ホーム > ニュース > ホワイトタイガーの赤ちゃん死亡について
おしらせ・ニュース

ホワイトタイガーの赤ちゃん死亡について

11月26日、今月2日に誕生したホワイトタイガーの赤ちゃん(オス)1頭が死亡しました。

母親が育てており、体重も2.8キロと順調に成長していましたが、昨日の朝、死亡しているのが発見されました。死因は肺水腫でした。

当個体死亡により、ホワイトタイガーの赤ちゃんは、母親が育てているオス1頭と人工保育中のメス2頭の合計3頭となりました。

【死亡した個体】                 

  1.名前         なし

  2.性別         オス

  3.両親        母親:コハク 父親:タイガ

  4.生年月日      2015年11月2日

   5.体重の推移     11月 5日(木) 1.2kg

               11月13日(金) 2.0kg

               11月26日(水) 2.8kg

   6.死因         肺水腫

11月23日の母親コハクと2頭の赤ちゃん(オス)の様子

11月23日の母親コハクと2頭の赤ちゃん(オス)の様子

.

レッサーパンダ「シュンペイ」のお別れ会を開催します!

2015年11月21日

11月下旬にレッサーパンダのシュンペイが富士サファリパークへお引っ越しすることになりました!

そこで下記のとおりお別れ会を開催します。

シュンペイは平川動物公園ではじめて生まれたレッサーパンダです。

ぜひ、会いにきてくださいね。

 

日時 : 平成27年11月21日(土) 13:30~

場所 : レッサーパンダ舎

内容 : 飼育係がエサを与えながら、シュンペイとの思い出をお話します。

対象 : どなたでもご覧になれます。

レッサーイベント

.

アカカンガルーがベビーラッシュです!赤ちゃんがうまれました

4月にリニューアルオープンしたオーストラリアの自然ゾーンで展示中のアカカンガルーに赤ちゃんが誕生しました。5頭のメスの袋(育児のう)の中で、スクスク成長中で最近では頭や脚を出している姿を見ることができます。かわいらしい姿をぜひご覧ください。

 

 1.   展示場所      :    オーストラリの自然ゾーン アカカンガルー展示場

 

2.   赤ちゃんの頭数:5頭

 

3.   その他  :今年の4月に交尾し、出産後に袋の中で約6ヶ月過ごし、その後出袋します

脚だけが見えています!

脚だけが見えています!

 

子育て中のランラン(♀)と袋の中の赤ちゃん

子育て中のランラン(♀)と袋の中の赤ちゃん

.
.