ホーム > きような動物, ほ乳類, 雑食 > マントヒヒ
動物図鑑
マントヒヒ  Hamadryas Baboon
マントヒヒマントヒヒマントヒヒ
おとなの雄は頭から肩にかけての毛がたてがみやマントのように白く、長くなるため、この名がつきました。
岩山や草の生えた半砂漠状の疎林に群れで生活しています。1頭の雄を中心に数頭の雌と子供からなる小さなグループが集まって大きな群れをつくります。草や木の根、昆虫、トカゲなどを食べます。妊娠期間は5~6ヶ月で1産1子です。
学名 分類 分布

Papio hamadryas

霊長目(サル目)オナガザル科

エリオピア、アラビア半島

主な生息環境 レッドリスト

礫地、疎林

園内展示ゾーン おもしろカテゴリー

インドの森ゾーン

.
.