ホーム > スタッフから > アオムシ姿もなかなかかわいい?成虫はきれいなツマベニチョウ!
平川動物園ズーブログ

アオムシ姿もなかなかかわいい?成虫はきれいなツマベニチョウ!

こんにちは!今日は虫のお話です。

虫が苦手!という方も、チョウなら平気、という事は多いのではないでしょうか?

鹿児島県では「ツマベニチョウ」というチョウが春になると羽化します。

ツマベニチョウはシロチョウ科(モンシロチョウなど)の中でも最大の部類に入ります。

白い翅に鮮やかなオレンジ(紅)が美しいチョウです。

 

「幸せを呼ぶチョウ」という言い伝えも!

「幸せを呼ぶチョウ」という言い伝えも!

 

チョウといえば、ひらひらと優雅に飛ぶ姿を想像すると思いますが、このツマベニチョウ、優雅は優雅ですが意外にも素早く、結構捕まえるのに苦労します。

ツマベニチョウは国内の分布が沖縄県から宮崎県の南端部にあたり、それよりも北になるとほとんど見かけません。

春になると現れ、ギョボクの葉に2ミリほどの卵を産みつけていきます。そして卵から孵化した幼虫は、ギョボクの葉をモリモリ食べて大きくなり、サナギになります。

 

小さい卵です!

小さい卵です!

ギョボクの葉をモリモリ食べて成長します!

ギョボクの葉をモリモリ食べて成長します!

サナギになる直前 自分が紡いだ糸でしっかり体を支えます

サナギになる直前
自分が紡いだ糸でしっかり体を支えます

羽化前のサナギ 羽の模様がうっすら透けています

羽化前のサナギ
翅の模様がうっすら透けています

 

実は平川動物公園にもギョボクを植えており、毎年のようにツマベニチョウが飛来していたのですが、リニューアル工事に伴って環境が変わった為か、安定した飛来がみられなくなりました。更に、昨年は1月の大雪でギョボクが枯れてしまい、春になっても夏になってもほとんど姿を見かけませんでした。

しかし!

今年の春にはギョボクの葉もたくさん萌え出て、ツマベニチョウがたくさん飛んできましたよ!

 

翅の裏は木の葉の模様に似ています ちらりと覗くオレンジがおしゃれ

翅の裏は木の葉の模様に似ています
ちらりと覗くオレンジがおしゃれ

 

 

大きな白いチョウを見かけたとき、翅にオレンジが見えたらツマベニチョウかもしれません!

探してみてくださいね!

 

サナギが羽化しはじめてますよ~!

サナギが羽化しはじめてますよ~!

 

 

小さいころ卵や幼虫を見つけては持って帰り親に「またなんかしてる…」と思われていただろうリスの森担当:海道

.
.