ホーム > 飼育員の日記 > ホワイトタイガーのこどもnow(4/23)
平川動物園ズーブログ

ホワイトタイガーのこどもnow(4/23)

 

今では、肉を与える時に、鶏頭や、鳥の骨だけから、カルシウムを摂取するのでは足りないので馬肉に炭酸カルシウムの粉末を1~2g程度ふりかけて与え、ミルクの回数も朝のミルクをやめて昼のミルクだけにして、肉の量を増やし、1日2食にかえています。3月11日の体重が♂が20.27kgで♀が17.59kgなりました。




飼育員とホワイトタイガーのこども

飼育員とホワイトタイガーのこども



3月20日ついに、二頭の名前を決めるための選定委員会が開かれ、公募数約7000通の中から♂が「ガク」、♀が「コユキ」に決まり、24日に命名してくれた代表の方を招待して命名式を行いました。



コユキ(左)とガク(右)

コユキ(左)とガク(右)



日中の二頭は、仲良くじゃれたり木の枝を咥えたり、水遊びや追いかけっこなどして遊んでいます。排尿は今まで自分でできていたので大丈夫!排便が2月は、まだ自分でできなかったのですが、3月になると二頭はトイレを見つけてその中で排便できるようになりました。そのトイレは、動物病院から展示場までの移動中の車の中です。適度の揺れと狭いスペースが気持ちよかったみたいです。おかげで狭い車の中は2日に一度‥‥‥(>_<)。便が出れば体重も少し減り食べれば増えの繰り返しで日に日に大きくなっています。



元気に走り回っています!

元気に走り回っています!



3月30日、ついに二頭はトラ舎での生活が始まりました。26日にトラ舎に間借りしていたライオン二頭を、新しい獣舎に移動して、部屋を消毒して入室してもらいました。入室も、13時まで展示した後に、シュート(動物が移動する通路で、寝室と展示場をつなぐ通路で扉有り)内を移動してもらおうと思いました。さすが動物(トラ)こちらが考えている事が解るのか、雰囲気を解るのか腰を低くして警戒し入ろうとしません!一頭ずつ捕まえてシュートを通り部屋に入れました。夕方のご飯もほとんど食べずに一夜を過ごしました。朝、点検にいくと今まで以上に「クス,クス」と、いつも以上に喉を鳴らし近寄って甘えてきました。よほど怖かったのか一緒に入っても足元にすりすりと甘えてくるばかりで、今までのように甘噛みもできないくらいに疲れていましたが、日が経つにつれて餌も食べるようになってきました。しかし、相変わらずシュートの出入りは苦手のようで、一緒にシュートに入り出入りを教えています。

只今の体重は♂が27㎏以上で♀が25㎏以上と思われます。


やむをえず・・・

やむをえず・・・



.
.