ホーム > コアラについて知る

コアラが当園に来た経緯

昭和50年5月に「コアラを鹿児島に連れてくる会」が発足し、市民レベルでの誘致活動が始まりました。その後、昭和55年9月のオーストラリア政府のコアラ輸出禁止解除を受けて、鹿児島市長がオーストラリア大使館にコアラの輸出を要請、庁内に「鹿児島市コアラ誘致推進会議」を設置し、クイーンズランド州政府との協議を経て、昭和59年10月にオス2頭、翌年の昭和60年にメス4頭が来園しました。

コアラについて

コアラは夜行性あるいは薄暮性で、巣を作らず樹上で眠る樹上生活動物です。コアラの手足はよく発達し、長く、とがった爪を持ち、枝や幹を登るのに大変便利です。体毛は短く厚く密生し、背面は暗い灰色、腹面は白色から灰白色です。大きく丸い耳には毛がふさ状にはえています。
また、コアラの通称としてコアラ・ベアーやネイティブ・ベアーがありますが、クマの仲間ではありません。


ページトップへ

コアラについて知ろう!

コアラについて知ろう


ポケット
ポケット(育児のう)について

■コアラポケット
メスのコアラのおなかにはポケット(育児のう)があり、生まれた子供は自力でポケットまで、はい上がり約6ヶ月間、その中で成長します。
オスにはポケットはありません。
■ポケットの中
ポケットの中は毛がほとんど生えていません。乳頭(おっぱい)が二つ、ついています。。入り口はやや下向きについていますが、ギュッと閉じることが出来るので、子供が落っこちることはほとんどありません。


においの腺について

■胸にあるにおいの腺
大人のオスのコアラの胸には、においを出す腺(臭腺)があります。
この腺から褐色の分泌液が出てくるので、胸が茶色く汚れて見えます。
この分泌液は、ユーカリのかおりをきつくしたような強いにおいがします。
■においつけ行動
オスのコアラはこの分泌液を木のみきにこすりつけて自分のなわばりを主張します。


ページトップへ

分布と生息地

分布図

コアラは、オーストラリア東部に生息しています。熱帯から冷温帯にかけて平地の森や疎林など様々な場所で見られます。最近は、宅地開発などでユーカリの森が減少していて、コアラの数も減少しているといわれています。

野生における餌

コアラはほとんどユーカリの葉のみを食べますが、時々ユーカリ以外の木にとまり、それを食べていることも見られます。
ユーカリの葉には多くの水分(約60~80%)が含まれるので、コアラは普通水を飲まなくとも良いのです。
ユーカリの葉は繊維が多く低蛋白です。
離乳の初期において、幼獣は母親の直腸から分泌される半液状の糞(色は黄緑色で、濃いカスタードと同じくらいの堅さ)を食べます。この物質は、パップと呼ばれ、母親の盲腸からの有効な腸内細菌を含み、これは若いコアラがユーカリを食べることが出来るようにするためと言われています。

野生の寿命

野生における寿命についてはほとんど記録はないが、およそ10歳位と思われます。
飼育下の寿命は、10~12歳であるが東山動植物園においては雄が22歳まで生きました。

繁殖

繁殖

妊娠期間は約35日です。
出産頭数は、普通は、1産1子ですが、ごくまれに2頭出産することもあります。
生まれてくる子どもは超未熟児(体重は約0.5gで、身長は約19mm)の状態で大人の小指の先ぐらいしかありませんが自力で母親の袋(育児のう)の中に入ります。そこで1つの乳頭に吸いつき、後6ヶ月間過ごします。袋(育児のう)から出るようになっても4ヶ月ぐらいは母親のもとにいます。その後はだんだんと独り立ちしていきます。
平川動物公園では、コアラ会議などを通じて、コアラの育成や種の保存に取り組んでいます。

.