ホーム > スタッフから > インドゾウ「ラウナ」  最近のトレーニング事情
平川動物園ズーブログ

インドゾウ「ラウナ」  最近のトレーニング事情

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、インドゾウのオス「ラウナ」のトレーニングについて紹介したいと思います。

 

このブログを書いている4月は、ラウナがマスト期を迎えています。普段のオスのゾウもイライラしていることがあるのですが、マスト期には常にイライラ状態が続き飼育員にも八つ当たり?してくることがあります。この時期のトレーニングは、飼育員もゾウも安全に行えるように特に気をつけています。

 

 

マストの特徴である腺液がこめかみから出てきています。 マスト期はホルモンの産出量が関わっているといわれていますが、詳しいことはわかっていません。

マストの特徴である腺液がこめかみから出てきています。
マスト期はホルモンの産出量が関わっているといわれていますが、詳しいことはわかっていません。

 

右前肢の確認時も、長めのブラシで掃除します。あまり近づかないようにします。

右前肢の確認時も、長めのブラシで掃除します。あまり近づかないようにします。

 

右前肢を出している間は、ご褒美にバナナやパンを与えます。もちろん声をかけて、たくさん褒めてあげます!

右前肢を出している間は、ご褒美にバナナやパンを与えます。もちろん声をかけて、たくさん褒めてあげます!

 

左前肢を確認している様子。鼻が出てこない柵幅なので、近くまで寄ってご褒美を与えます。

左前肢を確認している様子。鼻が出てこない柵幅なので、近くまで寄ってご褒美を与えます。

 

イライラしていても、爪を切らせてくれます。えらいですね~

イライラしていても、爪を切らせてくれます。えらいですね

 

 

普段とは異なり、なかなか号令に従わないこともありますし、気が散ってウロウロしたり、水をかけたりとラウナなりにイライラを収めようと工夫しているようです。私たち飼育員も、少しでもイライラが収まるように、余計な接触をしないようにしたり、トレーニング時にはたくさん褒めてあげたりと、ラウナが少しでも気持ちよく過ごせるように工夫しています。

 

マスト期にはおしっこが常にポタポタと出てくるので、後肢が汚れます。しっかりケアしてあげます。

マスト期にはおしっこが常にポタポタと出てくるので、後肢が汚れます。しっかりケアしてあげます。

 

ゾウ用の爪切りなんてないので、剪定ばさみなどで、古くなった角質や汚れている部分をトリミングします。

ゾウ用の爪切りなんてないので、剪定ばさみなどで、古くなった角質や汚れている部分をトリミングします。

 

 

ちょっとやんちゃなラウナですが、集中しだすとマスト期でもかなりのトレーニング項目をこなすことができます。しばらくの間イライラが続きますが、ラウナの生理現象であるマスト期の行動にも注目していただき、少し早いですが毎朝9時過ぎに行っているゾウのトレーニングもご覧いただければと思います。

.
.