ホーム > スタッフから > シーズン到来!フンボルトペンギンのお散歩タイムがはじまりました
平川動物園ズーブログ

シーズン到来!フンボルトペンギンのお散歩タイムがはじまりました

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、冬から春にかけて実施しています「ペンギンのお散歩タイム」について紹介します。

多いときは10羽以上のペンギンがお散歩します

多いときは10羽以上のペンギンがお散歩します

 

このお散歩イベントですが、とても好評をいただいているイベントで、柵もガラスもない目の前を、トコトコと歩いている姿をご覧いただけます。距離が近いため、ペンギンの息吹や匂いを感じることができます。しかしこのイベント、ただお客様に楽しんでいただこうと思って、行っているわけではありません!実はペンギンたちにもちゃんとしたメリットがあるイベントなのです。どのようなメリットがあるのかというと…

 

病気対策と運動不足解消

フンボルトペンギンの生息地は南米のペルーやチリになります。この地域の沿岸部は比較的暖かく、日本の冬は本種にとって、ちょっと寒いようです。ペンギンたちが寒いと感じるといろいろと弊害が出てきます。同じ姿勢で動かなくなり、運動不足になる。そして足裏への刺激が減少し、足裏の皮膚が魚の目状に角質化することがあります。そうなると感染症などの病気が心配になります。事実、よく歩いているペンギンは上述した症状が悪化した「趾瘤症(しりゅうしょう)」という病気にはかかりにくい気がします。

足裏の皮膚の一部が角質化している趾瘤症(しりゅうしょう) こうならないように飼育管理することが重要です!

足裏の皮膚の一部が角質化している趾瘤症(しりゅうしょう)
こうならないように飼育管理することが重要です!

  

展示場以外での刺激のある生活を提供

限られた広さの展示場では、日々の生活の中での刺激が少ないのが現状です。しかし、お散歩をすると様々な刺激と巡り合えます。往復約300mの道中では、立ち止まって周りを観察する様子や、枝や落ち葉を巣材用に運ぶ姿も見ることができます。ペンギンたちの健康のために実施し始めたイベントですが、普段とは異なる環境に興味津々で、お散歩することで、環境エンリッチメント(動物の福祉と健康を改善するために、飼育環境に対して行われる工夫)の一助にもなっています。

 

興味津々にお散歩します!

興味津々にお散歩します!

 

さて、このイベントの実施日時は下記のとおりです。 

1月:毎週、日、月、火曜日、祝日

2月:毎週、日、火、水曜日、祝日

3月:毎週、木、金、土曜日、祝日

4月:毎週、金、土、日曜日、祝日

開催時間:14時30分より(約10分)

開催場所:ペンギン舎前からゾウ舎前足湯広場までをお散歩します

※体調や天候等によりご覧いただけない場合もございます

期間限定のイベントとなりますので、この機会にかわいらしいフンボルトペンギンに会いに来てくださいね!

 

おまけの情報として…、1羽のヒナが順調に生育しています。展示場の前で耳をすましてみると、「ピー!ピー!ピー!」とかわいらしいヒナの鳴き声が聞けるかもしれませんよ。

もうしばらくすると巣穴から出てくる姿をご覧いただけます

もうしばらくすると巣穴から出てくる姿をご覧いただけます

.
.