ホーム > スタッフから > 百花繚乱にはもう一歩!インドクジャクの羽事情
平川動物園ズーブログ

百花繚乱にはもう一歩!インドクジャクの羽事情

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回はインドクジャクの羽について紹介します。

インドの森にて展示しているインドクジャクですが、最近掃除やエサやりをしている時に、しばしばお客様から同じ質問を受けます。

「羽はいつ開くのですか?」

これぞ!ザ・クジャクなイメージですが…

これぞ!ザ・クジャクなイメージですが…

 

ちなみにメスはこんな感じで長い羽はありません

ちなみにメスはこんな感じで長い羽はありません

この質問を受けるとちょっと心苦しくなります。なぜなら、秋の時期はほとんど開かないからです。

 

そもそも、クジャクが羽を広げる理由は、繁殖期にオスがメスに求愛する際に大きく羽を広げ自分をアピールするためです。つまり「オレ、かっこいいだろ!イケてるだろ!嫁になってくれ!」みたいなことを、大きく広げた羽と鳴き声でアピールしているのです。

こんな綺麗な姿でせまられるとドキドキします!?

こんな綺麗な姿でせまられるとドキドキします!?

 

繁殖期は春先~夏前までの期間で、ピークは4~6月です。この期間のオスはどこらかしこで羽を大きく広げ、まさに百花繚乱の美しさです。
ということで、繁殖期を終えた今の時期には広げることはほとんどありませんし、綺麗な羽も全て抜け落ちてしまい、来年の繁殖期に向けて少しずつ伸びてきている段階です。

 

羽は短いですが、来年の繁殖期に向けて虎視眈々と?羽を伸ばしているオスたちもこの時期ならではの姿をしていますし、一年という短いサイクルで姿を変えることも、とても魅力的だと感じます。

羽が短い秋のオスクジャク これでも十分自然の造形美を感じさせてくれる美しさです!

羽が短い秋のオスクジャク
これでも十分自然の造形美を感じさせてくれる美しさです!

期間限定で羽は長くありませんが、十分美しいインドクジャクに是非会いに来てくださいね!

 

.
.