ホーム > スタッフから > キュウシュウノウサギはいずこ?
平川動物園ズーブログ

キュウシュウノウサギはいずこ?

こんにちは!
新年になり、干支が酉から戌へ変わりましたね。
担当動物の中にはイヌ科の動物がおらず、干支が変わっても特にネタになることが見つかりませんでした。
そこで、とりあえず最近のリスの森、干支をいくつも飛ばしてキュウシュウノウサギ状況について書きたいと思います。

リスの森には隠れ上手な動物たちがいて、キュウシュウノウサギもその一つです。

 

キュウシュウノウサギ
警戒心が強くてかくれんぼ上手

 

普段隠れている場所は茂みの中だったり、壁の隅だったりします。
体色も、冬になると雪景色に合わせて白になるトウホクノウサギとは違い、大地に溶け込む茶色のままなので、よほど勘と目の良い方でないとなかなか気づくことができません。

つい最近、リスの森内の樹木の一部を伐採したので驚いたのか、毎日いたお気に入りの場所からもいなくなってしまいました。またかくれんぼの再開です。

 

壁の隅は…

 

いないですね…

 

茂みの中は…

 

形跡はありますがいません…

 

石垣の隙間は…

 

覗き込みましたがいません!

 

お客様からは見えない滝の上!

 

ここにもいませんでした~…

 

 

少し焦り始めた時に。

 

ん?

 

拡大!

 

見つけました!

 

大体こんな感じでかくれんぼは繰り広げられます。
お客様も、もし時間があれば探してみてください。
リスの森内には今、キュウシュウノウサギ、キュウシュウムササビ、コジュケイ、アヒルを放し飼いしています。

ちなみにコジュケイは春の繁殖期に向けてオスが闘争を始めたので、茂みから急に飛び出してくることがあります。

 

少し繁殖期には早いですが、バレンタインデーに向けて気合を入れているのかも?

 

平川動物公園では来月の10日から14日までの4日間、バレンタインのイベントとして夫婦やカップル限定でエミューのお守りプレゼント(各日先着5名)があります。
なぜバレンタインデーのお守りにエミューなのかが気になる方は、ぜひ来園してオーストラリア園担当者に質問してみてくださいね!

 

 

動物園の飼育員だけど一番好きな動物はキリンでもライオンでもなくイヌであるリスの森担当:海道(担当動物は別枠で大好き)

.
.