ホーム > スタッフから > まるでヒヨコですが…クジャクです!インドクジャクのヒナが成長中
平川動物園ズーブログ

まるでヒヨコですが…クジャクです!インドクジャクのヒナが成長中

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。春からの繁殖期でインドクジャクのオスが、羽を広げるディスプレイをしています。遺伝子を残すための懸命なディスプレイの結果、メスと交尾を成功させます。メスは産卵し、約25日の抱卵(あたためる)の後、ヒナがかえります。

 

 

オスのディスプレイは美しい!

抱卵していたメスは6月初旬より、展示場の左奥で卵を産みため、4つためて抱卵しはじめました。エサの時間もほとんど卵の上から動くことなく、抱いており約37~38度の温度であたため続けます。

 

抱卵中のメス
たまにしか動きません…

 

ふ化予定日の前日には、殻の一部が割れてくる「はし打ち」がはじまりました。翌日には3羽ふ化しており、親の後ろを一生懸命ついて行っていました。残念ながら1卵は未発生でしたが、3羽のヒナは親からエサのとり方などを教わってすくすく成長していくと思います。

 

殻の一部が割れて出てくる準備がはじまりました!ピーピー鳴いています

 

生まれたよ!

 

しばらくは、おかあさんといっしょです!

現在は、展示場の右奥にてネット内で飼育しています。小さなヒナがピョコピョコ動く様子はとてもかわいらしいので、ぜひ見に来てくださいね!

.
.