ホーム > ニュース > コアラの「ハヅキ」が死亡しました。
おしらせ・ニュース

コアラの「ハヅキ」が死亡しました。

平成27年1月7日午後5時9分に、長年来園者の皆様に親しまれてきました、コアラのメス(名前 ハヅキ 10歳5ヶ月)が悪性リンパ腫のため死亡しました。

ハヅキは、平成26年12月に鼻出血が見られ、その後の血液検査でリンパ腫と診断し、治療を行っていましたが、回復しませんでした。

ハヅキの父はココア、母はジュリで、平成16年8月2日に当園で誕生しました。一般的なコアラの寿命は10~12歳といわれておりますので、天寿を全うしてくれたと思っております。

ハヅキの死亡により、平川動物公園のコアラはオス4頭、メス5頭となりました。

ハヅキ、ありがとう!!安らかに眠ってください。

生前のハヅキ

生前のハヅキ

.

ご挨拶

新年、あけましておめでとうございます!

いよいよ、本日1月2日(金曜日)から本年の営業を開始します。朝方から小雨混じりの天気でしたが、開園時から大勢のお客さまにお越しいただき、本当に感謝申し上げます。

s-DSCN3159 

 

本日から1月5日(月曜日)までは、「お正月まつり」を開催しております。干支(ヒツジ)に関するクイズ大会や新春親子もちつき大会、平川動物公園のオリジナルカレンダーやお守りグッズのプレゼントのほか、動物のエサやり体験(先着順)など、ご家族やお友達で楽しめるたくさんのイベントをご用意しております。

 s-DSCN3167

s-DSCN3165

 

本年も各種イベントのほか、「オーストラリアの自然ゾーン」や「世界のサルゾーン[チンパンジー舎]」など、新しい動物舎もリニューアルオープンする予定です。ぜひ、これからも平川動物公園をご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

 〇平成27年 年間イベント日程

.
.