動物図鑑
カバ  Hippopotamus
カバカバカバ
昼間は沼や川、湖の水の中で強い日差しを避け、夜間は陸上で活動します。5分以上の潜水が可能で、体は水中にあっても目・耳・鼻が空気中に出るなど、水中生活に適応しています。草や木の葉が主食の草食動物ですが、まれに肉食をすることが知られています。ユーモラスな姿に似合わず気が荒く、なわばりに入った人間やワニを襲うことも少なくありません。
体重3.5-4tにもなり、鋭い牙をもつため、ライオンなどの肉食動物に襲われることもありません。普通は10~20の群れで生活します。
学名 分類 分布

Hippopotamus amphibius

偶蹄目(ウシ目)カバ科

アフリカ中部・東部・南部など

主な生息環境 レッドリスト

湖沼、河川

園内展示ゾーン おもしろカテゴリー

アフリカの草原ゾーン

.
.