ホーム > スタッフから > モルモットの人工哺育
平川動物園ズーブログ

モルモットの人工哺育

みなさん、こんにちは!

昨年末にブログでお知らせした、モルモットの人工哺育のお話です。

(人工哺育とは動物の親に代わって、人がミルクを与え、育てることです。)

 

2020年8月21日に、モルモットのメス『パンケーキちゃん』が出産しました。

モルモットは1度に2から4頭出産します。

しかし、このときパンケーキのお腹の中には未熟児も含めて11頭もの赤ちゃんが入っていました。

 

出産前日のパンケーキ。お腹が大きいです!

 

自力での出産は難しく、帝王切開での出産となりましたが、残念ながら出産後、パンケーキは亡くなってしまいました。

11頭の赤ちゃんのうち、生きて生まれてきたのは2頭。

この日から、人工哺育が始まりました。

 

生まれた姿もモルモットです!

 

市販の小動物用のミルクを約3時間おきにあげます。

 

注射器を使い、少しずつ飲ませます

 

2頭のうち1頭は体が小さく、体重もなかなか増えず、1週間ほど頑張りましたが、亡くなってしまいました。

体の大きかった子に『ホットケーキちゃん』と名前をつけ、離乳までの約1ヶ月、一緒に頑張りました。

 

生後2日目は体長10cm、体重68.4gでした

 

約1ヶ月で体長15cm、体重177.5gにもなりました!

離乳後も体重は少しずつ増えていたので、生後55日目に群れへ戻しました!

 

はじめまして!のご挨拶

 

その後も、自然保育(母親に育てられた)の個体に比べると体重の増加はゆっくりですが、順調に育っています♪

 

生後8ヶ月が経ち、600gまで成長しました!

 

他の子に比べたら小さめですが、温かく見守ってください♪

 

 

タッチングコーナー担当:加藤

.
.