ホーム > 園長のおはなし > 「鹿児島ならでは」の生き物たち
平川動物園ズーブログ

「鹿児島ならでは」の生き物たち

鹿児島には多くの固有種(亜種)が生息しており、その一部を園内で見ることができます。今回はその中で二つご紹介します。

 

平川動物公園では4種類のシカを飼育しています。

この中で もっとも小柄なのがマゲシカです。これは鹿児島県の小さな無人島、馬毛島(まげしま)に生息するシカで、ニホンジカの亜種のひとつです。

 

マゲシカのオス

 

亜種とは、同じ動物種であっても、生息地域によって異なる体の大きさや毛の色などにより、さらに細かく区別するときに用いられる分類の仕方です。

例えば、ニホンジカは北海道にいるエゾシカなど、地域によって7つの亜種に分けられています。鹿児島県には県本土のキュウシュウジカ、屋久島のヤクシカ、そしてこのマゲシカと3亜種がくらしています。

 

マゲシカのメス

 

このマゲシカ、どこの動物園でもいるわけではありません。意外にも平川動物公園でしか飼育されていないのです。来園される多くの方々は

「シカだ! 次もシカ またシカ…」

と、あまり興味を示さないまま通り過ぎて行かれます。

実にもったいないですね。

ほかの動物園にはいない鹿児島ならではの動物なので、じっくり観てもらいたいものです。

 

平川動物公園は唯一の「マゲシカがいる動物園」

 

 

続いて、鹿児島県の県鳥であるルリカケスです。4カ月ほど展示が途絶えていましたが、11月22日に上野動物園から新たなペアが来園しました。

瑠璃色の羽毛が美しいですね!

 

 

ルリカケスは鹿児島県の奄美大島、加計呂麻島、請島、枝手久島だけに生息し、国の天然記念物に指定されています。平川動物公園では1982年に日本初の飼育下での繁殖に成功しています。

県の鳥でありながら、なかなか目にする機会がない鳥ではないでしょうか。新たな環境にも徐々に慣れてきたようです。

 

 

光の当たり具合で色合いが変化します

 

このほかにもエラブオオコウモリやヤクシマザルなど、「鹿児島ならでは」の動物たちがいますので、注目してみてはいかがでしょうか?

 

園長 福守

.

今年を振り返って…

みなさん、こんにちは!

今年もあと少しですね!

 

2021年は丑年(うしどし)です!

毎年年末は、干支の交代式を行っています。

今年の干支代表に1年を振り返ってもらい、来年の干支代表に来年の抱負を聞き、今年の干支から来年の干支へのバトンタッチをします。

今年は感染症対策のため、干支の交代式が平川動物公園の公式YouTubeにて配信になります!

平川動物公園には、「モーモー」と鳴く牛はいませんが、ウシの仲間がいます!

今年の干支、子年(ねずみどし)代表のモルモットから、バトンタッチを受ける丑年代表の動物は誰でしょう…?

年末にアップされる動画で、確認してみてください♪

 

子年代表のモルモットの今年の出来事には、初めての人工哺育がありました。

 

元気に育っています!

その様子は、来年またブログで紹介します♪

 

それでは、少し早いですが、皆さま良いお年をお迎えください☆

 

おまけ♪

コアラ館のクリスマスツリーに飾られているコアラたち。1つ1つヒツジの毛から作られています♪

 

タッチングコーナー担当:加藤

.

鹿児島フィールドレポート  霧島の夜はエキサイティング ムササビの滑空を目撃!

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、夜の霧島を探検したことについて紹介したいと思います。

 

霧島は、鹿児島県と宮崎県の境に位置する山々の総称で、最高峰の韓国岳(1700m)や高千穂峰(1574m)などの火山で構成されています。周辺には山々が連なり、広大で貴重な自然が残されており霧島錦江湾国立公園に指定されています。昼間はドライブやトレッキングなどで賑わっていますが、夜になると静寂な闇に包まれます。一方、夜行性の動物は暗闇を待っていたかのように活動を開始します。

 

まずは、霧島ではおなじみのキュウシュウジカが登場しました。落ち葉や枝がこすれる、ガサガサした音の方向に目を向けると、こちらを凝視しています。芝が生えている場所でエサを食べていたようです。ライトの明かりに警戒していましたが、ライトを消すと気にせずにエサを食べはじめました。翌朝には、見つけた場所にたくさんの糞が落ちていたので、長い時間滞在していたと思います。

ガサガサ音がする方向にシカがいました。いつみても美しく凛々しい姿です。

 

次に耳をすましながら木の上を丹念に探していきます。狙いはキュウシュウムササビ。耳をすます理由は鳴き声を聞くためです。「キョキョキョ」「ギ―」「グッグッ」などの声を頼りに探します。鳴き声が聞こえた方向をライトで照らすと、なにやら動く物体と不気味に光る眼が!ムササビです。

真ん中に光る二つの物体が!

正体はこちらのムササビです。ドングリなどの木の実や葉を食べて暮らしています。

 

器用に木を登り、キョロキョロしています。次の瞬間!座布団のような物体が目の前を通過していき、20メートルほど離れた木に飛び移りました。この後も何度か滑空する様子を見ることができました。この場所には3年ほど通い詰め、一晩中観察していますが、夕暮れ直後がもっとも活発に動いてよく鳴いています。静寂な森に妖怪のような鳴き声!?が響くのはちょっと不気味でしたが、彼らの生活を垣間見られたことに大満足でした。。

 

おそらく親子と思われる2頭。

 

飛翔する直前に、枝の先端近くに行くことが多いので、そのあたりにいたらチャンスです!

 

大きさ的にも、まさに空飛ぶ座布団です!

運よくムササビが見ることができればいいのですが、何度が観察場所に足を運んで下調べをしていました。下調べのポイントは、①食事の後を探すこと、②ねぐらにする巨木がある場所を探すことです。食事のあとは不自然に落ちた枝や、実が食べられたまつぼっくりを探します。ムササビの食痕は特徴的なので、エビフライのようなまつぼっくりを見つけられたら、そこで食事をしている可能性が高いです。

松ぼっくりを食べたあとは、このような感じになります。エビフライみたいじゃないですか?

次に巨木ですが、ムササビは木の洞をねぐらや巣穴にします。洞は巨木でないとありませんので、豊かな森を見つけることも重要です。ムササビが住む森は、それだけ森が豊かな証拠なのです。

巣穴から顔を出しています。巨木があることが、ムササビの生息に必要な条件になります…

 

ちなみに、当園のリスの森で暮らすムササビも、夜間に活動しています。夏に行う夜の動物園のイベント中には、タイミングがあえば滑空する姿を見ることができます!

鹿児島にお越しの際には、温泉も豊富な霧島錦江湾国立公園も堪能してみてくださいね。

.

意見箱より ③カバは なぜ分けて飼っているのか?

平川動物公園では2頭のカバがくらしています。それぞれ11歳のオスとメスで、名前は龍馬(長崎生まれ)とナナミ(神戸生まれ)です。

長崎生まれの龍馬(リョウマ)

 

カバについてのご意見でよくあるのは、

「なぜオスとメスを柵で分けて飼っているのか」
「せっかく仲がいいのに、一緒にしてあげないのはかわいそう」
「カバの赤ちゃんを見たい」

というものです。

2頭の間には柵が設けてあります

 

今のところ2頭を一緒にしていないのは、
・計画的に繁殖させるため
・今すぐ繁殖させる予定がない
からなのです。

カバは見てのとおり体が大きく、水中のくらしに適応した生き物です。たくさんの餌と水、広い飼育スペースが必要です。また、成獣になったオス同士はライバル関係となるので、同じスペースで飼うことはできません。
今の平川動物公園の施設では複数のオスを飼育することはできませんし、国内の多くの動物園は同じような状況です。

2頭の仲はいいんですが…

 

龍馬とナナミの間に子どもが生まれたら、しばらくは一緒に飼育することが可能です。しかし、近親繁殖を防ぐために、いずれは他の動物園へ送り出すことになります。現時点で新たにカバを受入れる予定がある動物園はありません。

「カバの赤ちゃんを見たい」という理由だけで繁殖させると、行き場のないカバになってしまう可能性があるので、それは避けたいところです。

 

子どもの頃のナナミ(2010.3.22 撮影)

 

もちろん、いつまでも2頭が若いわけではないので、次の世代を残してほしいという気持ちもあります。

他の動物園での飼育状況を考慮しつつ、繁殖に取り組む際には2頭のカバを同居させようと考えています。どうぞご理解いただきますようお願いします。

 

最後に、日本の動物園でくらすカバについて、もっと詳しく知りたい方のために2冊の本をご紹介します。

「だからカバの話」
宮嶋 康彦 著  朝日新聞出版

「カバの箱舟」
宮嶋 康彦 著  朝日新聞出版

著者が全国のカバ飼育園を訪問し、さらには生息地のアフリカまで入念に取材した上で書かれた、興味深い内容です。

園長 福守

.

ツルの季節

秋が深まってきました。
私は子どもの頃、鹿児島県の北部にある出水市に住んでいました。出水平野はツルの渡来地として知られています。通っていた米ノ津小学校では、隣の田んぼにツルの家族が飛んで来ることもありました。

教室からこんな光景を見ていました

 

肌寒くなって校庭のキンモクセイの花が香る頃、ツルの声がして空を見上げるとツルたちが列を成して飛んでいる、という光景が古い記憶として残っています。ですから、今でもキンモクセイの香りがすると、ツルの声を連想してしまいます。

園内にもキンモクセイがあります

いい香りがします

 

出水に最もたくさんやって来るのはナベヅルです。
県外からの観光客は、ツルと言えば白い羽毛に赤い頭のタンチョウをイメージしている方が多く、地味なナベヅルを見てガッカリすることもあるようです。
しかし、世界中のナベヅルの9割以上が出水に集まってこの数ですから、非常に希少なツルだと言えるでしょう。

地味な色のナベヅル

 

平川動物公園とナベヅルの縁は深く、前身の鴨池動物園の時代から飼育されてきました。その多くは出水でケガをしたツルが移送されたものです。
日本の動物園で初めてナベヅルの繁殖に成功したのは、平川動物公園です。

1982年に生まれたナベヅルのヒナ

 

現在飼育中のナベヅル「梅」も、ケガをして保護された後に平川動物公園に来ました。
今は1羽で暮らしていますが、将来的にはペアの相手としてオスを迎えられたらと思っています。

出水から専用の輸送箱に入れて運びました

 

ナベヅルの「梅」

 

 

平川動物公園は世界で15種いるツルの内、12種を展示しています。これだけ多くを一度に観られる動物園は国内では他にありません。

園内の「世界のツルゾーン」では順路に沿って「出水に毎年来るツル」「出水に時々来るツル」「出水に来たことがあるツル」「アジアのツル」「アフリカのツル」という順番で並んでいます。最初にいるナベヅルから最後にいるハゴロモヅルまで、よく見比べると様々な発見がありますよ。

園長 福守

.
.