ホーム > スタッフから > ミャンマーに行ってきました!PART1
平川動物園ズーブログ

ミャンマーに行ってきました!PART1

みなさんこんにちは!最近一段と寒くなり、インフルエンザも流行っていますが体調を崩したりしていませんでしょうか?

さて今回は、昨年12月16日から23日までミャンマーに行ってきましたのでその時の様子をご報告させて頂こうかと思います。

ミャンマーに一体何をしに行ったのか?それはずばりゾウを見るためです!

ミャンマーは森林資源が豊富で様々な林産物を供給している国の1つです。山奥の重機が入れないような場所においてはゾウがゾウ使いと協力して木材の搬出を行うというので、話でしか聞いたことの無い使役ゾウを、ぜひ一目見たいと思い今回のツアー参加を希望しました。

まず、ミャンマーについて少し紹介したいと思います。

 ミャンマー

正式名称はミャンマー連邦共和国、人口は約5100万人、国土面積は約67万8500㎢で日本の約1.8倍です。国土の大半が熱帯又は亜熱帯気候で、タイ、カンボジア、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境で繋がっています。

日本からミャンマーへは成田空港からヤンゴン国際空港へ直行便が出ており、約8時間で行くことが出来ます。

今回のツアーはゾウが作業をする山奥での見学でしたので、ヤンゴン国際空港から車で約5時間、そこから10輪トラックに乗りかえてでこぼこ道を約4時間、さらに山間部からはゾウに乗りかえ約4時間というかなりハードな行程でした。途中の休憩なども含めると、丸1日かけても到着しないような山奥です。移動中、とんでもないでこぼこ道をクッションを使って腰をかばいつつ、何とか無事に作業キャンプに到着することが出来ました。

 IMG_2676

10輪トラックで川も渡ります!

 

到着してまず驚いたのが、私たちの滞在中お世話になる家です。なんと、ゾウ使いが10人で2日かけて手作りしてくれたらしいです。竹だけを使って支柱から屋根から何でも作ってしまいます。さらにトイレも手作りでした。

 IMG_2431

滞在中お世話になった手作りの家。全て竹で作られています

 

 IMG_2470

手作りのトイレ

 

山奥で生活する彼らは身近な竹を使って何でも作る事が出来、その技術力にとても驚きました。

また、こんなものもありました。

 IMG_2450

これは、作業中に怪我をしないよう神様に無事を祈る場所です。これまた竹を用いた手作りです。神聖な場所なので、入る時は靴を脱がなければなりません。

 IMG_2478

夜にはろうそくを灯して作業の無事を祈ります

 

また、私たちの滞在中、空き時間を利用してゾウ使いが面白いものを見せてくれました。

 IMG_2600

一本の竹を細かく割いて細長い節にしたものを、重ね合わせて上手に編みこんでいきます。しばらくすると、綺麗なかごが完成しました。

 IMG_2604

ゾウ使いたちはこのかごにナタを入れたり、狩猟で捕った獲物を入れたりします。

大きさや深さを変えて作るとどんな用途にでも使える万能かごです。本当にゾウ使いたちの技術には恐れいりました!

 

また、ゾウ使いたちが生活する上で欠かせない存在がいます。それが犬です。

 IMG_2273

犬たちはゾウ使いたちからエサをもらい、その代わり、作業時や移動の際は一緒についてきて、有毒なヘビなどの害虫をいち早く見つけてくれます。どこへ行くにも一緒で大変仲良しです。

 IMG_2582

作業中は人と一緒にゾウとゾウ使いの活躍を見守っています。

また、鶏も彼らの生活には欠かせません。

 IMG_2460

山奥で暮らす彼らにとって鶏は貴重なタンパク源なのです。貴重なため頻繁に食卓に並ぶわけではありませんが、今回のツアー中も何度かご馳走していただきました。

そういう訳で、犬と鶏は常に彼らの近くにいて、共同生活を送っています。

 

さて、長くなってきたので今回はここまで。実際の作業の様子は次回のブログで紹介します。お楽しみに!

.
.