マタコミツオビアルマジロsouthern three-banded Armadillo

Torypeutes matacus被甲目 アルマジロ科

コロコロ丸まるアルマジロ

関連ツイートを表示

名前のとおり背側に3本の帯があります。敵に襲われると体を丸め、背側の角化している硬い皮膚を外側に、柔らかい腹側を内側にして丸まり、身を守ります。完全に丸くなれるのは、約20種あるアルマジロ科の中でもミツオビアルマジロとこの種だけです。前肢の指が4本あり、このうち大きな爪を地面に突き刺すようにして速く走ることが出来ます。

平川動物公園のマタコミツオビアルマジロ紹介

  • ジロウ:♂耳が大きいのが特徴
  • ソノ:♀小顔な美人さん

ボールのように丸くなって寝ていることが多いですが、動くときは意外と素早くトコトコ走ります。 体の鱗はゴツゴツしていて弾力があり、バスケットボールの手触りに似ています。

  • 生息地南アメリカ(ボリビア、ブラジル等)
  • 園内の場所南アメリカの自然ゾーン
  • レッドリストIUCN:NT

丸くなって眠る慎重派なジロウと、手足を投げ出して眠る自由気ままなソノとの寝相の違いが見ていて面白いです! 穴を掘るのが得意で、部屋にいない!と思ったら、深くて長いトンネルを掘って奥で寝ていたこともあります。

ZOOかんトップへ

トップへ戻る