ホーム > スタッフから > また来年!カブトムシの展示が終了しました
平川動物園ズーブログ

また来年!カブトムシの展示が終了しました

みなさん、こんにちは!教育普及係学芸員の落合祐子です。夏休みも半分が過ぎてしまいましたが、みなさん楽しんでいますか??

さて、5月23日からどうぶつ学習館で展示を行っていたカブトムシたちですが、全ての個体が1年の生涯を終えましたので、8月7日をもって今年の展示を終了しました。そこで、今回のズーブログでは、3齢幼虫からの彼らの様子を振り返りたいと思います。

〇4月13日 3齢幼虫

そっと土を掘り起こしてみると、ぷっくりした幼虫たちがいました。この時期の栄養状態が、成虫の大きさの決め手となります。

〇5月22日 蛹

再び土をそっと掘り起こしてみると、こんなに至近距離で蛹室をつくっていました。隣人の蛹室は壊さないようにするのです!

〇5月24日 蛹の展示開始

「さわりたい!」という声もたくさん聞きましたが、羽化がうまくいくように、ここではじっと我慢でした。だんだん色が濃くなってくると、羽化が近いサインになります。

 

〇6月5日 羽化が始まる

羽化が始まりました。羽化直後は白く柔らかい体も、時間が経つにつれて濃い茶色に、硬くなっていきます。

〇7月10日 卵を発見

      

 

卵を一つ発見しました!土を掘り起こし、卵は別のケースに移していきます。すでに孵化した幼虫(1齢)もいます。成虫の寿命も、あと1ヶ月程度でしょうか…

 

そして、8月8日に最後のメスのカブトムシが死亡しました。現在卵と幼虫合わせて187個体が、どうぶつ学習館で来年の準備をしています。彼らを飼育しているケースは2週間足らずで糞だらけになってしまうので、腐葉土をもりもり食べていることがわかります。

黒色の粒状の塊が幼虫の糞です

カブトムシは、成虫である僅か2ヶ月の間に、メスまたはオスと出会って子孫を残していくために、残りの10ヶ月を土の中で栄養を蓄えながら過ごしています。土の中の様子はツイッターなどで報告をしますので、みなさんも時々思い出してくださいね。それでは、また来年お会いしましょう!

.
.