーで見たウサギたちのふしぎ発見をお届けします!

 

『ウサギ』と聞いて、皆さんはどんな姿をイメージしますか…?

耳が長くて…と、このような姿を想像する人も多いのでは!?

 

耳の長い『ウサギ』です!

耳の長い『ウサギ』です!

 

平川動物公園にいるウサギたちは、このような姿のウサギです。

タッチングコーナーには、一般的にウサギのイメージのしやすい、耳が長く、耳の立っているウサギたちがいます。

(ウサギにも種類、品種が様々なため、いろいろなウサギがいます。今回は、タッチングコーナーにいるウサギのお話になります。)

 

そんなウサギたち、ある日のふれあい中をのぞいてみると…

あれ…?

 

耳が片方だけ立っています!

耳が片方だけ立っています!

 

こちらも…?

こちらも…?

 

片耳は立っていますが、片耳が垂れています…!

なんともふしぎな、片耳ウサギ…

 

なぜこの姿になったのか、定かではありませんが、

勝手な私の推測では…

①体温調節のため

ウサギの耳には血管が多く、体温を調整するために片耳だけを垂らしているのではないか…

 

耳を見ると、このように血管が見えます!

耳を見ると、このように血管が見えます!

 

②外の音を聞くため

何か気になる音が聞こえ、休みたいけど、聞きたい…というウサギの気持ちの表れ…

 

気になるときは二本足で立って耳を立てていることも!

気になるときは二本足で立って耳を立てていることも!

 

真相はどうなのでしょうか…?

(片耳だけ垂れていたウサギたち、耳は元に戻ります。)

 

そんな中、ふしぎなウサギをまたまた発見…!!

 

耳が左右どちらも垂れています!!

耳が左右どちらも垂れています!!

 

この子は、耳の垂れている品種、ロップイヤーの男の子。

この春新しく来た『フルーリー』くん。

このように、耳が左右どちらも垂れているウサギもいます!

 

皆さんも、タッチングコーナーにウサギたちのふしぎ発見をしに、遊びに来てください♪

 

タッチングコーナー担当:角田

 

.
.