ホーム > スタッフから > 鹿児島フィールドレポート ~出水ツルの越冬地 ラムサール条約湿地登録~
平川動物園ズーブログ

鹿児島フィールドレポート ~出水ツルの越冬地 ラムサール条約湿地登録~

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。鹿児島の冬の到来を感じる話題といえば、私は「ツルの飛来」です。そして、11月18日に「出水ツルの越冬地」が「国際的に重要な湿地を特定するための9つの基準」のうち、「定期的に2万羽以上の水鳥を支える湿地」など4つの条件を満たしていることから、国内で53番目となるラムサール条約湿地に登録されました。このような素晴らしい環境が県内にあることから、毎年観察に出向いています。

 

大きな体で飛翔する姿は非常に美しい光景です

 

2021年の初飛来は10月18日で第一陣としてナベヅルが17羽確認されました。12月にかけてナベヅル以外にもマナヅルやカナダヅルなど、近年では1万5000羽以上が越冬のためにやってきます。この越冬とは、繁殖期に過ごしていたシベリアや中国などから、冬の時期に採食や子育て、休養のためにやってくることです。鹿児島県出水平野は、世界的にも貴重な越冬地で、ナベヅルは世界中の9割近くの羽数が出水平野で過ごします。

 

ナベヅルの家族
民家の近くでも普通に暮らしています

 

観察に出向いたのが、昨年の10月中旬でまだ3000羽程度しか飛来していませんでした。しかしながら、干拓地の田んぼには大きなツルの姿と甲高い鳴き声が響いています。この鳴き声を聞くと「冬がくるな~」と感じてしまいます。ほとんどはナベヅルとマナヅルですが、違う種類のツルも時折飛来します。カナダヅルやクロヅルはおなじみの毎年の少数飛来のツルですが、今年はソデグロヅルが9年ぶりにやってきました。

 

真ん中の白いのがソデグロヅル

 

一目でいいから、野生のソデグロヅを見てみたい! たくさんいるツルから見つけることが出来るだろうか?という気持ちで探しはじめました。しばらくあたりを見回して移動していると、数台の車が列をなして止まっていました。その先にはツルの群れがいたので、双眼鏡で見てみると、遠くの草陰に大きな白い鳥を発見しました。「ん?ダイサギ(通名はシラサギ)」と思ったのですが、よーく見てみると、お目当てのソデグロヅルではないですか!

他のツルに比べて、明らかに大きく、白さが際立っています。種類が違うマナヅルと行動を共にしているようで、違和感なくエサを食べてくつろいでいる様子でした。

 

どこがソデグロかというと…

翼の先端に黒い羽があります。羽を広げないとほとんど見えません

 

今シーズンの羽数調査では、1万6840羽が確認されており、25季連続の「1万羽以上」が飛来してきたことになります。たくさん来てくれることは喜ばしいことですが、ものすごい数のツルが限られた場所で過ごすことには、リスクも付きまといます。そのひとつが感染症などの蔓延です。近年では鳥インフルエンザの発生が確認されており、越冬地の分散化への取り組みも行われています。なかなか一筋縄ではいきませんが、ラムサール条約にも登録され、ますます注目される「出水のツル」たちが安全安心で過ごしていける環境づくりに、動物園としても情報発信等に取り組んでいきたいと思います。

 

地元の方の協力により、田んぼなどが休息地として提供されています。

.

2022年、今年もよろしくお願いします!

2022年が始まり、半月が過ぎました。

あらためまして今年もよろしくお願いいたします。

 

平川動物公園は年末年始(12/29~1/1)に4日間休園していました。この期間、お客様をお迎えすることはありませんでしたが、動物たち、飼育スタッフはいつもどおりの毎日でした。

穏やかな元旦の朝

 

新年から元気なチンパンジー親子

 

2頭のゾウもいつもどおりのお正月

 

年明けは1月2日から開園しました。

さっそく、多くの方々にご来園いただきました。ありがたいことです。

門松は当園スタッフの力作です

 

今年は寅年ということで、トラに関連するイベントが行われました。

トラの飼育担当者によるガイドは、クイズに答えながらトラについて楽しく学べる内容でした。参加してくださいました皆さま、ありがとうございました。

感染対策をしながらイベントを実施

 

ベンガルトラの展示場では、いつもに増してスマートフォンやカメラで撮影される方が多かったようです。

寅年で大人気! ベンガルトラの「ベル」

 

「トラ」と名前に付くのはベンガルトラだけではありません。

オオトラツグミも「トラ」が付いています。

一見地味ですが、奄美大島にしか生息していない貴重な鳥で、天然記念物に指定されています。平川動物公園だけで展示されています。

オオトラツグミは学習館で展示中

 

ところで、1972年10月14日に開園した平川動物公園は今年で開園50周年を迎えます。

長い歴史の中で培われた良いものは引き継ぎつつ、時代に合わせて変えるべきところは変え、いつ来ても新たな発見がある動物園でありたいと考えています。

「50th」の文字が。

 

今の時代、世界中の動物園において、特に取り組むべきことは「保全」と「動物福祉」と言われています。

保全とは動物たちを守り育て増やし、将来にわたって維持すること、動物福祉とは科学的観点から動物たちの幸せで豊かな暮らしに配慮することです。

それを支えるのは動物に関する新たな知見を解明し蓄積する「調査研究」です。

また、「保全」「動物福祉」「調査研究」をまるごと正しく伝える「教育普及」「普及啓発」「情報発信」も欠かせません。

 

何か難しいことのように感じますが、元旦にアップされたスタッフによる「ひらかわズーブログ」

https://hirakawazoo.jp/zooblog/staff/8831

には分かりやすい具体例が示されています。

 

人の手で育てられた「ヨカゼ」

 

3回にわたるブログの内容をかいつまんで言うと

 

・希少動物であるワオキツネザルの繁殖に成功した

・母親は初産でうまく育児できなかった

・人が代わってミルクを与え育てることにした

・そのままでは将来的にワオキツネザルとしての社会生活に支障が出る

・一生を孤独に過ごすより群れでの暮らしを実現させるべき

・幼い時から群れへの復帰を目指し試行錯誤した

・最終的には群れで暮らせるようになった

 

ということになります。

 

 

ここには希少種の繁殖に取り組む「保全」と、群れでの社会生活を実現させる「動物福祉」が実践されています。

一連のことをブログにより「情報発信」し、それによる「普及啓発」が成されています。(取材があり新聞にも掲載していただきました)

 

これらの取り組みを動物園関係者の技術者研究会で発表すべく、飼育担当者は準備を進めています。まさに動物園における「調査研究」の一例と言えます。

 

「キツネザルの島」に復帰できたヨカゼ

 

今年も平川動物公園では「おもしろい」「かわいい」だけでなく、その先にあるものを分かりやすくお伝えできるよう努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

園長 福守

.

ワオキツネザルの人工哺育③ 完!

お久しぶりです!

ワオキツネザル担当の松本です!

今回は、今まで①・②とお話ししてきたワオキツネザルの人工哺育③完!となります。

最近のヨカゼ

 

前回の記事では、ワオキツネザル島で同居の練習をしていますとお話ししましたが、あの後も島での練習を続けていました。

初めの頃はペアの担当者と二人体制で監視を行い、池へ転落した場合や他の個体から攻撃を受けた際、すぐに助けられるよう獣舎の中でスタンバイしていました。

初めは5分~10分程度の練習でしたが、「何かあったらどうしよう」と不安で時間が長く感じたことをおぼえています。

10分~20分、20分~30と少しずつ島にいる時間を長くしていきました。ヨカゼも初めての環境に驚いていたと思いますが、慣れようと頑張ってくれていたと思います。動物の環境に適応する力は凄いなと改めて気づきました。

 

同居練習中落ち着かない様子

 

練習を重ねるうちに、ヨカゼや私自身も慣れてきたので観察する時間を30分に一度、1時間に一度と間隔を長くしていきました。そこからは午前中・午後に一度と順調に進んでいきました。

お昼休憩を終えた後、ヨカゼの姿が見あたらず何度も獣舎に走ったことを思い出します。(裏側にいってしまい見えなくなっていただけなのですが・・・)このような段階を経て、1日中 島で暮らせるようになりました。

 

少し落ち着いてきたころ

 

ここからは、ヨカゼ自身が他の個体と少しずつ馴染み、群れの仲間入りができるかどうかでした。夜間は部屋の中で一緒に暮らしていましたが、エサをなかなか食べにいけなかったり島内でも1頭で過ごす姿が多くありました。

それでも、私たち人と一緒にいたり慣れさせてしまうと群れの仲間として暮らしていけなくなります。なので心の中で「がんばれ!」と思いながら見守りました。

すると、島で暮らすうちにヨカゼが他の個体に近づいたり大人たちが匂いをかぎにきたり、少しずつ群れに馴染む姿が増えてきました。エサもなかなか食べにこられませんでしたが、大人たちと一緒に食べる姿が増えていきました。

 

左 ヨカゼ 右 クロ

 

その後も、仲の良い個体と一緒にいたり木を駆け登ってみたり、徐々にワオキツネザルらしい姿になっていきました。群れで暮らすうちにワオキツネザルとして必要なことを覚えていったようです。

 

木から覗いています

 

最近では太陽に向かって日光浴をする姿や、他の個体を毛づくろいしてみたり、獣舎の上でうたた寝してみたりと、ずいぶん馴染んでいるようです。エサを食べにくるのも一番乗りです。他の個体に「キッキッ」と威嚇したりする姿も・・・。ワオキツネザルとして過ごす姿を見るたびに、嬉しい気持ちになります。

 

獣舎の上で日光浴

 

私自身、人工哺育が初めての経験だったので手探りの状態から始まりました。先輩職員の方にアドバイスを頂いたり過去の記録を探したり、不安な気持ちの方が大きかったように思います。

しかし、ヨカゼの生きようとする力や成長を見ているうちに「絶対群れに返すぞ!」という気持ちに変化していきました。この人工哺育を通して、飼育員として学ぶことやたくさんの経験をし、改めて動物の生きようとする力は凄いなと感じています。

 

生後2日目

少し大きくなったころ

 

この先、ヨカゼが大人になり順位争いをしたり、出産や子育てをする日がくるかもしれません。どんなときも健やかに暮らしてくれたらなと思います。

 

同居練習に向かっているとき

 

また、私一人で人工哺育を行ってきたわけではありません。担当ペアや班の方、獣医さんなど多くの方にお手伝いいただきました。本当に感謝しています。

ヨカゼや島のワオキツネザルたちもありがとう!

 

はじめてのスイカ

はじめての柿

 

そして、最後までブログをご覧頂いたみなさまもありがとうございました!これからもワオキツネザルたちが、健やかに暮らせるよう飼育員として取り組みSNSやブログでも発信していきます!

 

最近は寒くなってきたので、お身体にお気をつけください!

 

 

.

鹿児島フィールドレポート ~ 圧巻のダイブ! カツオドリの観察シーズン到来 ~

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。日に日に寒さが増し、野生生物の観察にも厳しい季節がやってきました。しかし、四季を通して観察できる生き物や生態も様々です。この時期に特にエキサイトするのが、カツオドリの観察です。

 

スマートなフォルムが特徴のカツオドリ

 

平川動物公園からほど近い港は、一年を通じてカツオドリが観察できます。夏場はかなり数が少なく、見られない日もありますが、秋から冬にかけては数羽から数十羽の個体を見ることができます。特に港内に入ってきた小魚を捕食するために、上空から飛び込む姿は圧巻で、時間を忘れて観察してしまいます。

 

飛び込む瞬間は、急激に向きを変えて水面へ一直線!

 

 

水面近くで羽を畳んで、スリムなボディへ変身!

 

同じ鳥なのか?と見間違うほどの変わりぶりです

 

小魚の動き次第では、岸壁近くでも観察することができ、頭上数メートルを通過していくこともあります。ここ数年は、護岸工事等の影響なのか100羽近くの大群を見る機会がほとんどなくなりました。エサの小魚の動向により、カツオドリの居場所も変わるので、何かしら影響があったのでしょう。

 

上空を旋回する際は、常に水面を見て、獲物を探しています

 

ただ、今まであまり見なかったすぐ近くの入江でも、最近では採食している様子が観察できているので、錦江湾全体で日々移動しながら採食していると思います。

 

個体識別も試みていますが、なかなか難しいです…

 

60万都市の鹿児島でカツオドリが乱舞する姿が見られることは、とてもすごいことです。いつまでもこの光景が続くように、観察と記録をとっていきたいと思います。

 

シンボルである桜島をバックに、いつまでもこのような光景が見れますように!

 

.

コアラの子育て

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の村上です。

今回のズーブログでは、コアラの子育てについてお話ししたいと思います。

 

当園では今年も2頭の子供がお目見えしました。

ヒマワリの仔

イトの仔

 

コアラは産まれたあと半年ほど袋の中で過ごします。この状態の子供をのう児と言います。

産まれた直後は1円玉程と小さく、総排泄口から袋まで自分の力で向かいます。

コアラのベテラン担当者でも産まれた直後の姿を見ることは稀で、私もまだ見たことはありません。

産まれて2.3ヶ月すると袋の中の嚢児が動いているのが分かるようになり、4.5ヶ月すると袋が大きく膨らんできます。

イトのお腹の膨らみ

 

ヒマワリの仔は9月25日、イトの仔は11月6日に出袋(袋の外に全身がでること)が確認できました。超未熟児で生まれた赤ちゃんが無事に成長し出袋できたことを考えると母親の努力と赤ちゃんのたくましさには感慨深いものがあります。

仔は母親からパップと呼ばれるユーカリの消化物を与えられ、ユーカリを消化できるようになると言われています。

イトの仔の口にはパップを食べた後があります

 

順調に成長してくると母親と一緒に少しずつユーカリを食べ始めます。

ヒマワリの仔がユーカリを食べ始めました!

コアラ担当になって初めてコアラの子育てを間近で見ることができました。

日々成長している仔を見ていると微笑ましく優しい気持ちになります。

どうか順調に育ってほしいと願いながら飼育しています。

 

夏のユーカリ採取を考えると今からゾッとしているコアラ担当者:村上

.
.