ホーム > スタッフから > 鹿児島フィールドレポート ~里山でキジのディスプレイで春を感じる!~
平川動物園ズーブログ

鹿児島フィールドレポート ~里山でキジのディスプレイで春を感じる!~

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、意外と身近にいるキジについて紹介します。キジといえば、日本の国鳥に指定され一万円札にも描かれていました。名前を聞いたことはあるが、意外と見たことがない方が多いのではないでしょうか?

 

生息場所は山深い森の中というよりは、開けた林床や里山、田んぼや河川敷などで見かける機会が多いです。

特に繁殖期の春の時期には、オスが縄張りを主張するために歩き回ることも多く、そしてメスへの求愛行動に夢中になり、運が良ければ間近で見るチャンスもあります。

 

真っ赤な顔が、男前の証!?

真っ赤な顔が、男前の証!?

 

オスは顔の周りの赤い肉垂れと、長い尾が特徴です。一見地味に見える体も、よく見ると光沢のある緑や紫に輝いています。メスは地味な体色をしており、藪地に溶け込んでしまいます。

 

オスとは裏腹に地味な体色のメス

オスとは対照的に地味な体色のメス

 

春の繁殖期には、オスの赤いに肉垂れが肥大化し、とても美しく凛々しい表情へと変化します。

メスの前で何度も頭を下げたり、翼を動かし体を膨らましたりと、進行方向をふさぎながらアピールしていきます。恋に夢中なのか?私の気配には全く気付いてなかったようでした。

 

メスへの求愛ディスプレイ。メスはあまり気にしていないようですが…きっとオスのことが気になるはず!

メスへの求愛ディスプレイ。メスはあまり気にしていないようですが…きっとオスのことが気になるはず!

 

一方、耳を澄ませば「チョットコイ、チョットコイ」と聞こえる鳴き声もしてきました。これは同じキジ科のコジュケイの鳴き声です。こちらの鳥も春が繁殖期。鳴き声は聞こえても姿はなかなか見えません。

 

こちらはコジュケイ。尾羽はながくありません。鳴き声が面白い!

こちらはコジュケイ。尾羽は長くありません。鳴き声が面白い!

 

おまけにもう一つ。キジに似ている鳥を紹介します。

鹿児島、宮崎、熊本の南九州にしか分布していないコシジロヤマドリ。こちらは里山というよりは森林に生息している鳥です。オスはキジに比べて全体的に赤みが強く、縞模様の長い尾羽が特徴です。警戒心が強く、なかなかじっくり観察することはできませんが、自然豊かな鹿児島県では、山間部の道路上で出会えるチャンスがあります!

 

赤みが強く、その姿はまさに「山の神」! 鹿児島は山間部で出会えるチャンスがあります!

赤みが強く、その姿はまさに「山の神」! 鹿児島の山間部で出会えるチャンスがあります!

 

 

平川動物公園では、コジュケイとヤマドリは展示しています。特にコジュケイは繁殖期に突入していますので、「チョットコイ!」と聞こえる!?鳴き声を聞くこともできます。桜の開花やぽかぽか陽気で春を感じますが、生き物の行動や姿で春を感じてみるのもすごく素敵ですよ!

.
.