ホーム > スタッフから > 森の精霊!? リュウキュウコノハズクがやってきた!
平川動物園ズーブログ

森の精霊!? リュウキュウコノハズクがやってきた!

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、今年4月に奄美大島からやってきたリュウキュウコノハズクについて紹介したいと思います。

 

リュウキュウコノハズクは奄美大島以南に生息する小型のフクロウの仲間で、南西諸島では一年を通して観察できる森の精霊みたいな!?存在です。

 

大きな眼が特徴です!体重は100g程度しかありません

大きな眼が特徴です!      体重は100g程度しかありません

 

今回やってきたのは2羽のコノハズクで、奄美大島でケガを負っているところを保護された個体です。現地の奄美動物病院で治療を行っていただきましたが、翼の骨折や眼の負傷により野生下での生活が難しいと判断されました。しかしながら、飼育下での生活には支障がなく、元気に暮らしています。傷病個体を通して、奄美大島の自然豊かな環境や、動物公園や動物病院での傷病動物保護についてお伝えできればと思っています。

 

日中は明るいため、眼を細めて休んでいることが多いです

日中は明るいため、眼を細めて休んでいることが多いです

 

くちばしはとっても鋭いです!

くちばしはとっても鋭いです!

 

獲物を押さえ込むために、脚は太く、爪は鋭い!

獲物を押さえ込むために、脚は太く、爪は鋭い!

 

 

展示場はかごしまの動物ゾーン近くにあり、夜行性のため昼間は奥の方にいることが多いです。少し見にくいですが、小さくて愛らしいリュウキュウコノハズクを探してみてくださいね!

 

ちょっと探しにくいけど、キュートでワイルドな姿を観察してみてくださいね!

ちょっと探しにくいけど、キュートでワイルドな姿を観察してみてくださいね!

 

 

.
.