ホーム > スタッフから > 鹿児島フィールドレポート~今年の冬の渡り鳥~
平川動物園ズーブログ

鹿児島フィールドレポート~今年の冬の渡り鳥~

 みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログは動物公園を飛び出し、冬に鹿児島県各地にやってきた渡り鳥について紹介したいと思います。

 

まずは、鹿児島県が世界に誇るツルの越冬地である出水平野にくるツル、「ナベヅル」と「マナヅル」です。

田んぼでエサをついばむツルたち

田んぼでエサをついばむツルたち

今年も飛来数が1万羽を超え、ナベヅルでは世界の生息数の9割近くが越冬にやってきます。鹿児島にお住まいの方は、おなじみの光景かもしれませんが、実はすごい光景なんですよ!

ナベヅルの群れ グレーの個体は幼鳥です

ナベヅルの群れ
グレーの個体は幼鳥です

こちらはマナヅル ナベヅルより大型です

 動物公園ではマナヅルを飼育展示していますので、今年見逃した方は是非堂々とした姿を見に来ていただければと思います。

 

次に紹介するのは、クロツラヘラサギです。こちらは南さつま市の万瀬川河口や霧島市の国分干潟などで越冬しているトキの仲間です。

南さつま市万瀬川の群れ

南さつま市万瀬川の群れ

 

霧島市国分干潟付近にいた群れ 綿あめのような姿で休みます

霧島市国分干潟付近にいた群れ
綿あめのような姿で休みます

特徴はへら状の嘴(くちばし)と、顔が黒いこと。潮が満ちているときは、綿あめのような形で休んでいますが、潮が引くとへら状の嘴でせわしなくエサをついばんでいます。世界中で約2000羽しか生息していないと推定されています。そんな貴重な鳥が、意外と身近で観察できることは鹿児島の自然の素晴らしさを象徴としてくれていると思います。

 

そして、今年のヒット鳥!ニホンコウノトリです。ニホンコウノトリはもともと日本に生息していた留鳥でしたが、生息地の環境悪化が進み1971年に国内野生個体は絶滅してしまいました。しかし、ロシアから導入した飼育下個体の繁殖が成功し、その数が増える中、2005年から段階的に繁殖個体を野生復帰させました。鹿児島県各地の田んぼや湿地に飛来し、トラクターのすぐそばで土や草の中から、エサが飛び出してくるのを待つ姿も見かけることができます!

貫録十分なたたずまいです!

貫録十分なたたずまいです!

 

動物公園のフライングゲージでは、自然な環境で飼育されているシュバシコウ(朱嘴鸛)がいます。赤い嘴のコウノトリという意味の名を持つ本種は、ニホンコウノトリの近縁種で、見た目はほとんど同じですが嘴の色が異なり、ヨーロッパに生息します。大きな巣を作っていますので、ぜひ探してみてくださいね。

 

こちらは動物公園のシュバシコウ 大きな巣をつくります!

こちらは動物公園のシュバシコウ
大きな巣をつくります!

 

最後に、離島で冬を過ごす鳥も紹介します。タカの仲間のサシバは、本土で夏を過ごし、冬は南下して南西諸島や東南アジアで過ごします。この写真を撮影した奄美大島では、夏の終わりを告げる鳥として知られています。

 

目つきはハンターです!

目つきはハンターです!

 

今回は一部の冬の鳥たちを紹介しましたが、鹿児島県にはまだまだいろいろな鳥がやってきます。みなさんの近くにいる鳥にも注目してみると、同じように見えても新しい発見があるかもしれませんよ!

.
.