ホーム > スタッフから > 招かれざる客 ~台風8号がやってきた…~
平川動物園ズーブログ

招かれざる客 ~台風8号がやってきた…~

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。7月10日に、7月としては非常に強い勢力を誇る台風8号が鹿児島県に上陸しました。お客様や動物たちの安全を第一に、10日は臨時休園とさせていただきました。幸い、動物や施設に損害等はなく無事に過ごすことはできました。今回のズーブログでは、動物公園の台風対策について裏側レポートをさせていただきます!

 

大雨で勢いを増す園内の 五位野川

大雨で勢いを増す園内の
五位野川

 

台風対策でもっとも基本的なことは、強風で飛びそうな物を整理することです。鹿児島県は台風銀座とも言われるほど、被害が多い県です。毎年のことなので手慣れた感じでベンチやごみ箱、飼育道具を整理していきます。万が一動物舎などに飛んでいき、動物に被害があれば大変なことになるため、飛散しそうな物は整理していきます。

 

園内のベンチも片付けていきます

園内のベンチも片付けていきます

 

次に、大きな木が倒れないようにワイヤーやロープで固定する作業があります。アフリカ園には、幹の太さが1m近い大きなケヤキの木があります。樹齢40年以上ある立派な木なので、折れてしまっては取り返しがつきません。草原の中に生える木には強風が、直接当たるため数本のワイヤーで固定していきます。この作業は、平川動物公園の台風対策のメインイベント!?になります。

 

みんなで協力して固定していきます!周りでダチョウやフラミンゴが迷惑そうに見ていました…

みんなで協力して固定していきます!周りでダチョウやフラミンゴが迷惑そうに見ていました…

 

 

ワオキツネザルやフクロテナガザルが住む島の前でも、倒木防止のための固定を行います。

ケヤキの木が万が一折れてしまい、島に倒れこんでしまうと即席の丸太橋ができてしまいます。動物たちが木を伝って逃げ出してしまうと大変です。念入りに固定していきました。

 

対岸に見えるのがワオキツネザルが暮らす島です。万全の対策で挑みます!

対岸に見えるのがワオキツネザルが暮らす島です。万全の対策で挑みます!

 

台風最接近の際にも、一部の動物を除き天候の様子を見ながら放飼しました。インドゾウやコツメカワウソ、エミューなどは雨でも元気よく活動していました。園内はがらりと静まり返っていましたが、多くの動物たちは普段と変わることなく過ごしていました。

 

ゾウは例によっての泥浴びr大会!もう、ビショビショ!ドロドロです…

ゾウは例によっての泥浴び大会!               もう、ビショビショ!ドロドロです…

 

こちらも同じく泥まみれのカワウソファミリー! いつでも元気いっぱいすぎです!!

こちらも同じく泥まみれのカワウソファミリー!
いつでも元気いっぱいすぎです!!

 

夏から秋にかけては、台風の接近が多くなる時期です。台風が来るたびにこのような作業が動物公園では行われています。

 

どーか今年はあまり台風が来ませんように!!

 

 

 

.
.