ボルネオ島のこどもたちと考える「ゾウのレスキュー大作戦」参加者募集中!!

ボルネオ島の豊かな森はアブラヤシの畑に変わり、ゾウをはじめ様々な野生動物たちが行き場をなくし困っています。しかし、アブラヤシから採れる「パーム油」は、カップ麺やポテトチップスなどに入っているとても便利な油。パーム油がないと私たちは困ってしまいます。一体どうすればよいのか?ボルネオ島のこどもたちとオンラインでつながり、一緒にゾウのレスキュー作戦を立ててくれる仲間を募集中です!!

【実施日時と場所】

第1回 5月21日(土)11時~12時30分 →終了しました

第2回 6月25日(土)11時~12時30分

第3回 7月23日(土)時間は現在調整中

いずれも 平川動物公園 どうぶつ学習館

アブラヤシの畑に現れたボルネオゾウ
通訳を交え、各地とつながりました!
内容 マレーシア・サバ州(ボルネオ島)、旭山動物園、豊橋総合動植物公園(豊橋市)と当園をオンラインでつなぎ、8月12日の「世界ゾウの日」に向けてゾウのレスキュー作戦を立てる3回連続講座です(1回目は終了)。考えた作戦は、「世界ゾウの日」に各園で展示します。
対象 小学4年生~小学6年生
定員 5名程度
参加費 無料(入園料のみ)
参加方法 参加ご希望の方は、①参加者氏名(ふりがな)②学年③住所④連絡先電話番号を明記の上、以下のアドレスまでメールにて、随時ご応募ください。 kyouikufukyuu@k-kouenkousya.jp
備考 本イベントの主催は、認定NPO法人ボルネオ保全トラスト・ジャパン、サバ州野生生物局、Borneo Conservation Trust、旭川市旭山動物園、豊橋総合動植物公園、及び当園で、公益財団法人 りそなアジア・オセアニア財団の助成を受けて実施しています。 ※本イベントは会場内の十分な換気と消毒、運営スタッフの健康管理を行った状態で行い、皆様にはマスクの着用、検温、手指の消毒のご協力をお願い致します。
トップへ戻る