ホーム > スタッフから > 歯と口の健康週間イベントを開催しました!!
平川動物園ズーブログ

歯と口の健康週間イベントを開催しました!!

 みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。6月7~8日にかけて、歯と口の健康週間イベントを開催しました。

6月4日~10日は歯と口の健康に関する正しい知識の普及啓発等を目的とする「歯と口の健康週間」です。当園においても、動物たちの口や歯にも興味を持っていただく目的で、本物の歯や頭骨を用いたイベントを園内随所において実施しました。今回のズーブログではこのイベントについて紹介したいと思います。

 

まずはコアラですが

コアラの全身骨格からは、コアラのかわいらしさは想像できません…

コアラの全身骨格からは、コアラのかわいらしさは想像できません…

エサのユーカリはとってもいい香り!

エサのユーカリはとってもいい香り!

 

ちなみにウンチからもユーカリの香りがします!びっくり!

ちなみにウンチからもユーカリの香りがします!びっくり!

 

全身骨格標本といつも食べているユーカリを見ていただき、ユーカリペーストの給餌を見ていただきました!ユーカリペーストは薬を与える際や、歯が擦り減った高齢個体のエサ用に使うもので、飼育員の工夫により生まれた「青汁」のようなペーストです。コアラはおいしそうに食べていましたが、人が食べるとすごくまずいそうです…

 

インドゾウは普段の食事風景を見ていただきながら、歯やエサ、ウンチも見ていただきました。

エサやウンチも紹介しました!

エサやウンチも紹介しました!

 

ゾウの歯の大きさにびっくり!

ゾウの歯の大きさにびっくり!

 

体も大きいゾウは歯も巨大です!歯の表面には、大量の草や木を食べるのに適した洗濯板のようなギザギザがついています。生涯に5回生え変わり、最後の歯が抜け落ちてしまうと、満足にエサを食べられずに衰弱し、生涯を終えていくともいわれています。それぐらい歯は大事なのです!

 

 

ミシシッピワニは、担当飼育員のイラストや抜け落ちた歯、レプリカの頭骨を使ってお話を進めていきました。

強面のミシシッピワニ

強面のミシシッピワニ

 

骨になっても迫力満点!歯の数が多いです!

骨になっても迫力満点!歯の数が多いです!

 

いかにも強暴そうなワニですが、歯の本数がとても多く50本以上もあります。また、歯が抜け落ちても、その都度生え変わり、いつでも獲物に噛みつける準備をしていることがよくわかりました。解説の後は、「ワニ釣り」と称するエサの時間を見ていただきました。この「ワニ釣り」は針金に付いたエサめがけて、ワニがジャンプするとってもダイナミックなイベントです。ガラス越しに伝わる振動がすごいです!

 

 

ホワイトタイガーは、トラの頭骨を使って猛獣のキバ〈犬歯〉や奥歯(臼歯)の形や役割を紹介しました。最後には目の前でエサを与えて、鶏肉の骨が砕ける程の顎の力強さを感じていただきました。

大好物の鶏肉を目の前で食べました!キバが立派です。

大好物の鶏肉を目の前で食べました!キバが立派です。

 

トラの頭骨標本と記念撮影!

 

 

クロサイでは巨大な頭骨を目の前にして、草食獣ならではのエサの紹介や肉食獣との違いを、歯や骨を用いながら紹介しました。クロサイのとがった口で草をハムハムして食べる姿はなんとも癒される光景でした。

ハムハムと食べる姿は癒し系!

ハムハムと食べる姿は癒し系!

 

頭も歯もとっても大きい! 草や木を食べるのに適した形をしています!

頭も歯もとっても大きい!
草や木を食べるのに適した形をしています!

 

さて、このように様々な動物の歯や口を紹介するイベントを実施したのですが、改めて感じたのが、動物たちの暮らしやエサによって、歯や口の形態が異なるということです。

私たちもそうですが、歯医者に通えない動物たちにとっては、歯の存続が死活問題になります。皆さんも歯を大事に!そして動物公園に来られた際には、動物たちの口元にも是非注目してみてくださいね!

 

 

 

 

 

.
.