ホーム > スタッフから > コアラの旅立ちと出会い ~繁殖に伴う移動について~
平川動物園ズーブログ

コアラの旅立ちと出会い ~繁殖に伴う移動について~

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。

今回のズーブログでは、6月に実施したコアラの搬出と搬入について紹介したいと思います。

 

毎年、国内コアラ飼育園館の担当者が集まり、繁殖や飼育について協議する会議が行われています。特にこの会議の中で重要になるのが、国内の繁殖計画に伴う個体の移動です。生まれた動物園で過ごし続けても、将来的に繁殖相手がいない(血縁関係がある個体ばかりになる)状態に陥ります。繁殖適齢期前に移動することで、移動先の環境に慣れた状態で余裕をもって取り組むことができます。貸出や借受は無償で行うことにしており、日本全体で飼育されているコアラたちを一つの群れとして考え、将来的に個体数の維持と良好な血統が保てるように配慮しています。

 

すべてのコアラで血統登録(戸籍のようなもの)がされています

 

昨年の会議で、おおよその移動個体が決まっていました。オスのソラを埼玉県こども自然動物園へ搬出し、愛知県の東山動植物園から、貸し出していたイシンの仔で、鹿児島市に所有権があるメスのつくしと、オスのタイチ(イシンと交換)を迎え入れることになりました。当園は移動前には17頭飼育していましたので、移動後は18頭になりました。

 

イシンの仔の「つくし」

新たな繁殖オスとして期待されるタイチ

つくしとタイチは飛行機を使用し輸送しました

 

東山動植物園へ貸出していたイシンは繁殖に成功し、非常にうれしい結果となりました。

それと17頭飼育していても、将来的に軸となるオスの高齢化と血縁関係が気になりだしていました。タイチが来てくれたことで、各段に繁殖が進めやすくなりました。

 

一方、埼玉県こども自然動物園に搬出したソラは、まだ2歳と若いですが、来年には性成熟を迎えます。上述した通り余裕を持って移動させることで、埼玉での生活に慣れ繁殖をスムーズに進めることができると考えています。

生まれたときから関わってきたソラが、当園からいなくなることは担当者として少し寂しい気持ちもありましたが、ソラとコアラたちの将来を考えると、ベストな選択だったと信じています。

 

こんなに小さかったソラが…

大きく成長しました!異母兄弟のイツキとも仲良しでした

短期間でしたが、3兄弟そろって展示もしていました!(左からイツキ、ソラ、ライト)

埼玉でも展示がはじまり、元気に暮らしているようです。多くのお客様に愛されるコアラになってくれることでしょう!

 

移動が一段落しましたが、次回の繁殖シーズンである年明けからのペアリングを検討する必要があります。当然ですが大事に育て、良い状態で管理をしていきたいと思います。

 

コアラたちがコアラらしく、生き生きとその姿を見せてくれるよう、バックアップに努めますので、ますます賑やかになったコアラ館へぜひお越しください。そして来年度のコアラたちの移動についても、そろそろ本格的に協議される時期がきます。緻密な計算のもと、繁殖に適したペア形成や優先順位などから、個体群の維持に向けて協議されることになります。

 

出会いと別れはうれしさと寂しさを伴いますが、すべては動物園の役割である「種の保存」に向けた動きです。

これからも日本のコアラが愛され続けていけるように、飼育園や担当者は日々知恵を絞り汗をかいていきたいと思います。

.

2回目の「園長とお散歩タイム」

開園50周年記念イベント「園長とお散歩タイム」の2回目を6月26日(日)に開催しました。

 

開催の2日前に新聞で紹介していただいたこともあり、予想を上回る方々から参加のご希望がありました。定員オーバーとなったために、10名様以上のご参加をお断りすることとなってしまいました。申し訳ありません。今後は定員の増員を検討してまいります。

一方では

「今ぐらいの人数(15名)だと会話をしながら見て回れるんだけどね…」

というご意見もあり、悩ましいところです。

いずれにせよ、このように参加を希望される方が毎月いらっしゃることは、大変ありがたく感じています。

 

今回は「野生のイヌ・ネコゾーン」を‘’お散歩‘’しました。

4月28日に5頭の仔が誕生し、一般公開が始まったばかりのシンリンオオカミの前にはすでに多くのお客様がいらっしゃったので、それ以外のご案内が中心となりました。

 

最初はオスのジャガー「ボスキ」を紹介しました。

超 至近距離からのボスキ

 

 

「ボスキが生まれたのは神戸市立王子動物園で、そこで名付けられました。ボスキとはポーランド語で『神聖な』『素晴らしい』の意です。お父さんのアトスはポーランドのワルシャワ動物園生まれだったことから、ポーランド語で名付けられたと聞いています。」

そんな話に続いて、ジャガーの生態、ヒョウとジャガーの違い、ヒョウ・ジャガー舎の特徴と工夫、等々をお話ししました。

 

その後もライオン、ベンガルヤマネコ、ヤブイヌ…と続きます。

 

先月の「アフリカの草原ゾーン」では時間配分を誤り、カバに到達する前に終了時間となってしまいましたが、今回は予定どおりトラ舎で終了することができました。

トラは後ずさりしながらプールに入ります

 

次回は「世界のサルゾーン」を7月31日(日)にご案内する予定です。

よろしければ、ぜひご参加ください!

園長 福守

.

アシカの赤ちゃんミコ part1

みなさんこんにちは!

肉食獣担当の伊藤です!

今回はアシカの赤ちゃんについて書いていきます!

 

 

5月16日にカリフォルニアアシカのミュウが1頭の赤ちゃんを出産しました。

名前は『ミコ』。ミュウは6年前にも出産しており今回が2回目の出産でした。

ミコの面倒をしっかり見ており、育児をする気満々といった様子でした。

 

洞穴の中のミュウとミコ

 

 

しかし私はその様子を不安な気持ちを抱えながら見ていました…。

というのも、6年前に生まれた『リコ』は10日間母親のミュウと暮らしていましたが、体調を崩しそこから人工哺育に切り替わったからです。ミュウから取り上げたときのリコは痩せていました。このことからミュウはあまり母乳が出ておらず、リコは母乳をほとんど飲めていなかったのではないかと予想されました。

6年前に生まれた『リコ』
その後人工哺育になる

 

現在、より高齢になったミュウ(6月23日で23歳になりました!)から母乳が出るようになるとは思えません。

しっかりと観察し場合によって人工哺育に切り替えることも視野に入れていました。

出産して2日目にミコがミュウの乳首に吸い付いているのを確認しました。

よし!授乳が確認できた!と少し安心しました。

しかしよく観察すると喉があまり動いておらず、ちゅぱちゅぱと吸う音が大きいことに気づきました。ちゃんと母乳を飲めている時はあまり音が鳴らないはずで、ちゅぱちゅぱと音が大きい時は液体を吸えておらず空気が入っていることが多いです。

んーこれは・・・。と思いましたが、吸われる刺激によって母乳がどんどん作られていくものなのでしばらく様子を見ることにしました。

 

ミコが乳首に吸い付いてる様子

 

4日目からミュウが魚を食べにプールに出てくるようになりました。これはチャンス!とその隙にミコを連れ出し体重測定を行いました。結果は7.05㎏でこの時期としてはまずまずの体重でした。この体重を基準にして経過をみることにしました。

 

ミュウがいない隙に体重測定。コンテナに入れて量ります。

 

5日目は6.9㎏、6日目は6.75㎏と徐々に減っていきこれは母乳が飲めていないと判断しました。人工哺育に切り替えることは簡単ですがなるべくミュウに育児をしてほしかったため、飼育係の方でミルクを与えられないかと試行錯誤してみました。

 

しかし思うようにミルクを飲んでくれず、体重は6.5㎏まで落ちてしまいました。

これはもう仕方ないとミコの命を優先するため人工哺育に切り替えることにしました。

 

ミコは人工哺育に切り替えた2日目には人工乳首に慣れ、哺乳瓶からミルクを飲んでくれるようになりました。1週間後には体重が7㎏まで増加し順調に成長していきました。

ミルクの味に慣らすためシリンジでミルクを口に流し入れます。

 

哺乳瓶からしっかり飲んでくれています

 

この後ミコがどうなっていくのか気になるところですが、長くなりそうなのでここまでを第1弾とさせていただきます。

続きを近いうちに更新する予定ですのでぜひチェックしてください!

 

 

ミルクのにおいが鼻の奥にずっと残っている肉食獣担当 伊藤

.

7月タッチングコーナーのお知らせ

みなさん、こんにちは!

6月からタッチングコーナーではモルモットのふれあいが始まりました♪

事前申し込み制という新しい形での再開ですが、多くの参加者の方に楽しんでもらっています!

 

1組ずつイスにご案内しています

 

新たなコンセプト『みんなでつくるタッチングコーナー』ということで、参加者の皆さま、そして来園者の方々にアンケートを書いてもらっています。

その中で特に多かった声が、「午前中もやってほしい!」でした!

「来園してからイベント開始までが長い」「ちょうど子どもがお昼寝の時間…」など多くの声をいただきました。

その結果を踏まえて、7月は

毎週水曜日(6日、13日、20日、27日)の11:30~と、

毎週木曜日(7日、14日、21日、28日)の13:30~に開催します!

どうぶつ学習館での事前申し込み制のため、参加を希望する方はどうぶつ学習館にお願いします!

モルモットのふれあいは、タッチングコーナーで行います!

 

パネルを見ながら、名前を見つけてもらいます♪

 

体もじっくり観察できます!

 

みんな興味津々です!

 

また、アンケート結果で多かった声が、「エサやりがしたい」「他の動物のふれあいがしたい」でした。

今回のモルモットのふれあいでは、衛生面、安全面、栄養管理の観点よりエサやりは行っていません。

他のイベントとして、今後検討していけたらと思います。

タッチングコーナーには、モルモットの他にウサギもいます。

ウサギのふれあいの新しい形を考えていきたいと思います。

アンケートのご協力、ありがとうございました!

 

モルモットのふれあいの詳細はホームページをご確認ください♪

タッチングコーナーで待ってます♪

 

タッチングコーナー担当:加藤

 

 

.

トカラウマのお散歩♪

みなさん、こんにちは!

今日はトカラウマのお散歩をご紹介します♪

 

コタロウ(手前)とカケル(奥)

 

トカラウマは、鹿児島県トカラ列島にいる在来馬で、鹿児島県の天然記念物です!

動物園では、ここ平川動物公園と上野動物園でしか見ることができない、貴重なウマです!

 

平川動物公園では、2頭のトカラウマを飼育しています。

コタロウもカケルも25歳以上になり、高齢になってきました。

(ウマの寿命は25年ほど、と言われています)

歳をとってくると、人間と同じように体力が低下していきます。

コタロウもカケルも、ゆっくり休んでいることが多くなってきました。

しかし、あまり運動をしないでいると、どんどん筋力が低下してしまいます…。

まだまだ食欲もあり元気なので、筋力を維持するために園内をお散歩することが日課になっています!

 

後ろに桜島が…!

 

カケルは後肢の調子がよくなく、身体も痩せています。

散歩に行くと、「足が痛そう」「かわいそう」といった声も聞かれます。

以前YouTubeにもアップされ、

YouTube「トカラウマについて」

園長のブログにもアップされました。

ブログ「意見箱より」⑤やせた動物がかわいそう

 

コタロウもカケルも、高齢ですが元気に暮らしています。

昔は散歩中も坂道を走ったり芝生を走ったりしていましたが、今はのんびり歩いています。

 

道草しながらのお散歩です♪

 

四季折々の景色を楽しみながら、他の動物たちの反応を楽しみながら、そして来園者の皆さまに温かく見守ってもらいながら、健康で長生きしてくれたらいいなぁ、と思っています。

 

アジサイが綺麗です♪

 

タッチングコーナー担当:加藤

 

 

.
.