ホーム > 園長のおはなし > 大変だった台風10号
平川動物園ズーブログ

大変だった台風10号

9月6日から7日にかけて、鹿児島県に台風10号が接近・通過しました。他の地域にお住まいの方々も含めて、被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

近年にない規模の台風ということで、事前に十分な対策を行いました。

台風に備えて木をロープで固定しています

 

遊園地のチェーンタワー

 

ベンチも飛ばないようにまとめて縛っています

 

9月6日は台風接近のため、臨時休園としました。職員が協力して台風対策を進めます。

もちろん、動物の世話はこんな時も休むわけにはいきません。通常どおりです。

 

 

9月6日の夕方から強風が吹き、夜になると園内のあちこちで木が折れたり裂けたりする音が聞かれました。

一夜明けてみると…

時計台の小人たちが…

 

木が折れています

 

まとまって倒れた木の根が浮き上がっています

 

園内の樹木だけでなく、ユーカリ畑ではコアラの食べ物であるユーカリの木が折れたり傾いたり、海からの塩分を含んだ風によって葉が傷んでいました。こちらも非常に心配なところです。

このように様々な被害がありましたが、幸いなことに動物への直接的な被害はありませんでした。

 

大きなケヤキの木が根元から折れていました

 

今回、特に困ったのは9月6日の午後8時頃から翌日7日の午後5時頃まで停電になったことです。

エアコンが使えないので、暑さに弱いレッサーパンダも心配でしたし、冷蔵庫で保存している動物たちの食べ物のことも気がかりでした。

 

休園・再開園の目途のことをホームページにアップしようにも、パソコンのバッテリー残量は僅か、そしてインターネットに接続できない大ピンチ!!

何とか電力が復旧した時は、本当にありがたく感じました。

 

9月7日、9月8日は臨時休園とし、職員全員で復旧作業を行いました。

動物公園には動物飼育に携わる部署以外でも多くの職員が働いています。花壇や樹木の管理を行う花緑班、施設や設備の点検・修繕を行う修繕班、園内を綺麗に保つ清掃班は特に大活躍でした。

頼りになります、花緑班。

 

園内バスの運転手・乗務員にも落ち葉や折れ枝を集めてもらうなど、職員総出で対応した結果、ようやく9月9日から通常どおり開園することができました。

 

9月9日以降は いつもどおり開園していますので、ぜひ平川動物公園へお越しください!

そして、このような台風が来ないことを願います。

 

園長 福守

.
.