ホーム > スタッフから > ~収穫の秋!棚田の稲刈りに行ってきました~
平川動物園ズーブログ

~収穫の秋!棚田の稲刈りに行ってきました~

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、収穫の秋に各地で行われている稲刈りについてレポートします。

 

先日、当園の指定管理者である公益財団法人鹿児島市公園公社が実施する「八重山公園こどもコメ作り体験」へ参加しました。6月に田植えをした棚田は、見事に稲が生長し黄金色に輝いていました。子どもたちには、棚田の役割や田んぼが作り出す生物多様性についてお話しをしてきました。

 

たわわに実った黄金色のお米。棚田の風景が美しいです!

稲刈りをした場所ですが、鹿児島市北部の八重山のふもとにある棚田で、非常に景観がきれいな場所です。斜面につくられた田んぼは、水を蓄えるダムの役割をしており、複雑な用水路や畔が生き物たちの格好の住み場所となっています。

 

歩けば、ぴょこぴょことカエルが飛び出し、サワガニもごそごそと動いています。地面にはにょろにょろ動くヤマカガシもいました。生き物好きにはたまらない環境で、子どもたちも大騒ぎしながら生き物を探していました。

 

はじめて鎌を使う子どもたちも多いですが、みんな器用に使います!

おいしいお米がとれました!

カエルもたくさんとれました~ 最近では見かけなくなったトノサマガエルもいましたよ!

サワガニもたくさん隠れていました。田んぼは生き物のゆりかごです。

最後は刈り取ったお米を干します。乾燥するとグッと美味しくなります~

 

メインイベントは稲刈りなので、鎌を使って人力で刈り取っていきます。初めて鎌を使う子どもがほとんどでしたが、みんなすごく器用に刈り取っていきます。刈り取った後は、一週間ほど干して精米します。そして12月には餅つきや新米を食べるイベントも行います。自分たちが植えた苗が、どのようにして「お米」になっていくかを見ることができる、とても楽しいイベントです。
来年も実施予定ですので、公益財団法人鹿児島市公園公社のHPをチェックしてみてくださいね。

 

最後は恒例のアオダイショウのタッチングタイム! とても楽しいイベントでした(^^♪

 

そして… お米が取り除かれた稲わらは、動物園のゾウのエサになります。毎年、ゾウたちも楽しみにしています。八重山の棚田のお米は、ゾウのお腹も満足させていますよ!

.
.