ホーム > スタッフから > 鹿児島フィールドレポート                 ~動物公園の御膝元「谷山港」の海鳥たち~
平川動物園ズーブログ

鹿児島フィールドレポート                 ~動物公園の御膝元「谷山港」の海鳥たち~

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、秋から冬にかけて、動物公園の目の前の海で見ることができる海鳥について紹介したいと思います。

 

動物公園から坂を下ること車で約5分、目の前に桜島を望む谷山港があります。ここでは、地元では当たり前かもしれませんが、鳥好きにはたまらないある鳥の食事風景を期間限定で見ることができます。

 

谷山港にやってくるかっこいい鳥!中央に飛んでいるのがわかりますか?

谷山港にやってくるかっこいい鳥!中央に飛んでいるのがわかりますか?

 

その鳥の名前はカツオドリ。主な生息地は伊豆諸島や小笠原諸島、草垣群島などの周辺海域で、魚を主食にしています。名前の由来は、カツオなどの回遊魚が小魚を追っている際に、付近に集まっていることから、漁師にカツオのいる場所を告げる鳥としてこの名前がついたといわれています。

 

美しいフォルムが特徴のカツオドリ!

美しいフォルムが特徴のカツオドリ!

 

ここ谷山港では当たり前にいる鳥ですが、私にとってはあこがれの鳥だったので、人口60万人が住む県都で観察できることにびっくりでした。

さて、観察していると水面を意識しており、また飛び込んでいく個体もたくさんいます。中には上手に魚をキャッチしてくる個体もいます。いったいどのような魚を食べているのか気になったので、釣竿を引っ張り出して釣ってみることにしました。さっそく当たりがあったので引き上げてみると、イワシの仲間が釣れました。どうやらこの魚が群れているらしくて、カツオドリが食べているようです。

 

水面を気にして獲物を探しています!

水面を気にして獲物を探しています!

 

勢いよく飛び込んで…

勢いよく飛び込んで…

 

見事!魚をゲット!

見事!魚をゲット!?

 

群れていた魚はカタボシイワシ!カツオドリにとってはごちそうなのでしょうね!

群れていた魚はカタボシイワシ!カツオドリにとってはごちそうなのでしょうね!

 

しばらく眺めていたのですが、上空30m以上ある場所から水中の獲物めがけて飛び込み、捕える能力は本当に素晴らしいです。

 

同じく魚を主食とするミサゴも旋回していました! 眼光が鋭いです!

同じく魚を主食とするミサゴも旋回していました!
眼光が鋭いです!

 

是非、秋から冬に平川動物公園にお越しになる方には、このカツオドリのハンティング風景もご覧いただければと思います。そして何より、小魚から海鳥まで、たくさんの生き物を養う錦江湾の素晴らしい景色も堪能していただければと思います!

.
.