ホーム > スタッフから > 鹿児島フィールドレポート ~霧島えびの高原のシカたち~
平川動物園ズーブログ

鹿児島フィールドレポート ~霧島えびの高原のシカたち~

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回は動物公園を飛び出し、鹿児島が誇る自然や生き物を紹介したいと思います。今回紹介するのは、霧島えびの高原に生息するキュウシュウジカについてです。

メスジカの群れが警戒して、こちらをうかがっています

メスジカの群れが警戒して、こちらをうかがっています

紅葉で色づく秋のえびの高原は、キュウシュウジカの繁殖シーズンを迎えています。散策路を歩いていると、「ヒューヒュー」という高い鳴き声が聞こえてくることがあります。この鳴き声の正体は、オスジカが自分のいる場所をメスやその他のオスに知らせるための鳴き声で「ラッティングコール」と呼ばれているものです。成熟したオスは繁殖期である秋に、多くのメスと交尾をするために他のオスとの闘争を繰り返します。

立派な角を持ったオスジカ!貫禄十分です

立派な角を持ったオスジカ!貫禄十分です

闘争の際に使われるのが角です。オスのみが角を持ち、毎年抜け落ちては生え変わることを繰り返します。闘争時はお互いに向き合い、角を突き合わせ力比べをします。

角とぎをして縄張りのマーキングをしています

角とぎをして縄張りのマーキングをしています

 

この闘争のシーンはなかなかフィールドではお目にかかれません。しかし、動物公園では間近で闘争の様子を観察することができます。

真剣な闘争が間近で行われていますよ!

真剣な闘争が間近で行われていますよ!

 

この時期限定のシカの闘争は、見ていてとても緊張しますし、オスジカたちの生き様を感じとることができます。是非、動物公園でシカたちに繰り広げられるドラマを見に来てくださいね!

 

そして山歩きが得意な方は、霧島えびの高原にも足を延ばしてみてください。鹿児島が誇る野生のキュウシュウジカに会えるかもしれませんよ!

 

 

.
.