ホーム > スタッフから > インドクジャクのヒナを展示しています
平川動物園ズーブログ

インドクジャクのヒナを展示しています

すっかり風が冷たくなりましたね!
寒くなり過ぎる前にと最近展示動物たちに仲間入りしたのが、今回紹介するインドクジャクのヒナたちです。

 

成鳥の羽になってきています

 

このヒナたちは、夏ごろに孵卵器で人工孵化し、10月に展示を開始しました。
本来、インドクジャクはメスが子育てを行います。春の繁殖期に卵を6個~8個ほど産み貯めてから抱卵するのですが、今回はなかなかメスが抱卵しなかったため、孵卵器による人工孵化を試みました。
その結果、2羽のインドクジャクが孵化し、今のところ元気に育っています。

今回孵化したのはインドクジャクですが、平川動物公園ではシロクジャクも飼育しています。卵は見た目では区別がつきませんが、孵化したヒナはこのとおり。

 

インドクジャクのヒナ

 

シロクジャクのヒナ

 

シロクジャクのヒナの方が白っぽい色をしています!

上の写真のシロクジャクのヒナも今年の春に展示場デビューをして、今はすっかり成鳥の仲間入りをしています。

インドクジャクのヒナたちも、もう若鳥といってもよいような外見ですが、大人と比べるとまるで大きさが違いますし、頭の冠羽もまだ小さくてかわいらしいですね。もう少し大きくなるまではネットの中でたくさん食べて成長できるように飼育する予定です。

 

冠羽がピョコピョコ揺れています

 

ちなみに、今回孵化したヒナは2羽ともメスでした。インドクジャクはオスとメスの外見が全く違う鳥なので判断しやすいのですが、孵化したばかりのヒナは外見で判断することは難しいです。ある程度成長すると、メスは腹部の羽が白くなり、首には緑に見える羽が生えてきます。

今後のヒナたちの成長にご注目ください!

 

まだまだ大きくなりますよ~!

 

 

 

ヒナの成長はうれしいけどエサの催促で手をつついてくるのはやめてほしいインドクジャク担当:海道

.
.