「てのひらどうぶつえん」のテーマが「鳥の卵」に変わりました!

平川動物公園では、12月3日の国際障害者デー合わせ、視覚障害をお持ちの方が楽しく学べるように、いろいろな標本をさわり、動物の体のつくりを感じていただく「てのひらどうぶつえん」を昨年12月から行っています。

これまで「肉食動物」「草食動物」をテーマとし、ライオンのたてがみや爪、トラの頭骨、バーバリーシープの頭骨と角、ゾウの歯など、普段さわったり近くで見ることができない物を視覚以外の感覚で感じていただきました。今回は「鳥の卵」をテーマに、様々な鳥の卵をさわっていただき、卵の大きさや形、手ざわりの違いを感じていただくことができますので、ぜひお越しください。

ダチョウやフンボルトペンギンなどの卵がずらり
内容 スタッフの解説の下、鳥の卵の標本をさわっていただきます
開催日 ~6月30日(水)
開催時間 終日
開催場所 どうぶつ学習館
対象 どなたでも
参加費 無料(入園料のみ)
備考 次回の「てのひらどうぶつえん」のテーマは「は虫類」で、7月1日(木)~9月30日(木)の予定です。
トップへ戻る