ホーム > スタッフから > 鹿児島フィールドレポート ~ 実りの秋到来! ニホンザルたちも山の恩恵にあずかる ~
平川動物園ズーブログ

鹿児島フィールドレポート ~ 実りの秋到来! ニホンザルたちも山の恩恵にあずかる ~

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、鹿児島県本土に生息するニホンザル(ホンドザル)の秋の様子について紹介したいと思います。鹿児島県には県本土にはホンドザルが、屋久島にはヤクザルが生息しています。鹿児島市内にも時折、数頭が街中に出没してニュースになりますが、群れの生息場所は森林帯になります。地域ごとに大小の群れがいくつか確認されており、基本的には縄張りが大きく変動することはなく、縄張り内で季節ごとに移動しているような感じがします。

 

クリをほおばるメスザル

 

移動する理由はいくつかありますが、主な目的はエサの確保です。春は新芽やタケノコ、夏と冬は民家近くの畑や家庭菜園にも依存することがあります。秋のこの時期には、ドングリやクリなどの木の実、カキやアケビなどの果実が最高のごちそうになります。

 

スダジイ(ドングリができる木)を食べる子ザルたち

 

サルを探すには、このような木がある場所を重点的にまわっていきます。また採食した跡があれば近くいる可能性もあります。道路上をよく見れば、おしっこやウンチも見つかるかもしれません。あとは、鳴き声が聞こえてくればしめたもので、人影をあまり見せないように探します。

 

サルが食べたあとのイガグリ

 

今年は昨年に比べクリもカキもたくさん実っています。カキの場合は渋柿でも熟していれば甘みがでるので、一口かじってから時期がくるまで待っています。クリの場合も同様で、美味しくなるまで待っています。よくあるのが、「そろそろ収穫しようかな~」 と思っていたら、サルに全部食べられてしまう… 悲惨ですがサルの必死さが勝っているのでしょう。

 

大事そうにイガグリを抱えています。痛くないのかな?

 

サルは賢い動物ですので、縄張り内でどこにエサがあるか把握しています。集落近くにあるクリやカキの木は、必要であれば電気柵等で囲い食べさせないのが鉄則です。最近では集落の人口が流出し、空き家も目立ってきています。収穫しないのであれば、誘引する木は伐採するように勧められています。

 

民家の上でもおかまいなし

 

口を使ってクリを取り出します

 

鹿児島県内でも、サルの行動圏を調査している地域もあり、特性が解明されてきています。しかし、観察していて感じるのが、ちょっとしたことで行動のパターンが変わることがあるということです。追い払いや建材確保の森林伐採などの影響だと思います。

 

サルたちが安心して暮らすことができ、人への被害も最小限になるような、森と集落の関係構築が必要になってきており、観察を続けていると一筋縄ではいかない問題だなと感じています。

 

.

シカの秋 (前編)

急に涼しくなり、鹿児島にも本格的な秋が訪れました。

秋と言えばスポーツの秋、読書の秋、食欲の秋…いろいろありますね。

私にとって「秋」で連想する動物はシカです。平川動物公園では4種類のシカを飼育していますが、いずれも この時期に繁殖期を迎えます。

 

ところで、オスのシカだけに角があること、シカの角は毎年生えかわることをご存知ですか?

春に角が抜け落ちた後、「袋角」と呼ばれる皮膚に覆われた角が伸び始めます。それは木の芽が膨らみ、枝を伸ばす様子によく似ています。

初夏の袋角

 

夏の終わりから秋にかけ、シカの角を覆っていた皮膚が剥がれ落ち、白くて硬い角となります。

マゲシカは全て白い完成形の角になっていますが、その隣のハナジカでは様々な過程が見られます。

 

まだ袋角のハナジカ

ハナジカの袋角は淡い色をしています

 

袋角の皮膚が剥がれ初め、角に血液が滲んでいるハナジカ

袋角の皮膚が剥がれ始めています

 

立派な角になったハナジカ

完成した角の先は鋭いです

 

シカたちにとって秋は繁殖期です。オスの角が秋に立派になるのは、メスをめぐって争う時の武器になるからです。この時期には気性が荒くなるので、飼育担当者にとっても気が抜けない日が続きます。

園長 福守

 

奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞くときぞ 秋は悲しき

 

.

新人コアラ飼育員、ユーカリの見分けに悪戦苦闘!!

みなさんこんにちは!4月に新しく入隊した平川動物ウォッチング隊員の村上です。

今回のズーブログでは、ユーカリの種類について紹介したいと思います。

さて、当園では約10種類のユーカリを栽培しております。コアラを担当すると毎日ユーカリを採取しにいきますが、ただ採取するのではなく品種を見分けて採取しなければなりません。

何故かというとユーカリしか食べないコアラにとって、できるだけ多くの品種を与えることが彼らの食のバラエティーを増やすことにつながるからです。

そのため採取前には冷蔵庫にストックしているユーカリの品種をみながらその日採取するユーカリを決めています。

冷蔵庫のユーカリ。
どの品種が少ないかな?

と、かっこよく言ったものの最初は(実は今も!?)品種の見分けがつかなくて悪戦苦闘していました。

葉の形だけ覚えればいいかというとそんな事もなく、種のロットによっては同じ品種でもまったく違う葉の形をしていたり…

慣れてくると葉の形だけではなくユーカリの木そのものを見て判断ができるようになり、より細かい幹の形や枝の色見、葉の厚さなどを微妙な違いが少しずつ分かってきました。

テレチコルニス

カマルドレンシス

精を出して採取をしたユーカリを美味しそうに食べているコアラを見ていると嬉しくなります。同じ品種でも植えている圃場によっては嗜好性も変わってくるようです。私たちが普段食べている野菜でも産地によって味が変わりますよね(^v^)

ユーカリを食べているコアラ

今年の3月にオープンした新コアラ館は、そんなユーカリの匂いをダイレクトに感じ取れる施設です。来園された際はぜひユーカリの匂いも嗅いでコアラの気持ちになっていただけると嬉しいです(^^)

最後に、圃場で初めて見たサツマゴキブリにはビビりました(^_^;)皆さんは見たことありますか?圃場ではたくさんの生き物と出会えることも楽しみの一つであり恐怖でもある村上でした!!

.

ヤブイヌの同居について

こんにちは!

肉食獣担当の伊藤です!

今回はヤブイヌの同居について書いていきます!

最後まで読んでいただければ幸いです。

 

当園では2頭のヤブイヌを飼育しています。

サキョウ♂
少し慎重な性格

 

マドカ♀
いつも元気な体力おばけ

 

元々オスのサキョウを飼育しており、2019年にメスのマドカが繁殖目的で来園しました。

マドカが来園して最初の数週間は寝室の檻越しでのお見合いを行い、2頭の様子を観察しました。

お互いに敵意を向けることはないが、あまり相手のことを意識していない様子でした。

「敵意がないのなら一度一緒にしてみよう」と、お試しで寝室内での同居を行いました。

 

 

寝室の扉が開きサキョウが恐る恐るマドカの寝室に入っていったところ、マドカがびっくりしてサキョウに噛み付いてしまいました!

それもそのはず。

サキョウが寝室に入ったタイミングでマドカは後ろを向いていました。サキョウのことに気付いていないマドカに対して、サキョウはマドカのおしりのにおいを嗅ぎに行ったのです!

おしりのにおいを嗅ぐのはヤブイヌにとっての挨拶にあたります。しかし人間でも知らない人に後ろから突然触られたらびっくりしますよね。マドカが噛み付いても仕方ありません。

2頭をすぐに引き離し大事には至りませんでした。2頭の心の準備ができていないまま同居に踏み切った自分の責任です。反省しています。

 

噛まれた場所が少し腫れているサキョウ
お薬を飲んですぐに治りました

 

 

この闘争が尾を引き、2021年まで同居に至っていませんでした。

 

闘争が起こってからも檻越しでのお見合いを続け、数ヶ月経った頃そろそろ大丈夫だろうと寝室での同居練習に踏み切りました。

前回の反省を活かし2頭が同居状態になることが分かるタイミングで寝室の扉を開け練習を行います。

初めは2頭と担当者共々びくびくしながら練習を行っていたのを今でも覚えています。

 

気になる2頭の様子はというと一定の距離を保ちながらそわそわと寝室の中を歩き回っていました。狭い通路の中ですれ違わなければならないときは、お互いが口を開け牽制をするといった感じであまり良い関係とは言えません。

これはもう時間を掛けるしかないと覚悟をして、2019年~2021年の長期間にわたり隙間時間を見つけては同居練習を繰り返してきました。

 

 

そして来る2021年9月12日

ここ数回の同居練習ではお互い積極的に相手に近づいていく様子が見られていました。

おもちゃを入れると2頭で遊ぶような行動が見られ、「これはいけるんじゃないか?」と感じ休園期間中ということもあり展示場での同居に踏み切りました!(展示場での同居を過去何回か実施しましたが、お互いが自分のなわばりだと主張するように闘争になりかけていたので最近は行っていませんでした。)

 

遊んでいる隙におしりをくんくん

 

 

展示場に出た2頭は緊張しながらも相手が自分のなわばりにいることを認めているようでした。

 

ここからはとんとん拍子で練習が進みます。

1時間・2時間・半日・日中と同居の時間を徐々に長くしていき、担当者の監視なしでも安心して同居させられるようになったところでちょうど休園期間が明けました。

 

お肉も仲良く食べられます

 

 

今では2頭がくっついて寝ている様子が観察できるほど仲良くなりました!

ゆくゆくは繁殖をしてもらいたいですが、今は同居できているだけで嬉しいです!

 

くっついて休んでいます

 

 

ご来園の際にはヤブイヌ舎に立ち寄って新米夫婦を見に来てもらえればと思います!

今後も2頭の活躍にご期待ください!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

肉食獣担当 伊藤

.

ご長寿モンちゃん

8月14日から長らく休園していましたが、10月1日から開園いたしました。

園内の賑わいが戻って、本当に良かったと感じています。

 

さて、例年であれば、9月の敬老の日にイベント「長寿動物をお祝いしよう」を行います。昨年からコロナウィルス感染症対策のため、一部のイベント以外は実施ができない状況が続いています。

今年は休園期間中に敬老の日を迎えました。平川動物公園には国内最高齢のマレーグマ「ウラン」など、お年寄りの動物が数多くいます。一般的に動物園にいる動物の方が野生のものより長生きする傾向にあります。高齢になっても元気でくらしている動物がいるということは、外敵に捕食される心配がないだけでなく、医療や栄養の面で適切な管理がなされているからだと考えられます。

ご長寿動物の中でも、今回はホオジロテナガザルの「モンちゃん」をご紹介します。

 

ホオジロテナガザルのモンちゃん

 

ホオジロテナガザルはベトナムとラオスの熱帯雨林にすんでいます。森林伐採や密猟のため、生息数が著しく減っており、IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストでは絶滅危惧種の中でも最も危機的状況にあるCRに区分されています。

体色はオスが黒く、メスは薄茶色なので一目見て性別がわかります。

このホオジロテナガザルは国内の動物園で2頭しか飼育されていません。

1頭は大分の動物園にいて、もう1頭が平川にいるモンちゃんです。両方とも非常に高齢で、繁殖の見込みはありません。寂しいですが、いずれ日本からホオジロテナガザルはいなくなってしまうことでしょう。

 

旧 類人猿舎にいた頃のモンちゃん

 

以前、私もモンちゃんの飼育を担当したことがあります。最初に出会った頃は旧 類人猿舎(今はチンパンジー舎になっている所)でくらしていました。

その前は、サル舎のバックヤードでくらしていたこともあります。

 

さらにその前は、鹿児島市与次郎にあった遊園地で1980年5月まで飼育されていました。そこで飼育されるようになった詳しい経緯はわかりません。1970年代まではCITES(通称ワシントン条約)に日本は批准してなかったため、野生由来の動物を比較的容易に輸入できていました。推測なのですが、モンちゃんは子供の頃に捕獲されて日本にやって来たのでしょう。

そして付けられた名前は「モンジロウ」。本名は今もそのままですが、「メスなのにモンジロウではちょっと…」ということで、私たちは「モンちゃん」と呼んでいます。

(動物の名前に「ちゃん」や「くん」を付けるのは擬人化しすぎであり、誤解を招くので日頃は使わないのですが、モンちゃんだけは大目に見ています)

 

今から7年前、旧 類人猿舎が再整備事業のため解体されることになり、モンちゃんはオランウータン舎に引っ越すことになりました。

オランウータン舎にいた頃

 

今では旧 類人猿舎の跡地に新築されたチンパンジー舎の1室(非公開エリア)で余生をすごしています。

 

モンちゃんは高齢のため、だいぶ前から視力が低下しています。機敏な動きもできません。

皆さまの前にお目見えすることはないのですが、静かに、穏やかにくらしています。

 

最近のモンちゃん(チンパンジー舎にて)

 

ある意味、モンちゃんの人生は波乱万丈でした。

同じホオジロテナガザルに出会うことも長年ないまま、日本最後のホオジロテナガザルとなるかもしれません。

平川動物公園ではモンちゃんが最後まで少しでも幸せにくらせるよう、できる限りのことをしたいと考えています。

 

園長 福守

 

 

.
.