ホーム > スタッフから > 鹿児島フィールドレポート ~ボマのふるさと!徳之島の生き物たち~
平川動物園ズーブログ

鹿児島フィールドレポート ~ボマのふるさと!徳之島の生き物たち~

みなさんこんにちは!平川動物ウォッチング隊員の落合です。今回のズーブログでは、8月に徳之島で行われた環境省徳之島自然保護官事務所主催の出張セミナーについてと、出会うことができた徳之島の生き物について紹介したいと思います。

 

鹿児島市から南へ約400㎞。亜熱帯の島「徳之島」は自然豊かで国の特別天然記念物アマミノクロウサギが生息する島としても知られています。当園で今年の2月より保護収容しているアマミノクロウサギのメス「ボマ」は、この徳之島出身です。島の大切な宝である「ボマ」の近況報告と、夏休みということもあり、少しでも動物園の役割について知っていただくための講演を行ってきました。ボマについては、交通事故の影響で上下の顎がずれてしまい、定期的な歯のトリミングが必要なことや、それでも順調に成長し現在1970g程まで体重も増えていること(保護当時は約800g)を紹介しました。詳しくはこちら→ https://hirakawazoo.jp/zooblog/staff/6066

 

先日の体重測定で2000gを超えました。まずまずな感じです~

先日の体重測定で2000gを超えました。まずまずな感じです~

 

 

併せて行われた環境省徳之島自然保護官事務所からの講演では、世界自然遺産登録に向けた動きや問題点、そしてごく当たり前のように接している島の自然が、素晴らしく価値のあるものということが紹介されました。最近ではクロウサギやその他の希少種を取り巻く環境が、少しずつですが改善されており生息数の増加が期待されています。それでもノネコによる捕殺や交通事故などまだまだ安心して暮らせる環境とは言えないのが現状です。まだまだいろいろな取り組みが必要なのかもしれません。

 

講演会後には、環境省の方と一緒に林道での調査に行ってきました。希少な生き物も見れました! が… ノネコもいました。これが現状なのだと改めて感じることができました。ネコ=悪者ではなく、ネコをこのように野生化させた我々が悪者かもしれません。歴史は後戻りできません。最善最良の策を模索しながら徳之島の人たちは前に進んでいると感じました。

昼間はいたるところでリュウキュウアカショウビンの鳴き声を聞くことができます。観察は夜の方がオススメ。じっとして休んでいます。

昼間はいたるところでリュウキュウアカショウビンの鳴き声を聞くことができます。観察は夜の方がオススメ。じっとして休んでいます。

 

奄美群島でのみ繁殖が確認されているアマミヤマシギ

奄美群島でのみ繁殖が確認されているアマミヤマシギ

 

森の妖精!?リュウキュウコノハズク 巣立ち直後の3羽が並んでいました。当園でも飼育展示しています。

森の妖精!?リュウキュウコノハズク 巣立ち直後の3羽が並んでいました。当園でも飼育展示しています。

 

徳之島のみに生息するオビトカゲモドキ。まるで恐竜です!

徳之島のみに生息するオビトカゲモドキ。まるで恐竜です!

 

ハブではなく、こちらはアカマタ。美しい模様が特徴です。

ハブではなく、こちらはアカマタ。美しい模様が特徴です。

 

鹿児島にある動物園として、奄美群島の環境や生き物について少しでも多くの方に知っていただき、興味を持っていただけるよう情報発信していくのも我々の使命だと感じました。南の島=沖縄!!もいいですが、南の島=奄美群島も神秘的で素晴らしい自然がお待ちしております。ぜひ一度は訪れてみてください。

 

島を訪れた際には、くれぐれも安全運転で!

島を訪れた際には、くれぐれも安全運転で!

.
.