チリ―フラミンゴChilean Flamingo

Phoenicopterus chilensisフラミンゴ目 フラミンゴ科

薄ピンクの羽、灰色の脚が特徴です

関連ツイートを表示

主に山地の塩水湖にすんでいます。アンデス山中の海抜4,500mの高地にもすんでいます。性質は臆病で、ときには何万羽という群れをつくります。上下の嘴の縁についた櫛歯(細かい歯の列)で泥水といっしょにとったプランクトンをふるい分けて食べます。土で作った円錐形の巣に1個産卵し、約28日で孵化します。

南米エリアではチリ―フラミンゴとベニイロフラミンゴを一緒に飼育しています。見分けるポイントは薄ピンクの羽と灰色の脚!全体的に薄ピンクの羽をしており、翼の一部に濃い色の羽があります。脚は関節と水かきがピンクで、それ以外は灰色です。

  • 生息地南アフリカ
  • 園内の場所南アメリカの自然ゾーン
  • レッドリストCITES:Ⅱ / IUCN:NT

ベニイロフラミンゴよりおっとりした性格のように感じますが、常にまとまって動く様子に圧巻されます!

ZOOかんトップへ

トップへ戻る