ホーム > 園長のおはなし > 動物講座が始まりました!
平川動物園ズーブログ

動物講座が始まりました!

12月15日、今年度も「平川動物公園 動物講座」が始まりました。

動物講座とは月に1回、4回シリーズで園のスタッフが動物や動物園についてお話をするものです。早いもので最初に開催してから11年目となりました。

 

オランウータン尽くしの第1回目でした

 

初回は2題の講演があり、私も担当しました。演題は「平川動物公園の歴史をたどる」です。

以前のこの講座では、前園長も歴史についてお話ししていました。1916年(大正5年)に開園した前身の鴨池動物園時代から平川動物公園の現在までについてです。

 

毎年参加されている方々もいらっしゃいますので、同じような内容では面白くないかな…と思い、私は長い歴史の中でもテーマを絞って狭く、深く、掘り下げることとしました。

昨年は開園前後のキリンについてでした。

今回はオランウータンの飼育の歴史に焦点を当てました。

 

鴨池動物園に来園し、平川への引越しを経験したピック

 

1964年(昭和39年)にやって来たオランウータンのピックは、鹿児島出身の船員さんがインドネシアに寄港した際、親しくなった方から譲り受けたものを鴨池動物園に寄贈しました。

希少野生動植物の取引が厳しく制限される前の時代だからできたことで、今ではそのようなことは不可能です。

それよりもずっと前、1916年にも「日本で唯一」のオランウータンが鴨池動物園にいたという記録が残っています。その頃はオランウータンではなく「猩々(しょうじょう)」と記載されています。

 

45年前の園内を歩くオランウータンの「モン」

特定動物に関する法的な規制が厳しくなる前、大らかな時代に撮影された写真も多数ご紹介しました。

 

続いての講演はオランウータン担当の永峰主査による「オランウータンは森のヒト」です。

現在飼育しているポピーのこと、オランウータンが生息するボルネオ島とスマトラ島の熱帯雨林が急速に消失していること、その原因は私たちの生活とも深い関わりがあることについて話がありました。

永峰主査による講演

 

講演の中では一部「SDGsデジタル絵本」を用いてお話がありました。

これは静岡大学教育学部田宮教授が作成され、静岡市立日本平動物園を通じてデータをいただいたものです。オランウータンを題材としたデジタル絵本です。

オランウータンの生息地で今起きていることが分かりやすく理解できる内容になっています。

田宮教授に動物講座のことをこちらのサイトで紹介していただきました。

https://knotworklab.com/activity/2021/1119/

 

来月の平川動物公園動物講座は、令和4年1月19日(水)10時~12時に開催されます。当日の参加もできますので、詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

https://hirakawazoo.jp/event_top/34494

 

動物園は子ども達だけのものではありません。

大人の方にとって動物園が生涯学習の場となるために、平川動物公園では様々な取り組みをしています。よろしければ次回の平川動物公園動物講座に参加してみませんか?

 

園長 福守

 

 

.

穴掘り修行中!?

こんにちは!

肉食獣担当の伊藤です!

今回はヤブイヌの穴掘りについて書いていきます!

 

ヤブイヌは南米に生息するイヌの仲間で、大きさはイエイヌの小型犬くらいです。

地面に穴を掘って巣を作る習性があり、穴掘りが大好きです。

 

 

 

穴を掘るサキョウ

 

しかし当園で飼育しているヤブイヌで穴掘りをするのはオスのサキョウだけでした。

メスのマドカは穴掘りをしません。

 

ヤブイヌは長い爪を持っており、これが穴掘る時に役に立ちます。

 

サキョウは爪が短くなっています。よく穴を掘っている証拠ですね。

 

サキョウの前肢の爪に注目!

 

 

 

マドカの爪はどうでしょうか。

長い爪を持っているとはいえ少し長すぎますね。

マドカの前肢の爪に注目!長い!

 

 

マドカにはぜひ穴を掘ってもらい自分で爪を短くしてもらいたいと思っていました。

 

マドカの穴掘り行動がなかなか発現しない中、前々回のブログで紹介した同居が始まりました。

同居を初めて数日後、サキョウの穴掘りに刺激を受けたのかマドカも穴掘りをするようになったのです!

真似をしているのか、オスとの同居による刺激から巣を作ろうとしているのかわかりませんがとにかく良かった!(こちらは穴を埋め直すのが大変なのですが・・・。)

 

穴を掘るマドカ

 

 

同居がお互いの良い刺激になっているようです。

穴掘り行動が確認できたのが最近のことなのでまだマドカの爪は長いですが、このまま続けて爪が短くなったらいいなと思っています。

 

肉食獣担当 伊藤

.

秋なのにサンタさん。 それは...。

それは、10月のある日の事です。出勤してみると机の上に何やらリボンのついた青い袋が載っていました。

 

青い袋が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開けてみると、たくさんのドングリ。なんでも、南さつま市高橋保育園の園児さん達が持ってきてくれたそうです。ありがとうございます。
 さっそく季節外れのサンタさんになり、クマ舎へプレゼントを運びます。

クマ舎へ運びます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平川動物公園のクマたちは、普段はパン、煮たさつま芋、リンゴ、小松菜、人参、イリコなどを食べています。今日は、いつものメニューに加えて園児さんからもらったドングリも食べてもらいました。

寝室に準備した今日のメニューはこちら。

今日のメニュー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べているのは、ニホンツキノワグマのオス、イツキです。

ボリボリムシャムシャといい音が聞こえてきます。

ボリボリムシャムシャ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝、イツキの寝室をのぞいてみると、昨夜食べたドングリの殻が床中に散乱していました。

殻だけが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、ヒグマのメス、ナズナは、ドングリを殻ごと食べていましたよ。

 

なお、野生のクマは、秋にたくさんの餌を食べます。冬になると自然の中で採れる餌が少なくなるためです。でも、動物園のクマ達は、毎日ご飯を食べられるのでどの季節も同じくらいの餌の量で大丈夫。冬眠もしません。いただいたドングリは、一度にたくさんあげると太ってしまうので、毎日少しずつあげていきたいと思います。

最後になりますが、ドングリを集めてくれた子ども達と先生方、大きくてきれいなドングリをプレゼントしていただきありがとうございました。動物たちに秋を感じてもらいたいため、栗、ブドウ、ナシなど季節物も少しですが与えてみたり、自分でも仕事の合間を使って動物公園内のドングリを集めていますが、少ししか収穫できずクマたちに申し訳なく思っていたところでしたので、大変助かりました。クマたち喜んで食べていますよ。また、遊びに来てくださいね。

クマ担当:日髙

ありがとうございました!

.

プリプリ*ヤブイヌ「マドカ」の肛門腺絞り!

みなさんこんにちは!

肉食獣担当の伊藤です!

 

今回のブログはヤブイヌのマドカの肛門腺絞りについてご紹介します!

 

肛門腺って聞いたことはありますか?

お家でイヌやネコを飼っている方は知っているかもしれませんが軽く説明します。

肛門腺とは肛門の左右にある強い臭いのする分泌物が入っている袋の事をいいます。

通常ではウンチをする際に肛門腺が圧迫され、ウンチと一緒に分泌物が排泄されます。

この強い臭いがウンチと一緒に出ることでマーキングをする際に役に立ちます。

 

ペットとして飼われているイヌにみられる症状で肛門腺が詰まってしまい分泌物が出てこないというものがあります。

上手く出せないのに分泌物はどんどん溜まってしまうので、気持ち悪いのか痒いのかわかりませんが、お尻を執拗に舐めたり噛んだりしてしまいます。

こういう時は動物病院にいって獣医さんに肛門腺を絞ってもらいます。

 

ここまで読んでいただいたらなんとなくわかるかと思います。

そう、ヤブイヌのマドカも同じ症状が出てしまいました。

 

ある日マドカのお尻辺りに傷ができているのを発見しました。

 

お尻の傷

 

深い傷だったので麻酔をかけて検査を行いました。

しっかり傷口を確認すると自傷のような傷だったため、お尻周りの傷ということもあり肛門腺を疑い絞ってみました。

すると分泌物が出るわ出るわ!

絞っても絞っても出てくる分泌物に驚き、これだけ溜まっていたのに気付けず申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 

マドカが肛門腺から分泌物を出しづらい個体だとわかり、これから定期的に肛門腺絞りをしなくてはいけません。 

ペットのイヌであればある程度のことであれば押さえつけなくても、暴れる子も少し保定をすれば処置が可能です。

しかし、ヤブイヌは家畜ではなく野生動物です。体は小さいですが肉食動物であり、噛まれれば大きな怪我に繋がります。

治療をするには麻酔をかけるしかないですが、肛門腺を絞るために毎回麻酔をかけるのはマドカの体にすごく負担がかかってしまいます。

ではどうしたら良いのか。

自分が出した答えはハズバンダリートレーニングです。

 

ハズバンダリートレーニングとは健康管理をするためのトレーニングです。

檻越にこちらの指示に従ってもらい、上手にできたらご飯がもらえるという方法で、動物に嫌な思いをあまりさせずに治療やケアをすることができます。

 

流れとしては、まずターゲットという目印を使ってマドカに格子に対して平行に立ってもらいます。

この姿勢ができたら、次にお尻周りを触られる刺激に慣れてもらいます。

徐々に肛門の近くを触っていき刺激に慣れてきたら、絞るために肛門を押す刺激に慣れてもらいます。

ここまでできたら完成です。簡単に書きましたが少しでも嫌になるとできなくなってしまうので焦りは禁物です!

 

ターゲットとして作成したもの。
格子のどこにでも引っ掛けられる。

 

マドカは以前からトレーニングを行っていたので、格子に対して平行に立ち、体を触られることには慣れていました。肛門への刺激に慣れてもらうだけだったので、肛門腺絞りをするのもそんなに時間はかかりませんでした。

 

平行に立つマドカ。
耳掃除やブラッシングもこの姿勢で行います。

 

手袋をつけないと手がすごく臭くなります。

 

できるようになってからは週に1~3回程肛門腺絞りを行い、今ではお尻を気にすることがなくなりました!

トレーニングの成果が出たのだと思います!

 

開口トレーニング。
他にもエコートレーニングなども練習中

 

マドカは他にも色々な問題を抱えていますが(後々紹介できればと思っています)これらの問題を上手くカバーしながら平川での生活を謳歌してもらいたいです!

 

長文になってしまいました。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

これからもヤブイヌ舎のプリプリ*プリンセスマドカをどうぞよろしくお願いします!

.

シカの秋 (後編)

シカの秋(前編)では、シカの角のお話をしました。

秋のシカと言えば、声にも特徴があります。

オスは繁殖期特有の声を出してメスにアピールします。

 

そんなことを言うと、

「何て鳴くの?」

と尋ねられて、困ることがしばしばありました。

「文字で表せば何だろう?」

と考えた末に動画投稿サイトで検索してみました。

すると、オスのシカの声を

「フィーヨ~ン」

と表現している投稿者がいました。

なるほど、そんな感じです。

マゲシカのメス

 

小倉百人一首に

「奥山に紅葉踏みわけ鳴く鹿の声聞く時ぞ秋は悲しき」

という猿丸太夫の句があります。現代語訳としては

「山奥に紅葉を踏み分けて歩いていくと、哀しげな鹿の声が聞こえてきた。この秋の寂しさが、いっそう感じられることだ。」

ということになりますが、紅葉を踏み分け歩くのが人なのかシカなのかは解釈が分かれるようです。

 

角を突き合わせて戦うオスのマゲシカ

 

オスのシカたちにとって秋は繁殖期であり、自分の存在をアピールしつつメスをめぐってライバルと戦う日々なので、実際には「秋は哀しい」なんて言ってられないようです。

そんなシカを観察しつつ、深まりゆく秋を平川動物公園ですごしてみてはいかがでしょうか。

 

園長 福守

.
.