ホーム > ニュース > コアラの死亡について
おしらせ・ニュース

コアラの死亡について

令和元年7月25日、飼育中のコアラ(メス、名前:エミ、5歳11ヶ月)が死亡しました。

エミは埼玉県こども動物自然公園で生まれ、平川動物公園がブリーディングローン(繁殖貸借契約)で借り受けることとなり、平成29年5月23日に来園しました

本年2月より舌潰瘍や口腔内炎のため、ユーカリを十分摂取できていない状況が続いており、治療を続けておりましたが、回復することなく死亡しました。

病理解剖の結果、舌潰瘍や口腔内炎による衰弱が死因と考えられます。

今回の死亡により、平川動物公園のコアラは11頭(オス3頭、メス8頭)となりました。

 

 

【死亡したコアラ】

  1. 名前         エミ
  2. 性別         メス
  3. 父親         ティムタム
  4. 母親         ライチ
  5. 生年月日      平成25年8月8日
  6. 帰属         埼玉県
  7. 死亡年月日    令和元年7月25日
  8. 死亡時年齢    5歳11か月
  9. コアラの平均寿命 10~12歳
  10. 死因         舌潰瘍や口腔内炎による衰弱

生前のエミ

.
.